2018年7月16日 (月)

フランス×クロアチア 2018 FIFAワールドカップ 決勝

フランス 4-2 クロアチア

【得点】
F:O.G.=マンジュキッチ(19分)、グリーズマン(38分PK)、ポグバ(59分)、ムバッペ(65分)
C:ペリシッチ(28分)、マンジュキッチ(69分)

【メンバー】
フランス(4-4-2):ロリス(C)、パヴァール、ヴァラン、ユムティティ、リュカ・エルナンデス、ムバッペ、ポグバ、カンテ(55分、エンゾンジ)、マテュイディ(73分、トリソ)、ジルー(81分、フェキル)、グリーズマン
SUB:マンダンダ、アレオラ、キンペンベ、ラミ、シディベ、メンディ、レマル、デンベレ、トバン

クロアチア(4-3-3):スバシッチ、ヴルサリコ、ロヴレン、ヴィダ、ストリニッチ(82分、ピャツァ)、ブロゾヴィッチ、モドリッチ(C)、ラキティッチ、マンジュキッチ、レビッチ(71分、クラマリッチ)、ペリシッチ
SUB:リバコビッチ、L.カリニッチ、チョルルカ、イェドバイ、チャレタツァル、ピバリッチ、コバチッチ、ブラダリッチ、バデリ

【感想】

・審判も運も味方しなかったクロアチア
・単調で眠たいフランス
・体力の限界!!

って試合でした。

Myboard


Myboard1

下馬評では圧倒的にフランスが優位でした。
余力が違いすぎるだろう、というのがその理由。
まずフランスは準決勝から中4日。
一方のクロアチアは中3日。
それだけじゃなく、クロアチアはR-16以降の3試合すべて延長戦を戦っている。
つまり実質フランスよりも1試合多く戦ってる計算。
そう、ハードすぎるのよね。
しかも、それを(N.カリニッチが造反した事により)22人でやってる。
まぁカリニッチの追放劇がプラスに働いた面もあるかもやけど。

という事で、クロアチアはもうバテバテなんじゃないか?
動けないんじゃないか?
じゃぁフランスの圧勝なんじゃないか?

というのが多数の見解。
プラスもともとの地力の差ね。

クロアチアに期待するとしたら、そんな感じでドラマチックに勝ち上がってきた勢いを信じるというもの。
なにか、こう歴史を作る勢いがある勝ち方をしてきてるからね。


と、まぁそんな試合だった訳ですが、結果的には大方の予想通りな感じになりました。
クロアチアはね、序盤からハイペースで臨んできました。
多分途中でもたなくなるだろうからトバしていこう、という想いだったんでしょう。
たらればを言うなら、この時間に決めておけばなぁ~って感じ。
フランスは4-4-2のスリーラインで守備ブロックを作って、引いて守ってるだけだったので。
グリーズマンのPKまでシュートすら無かった筈やから。

クロアチアにも勝機はあった。
でもね、不運やったね。

まず最初の失点。
FKが競り合いの中でマンジュキッチの頭に当たって、それが悪い感じでゴールに吸い込まれた。
あれはGKどうしようもないし、マンジュキッチにも罪は無い。

そしてPKの場面。
CKからのボールがペリシッチの手に当たってのPK判定。
故意じゃないし、手に当たった事によるプレーへの影響も無かった訳やからペナルティってのは酷な判定やと思う。
審判によっては取らない人の方が多いんちゃうかな?
でも今日の審判はVARを使ったにも関わらずペナルティと判断。
そこに何らかのバイアスが働いたのかどうかは知らんけど、不運やったなぁ。

NHKの解説は「クロアチアが苦手としてるセットプレーの守備を改善できてなかったが故の失点」と結論づけておりました。
確かに2つともセットプレーでの失点とは言えるから、不運とは言えないですよ、と。
ただ彼等の解説を鵜呑みにしたくはない想いがあるのよね(苦笑)

後半になるとクロアチアの足は当然のことながら止まった。
そんな状況下で連続失点してしまい、ジエンド。
ポグバもムバッペも、ああいうシュートはキッチリと決めてくる選手やからね。

それでも諦めないクロアチアは意地の1点を返す。
ロリスのミスに付け込んだとはいえ、あそこまで追いかけていたマンジュキッチにメンタルの強さを感じた。
もう体力は限界に近かったろうに。
クロアチアは、こうして勝ち上がってきたんですよ、と伝わってくる得点。
ペリシッチにしてもマンジュキッチにしても、(不運ながら)失点に絡んでしまった選手がゴールしてるというのが何かを感じさせる。

