2017年12月23日 (土)

マドリー×バルサ 17-18 Liga 第17節

マドリー 0-3 バルサ

【得点】
スアレス(54分)、メッシ(64分PK)、ビダル(90+3分)

【メンバー】
レアル・マドリード(4-4-2):ナバス、カルバハル(63分、退場)、ヴァラン、セルヒオ・ラモス(C)、マルセロ、カゼミーロ(72分、マルコ・アセンシオ)、モドリッチ、クロース、コヴァチッチ(72分、ベイル)、C・ロナウド、ベンゼマ(66分、ナチョ)
SUB:カシージャ、テオ・エルナンデス、イスコ、ルーカス・バスケス

バルセロナ(4-4-2):テア・シュテーゲン、セルジ・ロベルト(90分、アレイシュ・ビダル)、ピケ、ヴェルマーレン、ジョルディ・アルバ、ブスケッツ、ラキティッチ、イニエスタ(C)(77分、ネルソン・セメド)、パウリーニョ(84分、アンドレ・ゴメス)、メッシ、L・スアレス
SUB:シレッセン、マスチェラーノ、ディニェ、デニス・スアレス

【感想】

・3発快勝も美しくないバルサ
・マドリーは前半のツケが後半に
・異次元なメッシ

って試合でした。

Drwonboxuaazpwg

今季初めてバルサの試合をフルタイムで観ました。
もうね、忙しすぎて忙しすぎて全く追えてないのよ。
バルサどころか、欧州サッカー全般で考えても今季初の90分観戦。
ここ10年ぐらい全てのバルサ公式戦を(TVとはいえ)観戦し、バルサ無しの生活なんて考えられないような生活をしていた私がですよ。
人って変わるもんなんです。

で、久しぶりに観たバルサ。
ビックリするぐらい普通のチームになってました。
普通の強豪チーム、って感じ。
ネイマールが去りMSNは解体、新監督バルベルデにはまだまだ時間が足りない。
って状況を考えれば、これはしゃーない部分もあるんかな。
でもバルサらしさの欠片も無いパフォーマンスには心底ビックリした。

いや、今季もねハイライトでは一応全試合観てるのよ。
ただ、やっぱダイジェストとフルタイムでは全然ちゃうね。
伝わるものが全然違う。
やっぱフルタイム観ないと何も語れない。
3分ぐらいのハイライト動画では目立たなかった粗が、クラシコという舞台ではクッキリと出ちゃってました。

特に前半ね。
何も出来なかった前半。
これがホントにバルサなのか?ってぐらいに圧倒されてました。
パスも全然繋げなかったしね。
右サイドはやられまくり。
攻撃は単純なカウンターのみで、そこにパウリーニョが突っ込むだけ。

ベルナベウで王者マドリーに弄ばれる中位クラブ、って感じの状況にショックしかなかったわな。

じゃあ何故3-0で勝てたのか、ってハナシ。
そんなゴミクソみたいな状況だったのに、終わってみれば圧勝出来たのは何故?

それはマドリーが弱かったからです!!
はい、もうこれに尽きる。
前半トバしまくってたけど、あんなプレスが90分続くわけないからね。
だから前半の決定機を決められなかった時点で、もう敗北は見えていたようなもんなのよ。
バルサは今季無敗ですからね。
ハッキリ言って完成度は全然やけど、それでも無敗。
Ligaでは負けまくってるマドリーとは違って結果だけは残してる。
だから、こういう状況ならキッチリと勝利を収める事が出来る。
中位クラブみたいな質のフットボールではありますが、個々のポジションに規格外の選手はいる訳でね。
これはもうバルベルデが何もしなくても能力は段違いなのよ。

特にメッシ。
言うまでもなくメッシ。
久しぶりに彼のプレーを堪能したけど、やっぱ次元が違う。
違いすぎる。
メチャクチャ。
クラシコの舞台でも1人だけ別格。
だからラキティッチがドリブル開始してもコバチッチは止めに行かずにメッシを見張ってた訳でね。
それが先制点に繋がるんやから、もうプレーしてなくてもゴールを生み出す事に貢献してるというwww
神ですよ神。

直接ゴールに絡んだ2点目、3点目はもとより、それ以外でも随所に光りまくってたよね。
ドリブルもパスも。
ガス欠になったマドリーに対して容赦ないプレーを披露し続けたよ。
決定機に空振りするCRさんとは違うのよ。


あとはテアやなぁ。
格段に成長してて、こちらもビックリ。
平然と決定機止めてましたけど、難しいプレーが一杯あったで!
前述したように前半に失点しなかった事が今日の勝利に繋がったのです。
つまりテアのパラドンがあってこその勝利。
そういう意味ではMOMに値するのはシュテーゲンやろうな。
成長率ヤバいわ。

ヴェルメーレンとパウリーニョが先発という事実に「中位クラブ」っぽさを感じまくってたのですが、ヴェルメーレンは悪くはなかった。
元々バルサスタイルに合う左利きセントラルなのでケガさえなければ、って選手やったからね。
アーセナル時代のピークが過ぎ、尚且つ怪我持ちだったのに高い移籍金で獲得した事に批判が集まってただけでね。
今回はCBに怪我人が多発するという(ある意味逆の状態で)チャンスを掴んだ訳ですが、まぁ結果は残せてたと思う。

パウリーニョはねぇ。。。
彼もまた移籍金の高さに批判が集まったパターンでね。
スパーズで失敗し、中国リーグに都落ちしてた選手をバルサが獲得するという事実も屈辱感があった訳ですが。
まぁそんな批判を覆すかのようにゴールは量産してるパウパウ。
今日も決定機には絡みまくってて、高額な移籍金に見合う選手に見えてしまってる時間帯もあった。
「見えてしまってる」と書いたのは、やっぱバルサスタイルには合ってないから。
もうパス回しとか下手すぎるし、リズム感は無いし、イニエスタやメッシあたりと比べると素人感が凄いのよね。
プロと一緒にフットサルしてる時のやべっちみたいな。
明らかに見劣りはしてるんやけど、何故か彼にコボレ球が来るのよねwww
カルバハルを退場に追い込んだシーンなんかもそうで。
システムや布陣に適合してる訳じゃないねんけど点は取る、というのも矢部浩之に似てる所。
90分フルで観ると「異物感」が凄くよく分かった。
まぁバルベルデスタイルの象徴って感じはあるなぁ。
個人的にはデニススアレスとかの方が使ってほしいけどねー。

え~、なんかハナシが逸れた気もするけど、とにかく結果的には大勝だったバルサ。
マドリーとは14pt差になったんでしたっけ?
もう白組のLiga制覇は無いでしょう。
そしてバルサの優勝も(まだ半分も終わってないけど)間違いないと感じました。
観てて面白い、世界中の誰もがファンになる、みたいなペップ黄金期の輝きは全く無いけどね。
正直勝っても嬉しさが殆どないような勝利でしたが。
まぁ今季はしゃーない。
私も今年は忙しいし、流す感じで見守りますわ。

             


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

CWC EURO EURO08 EURO12 EURO16 KAZU webサカ備忘録 なでしこ ウイイレ ウイイレ10 ウイイレ2008CC エトセトラ エールディビジ 10-11 コパアメリカ2011 セリエA 08-09 セリエA 09-10 セリエA 10-11 セリエA 11-12 セリエA 12-13 セリエA 13-14 セリエA 14-15 セリエA 15-16 セリエA 16-17 セレッソ チャンピオンズプレイバック ドイツ06 バルサ 04-05 バルサ 05-06 バルサ 06-07 バルサ 07-08 バルサ 08-09 バルサ 09-10 バルサ 10-11 バルサ 11-12 バルサ 12-13 バルサ 13-14 バルサ 14-15 バルサ 15-16 バルサ 16-17 バルサ 17-18 バルサ 18-19 バルサ 84-85 バルサ 85-86 バルサ 88-89 バルサ 90-91 バルサ 91-92 バルサ 92-93 バルサ 93-94 バルサ 94-95 バルサ 96-97 バルサ 97-98 バルサ 99-00 バルサ00-01 バルサ73-74 バルサ95-96 バルサ 01-02 ブラジル14 ブンデス 08-09 ブンデス 09-10 ブンデス 10-11 ブンデス 11-12 ブンデス 12-13 ブンデス 13-14 ブンデス 94-95 ブンデス 95-96 ブンデス 97-98 プレミア 06-07 プレミア 08-09 プレミア 09-10 プレミア 10-11 プレミア 11-12 プレミア 12-13 プレミア 13-14 プレミア 14-15 プレミア 15-16 プレミア 16-17 プレミア 18-19 プレミア 19-20 プレミア 07-08 メキシコ86 リベルタ リーガ 04-05 リーガ 06-07 リーガ 07-08 リーガ 08-09 リーガ 09-10 リーガ 10-11 リーガ 11-12 リーガ 12-13 リーガ 13-14 リーガ 14-15 リーガ 15-16 リーガ 16-17 ロシア18 ヴィッセル 南アフリカ2010 名選手 日本 日本代表 西ドイツ74 高校サッカー