残り約10分でダリッチ監督は3バックに変更し、ラストスパートを指示。
でも最早クロアチアイレブンに最後の攻勢をかける力は残されてませんでしたね。
そして、私の体力も限界に。。。
ガチでウトウトしちゃったよ・・・。

う~ん、最後の最後で悪口を書くのもアレやけど、やっぱオモロなかったわwww
両チームともに。
ムバッペ走らせてるだけやもんなぁ、フランス。
単調すぎる。
ジルーなんて殆ど攻撃に絡めてないし。
そんでもって全員の守備意識高すぎるし。

クロアチアも皆さん頑張ってるねんけど。
モドリッチとラキティッチなんて超絶頑張ってたけど。
だからといって面白い訳ではない。

互いに創造性が皆無すぎて眠たい。
そう、眠たいサッカーやってるんだよ!!!

結論としては、やっぱ今後も代表戦は観ないやろうな~という所です。
決勝ぐらいは観るかもやけど。
なんだかね。

                      


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

フランス×アルゼンチン 2018 FIFAワールドカップ R-16

フランス 4-3 アルゼンチン

【得点】
F:グリーズマン(13分PK)、パヴァール(57分)、ムバッペ2(64分、68分)
A:ディマリア(41分)、メルカド(48分)、アグエロ(90+3分)

【メンバー】
フランス(4-3-3):ロリス(C)、パヴァール、ヴァラン、ユムティティ、リュカ・エルナンデス、カンテ、ポグバ、マテュイディ(75分、トリソ)、ムバッペ(88分、トヴァン)、グリーズマン(83分、フェキル)、ジルー
SUB:マンダンダ、アレオラ、キンペンベ、ラミ、シディベ、メンディ、エンゾンジ、ルマル、デンベレ

アルゼンチン(4-3-3):アルマーニ、メルカド、オタメンディ、ロホ(HT、ファシオ)、タグリアフィコ、マスケラーノ、E・ペレス(66分、アグエロ)、バネガ、メッシ(C)、パボン(75分、メサ)、ディ・マリア
SUB:グスマン、カバジェロ、アンサルディ、アクーニャ、サルビオ、ビリア、ロチェルソ、イグアイン、ディバラ

【感想】

・圧巻のムバッペ
・両者厚みのある攻撃は出来ず
・点は入れど眠かった

って試合でした。

Myboard


Myboard1

今大会も、あまり興味がそそられる事もなく今日まで1試合も観てなかったムンディアル。
ただ、いよいよレオのラストマッチか!?という事もあり観る事にしました。
巷で「強い強い」と言われてるフランスが、どんなもんかってのも気になったし。
あと逆説的な話になるけど「酷い酷い」と言われてるアルヘンが、どれぐらい酷いのかってのもね。

私が代表戦を観ない理由は、思い入れが無いからってのもあるけど、一番はやっぱりレベルが低いからなのよね。
で、やっぱり「強い強い」と言われてるフランスでも、現在のヨーロッパの強豪クラブに比べたら全然強くはなかった。

乱暴な言い方すれば、ムバッペ走らせてるだけやからね。
そのムバッペがとんでもないから、ハイライトだけ観ればエンタメ度が高い試合やったかもしれんし、
「やっぱW杯スゴいー、面白いー」になったかもやけど。
カンテ&ポグバ&マテュイディの3センターじゃゲームメイクなんて出来るわけないのよ。
頼みのグリーズマンも、ハードだった昨シーズンの疲れからか精彩を欠いてたし。
(この現象も観ない理由の1つ。グリーズマンに限らず疲れてる選手多すぎるから)
電柱型CFとしてジルーを入れてるけど、別にそこを有効活用する訳でもなく。
そして、ジルーって最早代表レベルでもなんでもないと思ったり。
それなら昨季も輝かしいシーズンを送ったルマルや、可能性を秘めたデンベレを使った方が未来には繋がると思うけどね。
マルシャルがメンバーin出来ないぐらい層が厚いチームのわりには戦術の幅が無さすぎる。
デシャンって、もうちょっと優秀な監督やと思ってたけどな~。

とりあえずカンテがボール拾いまくって、奪いまくって、あとはムバッペお願い!って戦い方だけで今後勝てるんかね?
酷いチーム状態のアルヘンに一時は逆転されたってのが、フランスの現状を象徴してるんちゃうかな??
ある程度はバランとウンティティで跳ね返せるやろうし、最後の砦としてロリスがおるから大崩れはしないやろうけど。

さてさて、アルヘン。
メッシのW杯が終わってしまったというのは、本音で残念。
なんだかんだでレオにはW杯のトロフィーを掲げてフットボール人生を終えてほしかったので。
やっぱ4年前が千載一遇のチャンスやったんやろうな。
これでまた不毛なマラドーナとの比較話が再熱するのかと思うとウザい。

メッシ自身は今日も良くやってたと思うけど、伝え聴いてた以上にサンパオリが酷かったね。
ここで突然の0トップ、メッシ偽9番とかやっても機能する訳ないやん。
ペップに鼻で笑われるで。
パスを出せたり、中盤を構成させる事が出来るのがバネガぐらいのもんでね。
それじゃあキツイよ。
ブスケ&チャビ&イニがおったら話は別やけど。
バネガにしても、その3人の代わりすら務まらないレベルやし。

パボンとかエンソペレスを出してる意味すら分からん。
メサもね。
今や世界でも五指に入るクラックであるディバラや、プレミアで4シーズン連続20ゴール越えのアグエロ、
セリエA得点王のイカルディ、王者ユーベの絶対的CFイグアイン。
こういった「なにか出来る」選手達がスタメンで出られない理由が分からんよね。
全員を並べろ、みたいなアホな事を言うつもりは無いけど今日の内容じゃ、そのバクチの方が効いたんじゃないかとすら思えてくる。
メッシとディバラの共存は散々試した挙げ句ムリでした、みたいな事を言われてるけどホンマなん?
かつてのバティストゥータ・クレスポ問題ほど被ってる訳ちゃうやろ??

スコアが4-2になってからは、アルヘンの攻め手が無さすぎて&魅力が無さすぎてメチャクチャうとうとしちゃったよ。
結果ロスタイムのアグエロ弾は見逃したしww

いや~、やっぱW杯は面白くないね。
次は決勝ぐらいかな、観るの。

あとムバッペについて。
スター誕生だの、メッシとの世代交代になった試合だの、オーウェンの再来だの、絶賛されてますが。
いやいやいや。
ムバッペの事を今まで世界が知らなかったみたいな報道はどうかと思うで。
そんな誰にも知られてない選手をPSGが235億円で獲得する訳ないやん。
もうちょっと、事情をくみとった報道を日本メディアはしてほしいね。

あと、久々に民放でサッカー観たけど、福田&戸田のダブル解説は公開処刑やったね。
ゲットゴール福田にとっては、っていう意味で。
話してるレベルが違いすぎて可哀想になったわ。
うるさいだけやったもんな、福田。
戸田和幸は完全に市民権を得てしまったな~。


          


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

CWC EURO EURO08 EURO12 EURO16 KAZU webサカ備忘録 なでしこ ウイイレ ウイイレ10 ウイイレ2008CC エトセトラ エールディビジ 10-11 コパアメリカ2011 セリエA 08-09 セリエA 09-10 セリエA 10-11 セリエA 11-12 セリエA 12-13 セリエA 13-14 セリエA 14-15 セリエA 15-16 セリエA 16-17 セレッソ チャンピオンズプレイバック ドイツ06 バルサ 04-05 バルサ 05-06 バルサ 06-07 バルサ 07-08 バルサ 08-09 バルサ 09-10 バルサ 10-11 バルサ 11-12 バルサ 12-13 バルサ 13-14 バルサ 14-15 バルサ 15-16 バルサ 16-17 バルサ 17-18 バルサ 18-19 バルサ 84-85 バルサ 85-86 バルサ 88-89 バルサ 90-91 バルサ 91-92 バルサ 92-93 バルサ 93-94 バルサ 94-95 バルサ 96-97 バルサ 97-98 バルサ 99-00 バルサ00-01 バルサ73-74 バルサ95-96 バルサ 01-02 ブラジル14 ブンデス 08-09 ブンデス 09-10 ブンデス 10-11 ブンデス 11-12 ブンデス 12-13 ブンデス 13-14 ブンデス 94-95 ブンデス 95-96 ブンデス 97-98 プレミア 06-07 プレミア 08-09 プレミア 09-10 プレミア 10-11 プレミア 11-12 プレミア 12-13 プレミア 13-14 プレミア 14-15 プレミア 15-16 プレミア 16-17 プレミア 18-19 プレミア 19-20 プレミア 07-08 メキシコ86 リベルタ リーガ 04-05 リーガ 06-07 リーガ 07-08 リーガ 08-09 リーガ 09-10 リーガ 10-11 リーガ 11-12 リーガ 12-13 リーガ 13-14 リーガ 14-15 リーガ 15-16 リーガ 16-17 ロシア18 ヴィッセル 南アフリカ2010 名選手 日本 日本代表 西ドイツ74 高校サッカー