« 永遠のテーマ その1 | トップページ | ラシン×バルサ 04-05 Liga 第1節 »

2004年8月27日 (金)

永遠のテーマ その2

hォイ!
昨日の続きだよ。
「ベストイレブン」セレクションそれでは中盤以降に入ります。
では中盤の底、チームの心臓、ま日本的に言うと「ボランチ」から選びましょか。

★センターハーフ

ここも2人選びます。
ブラジル的に言うと「第一ボランチ」「第二ボランチ」って感じで。
攻撃に比重置いてるか守備に比重置いてるかって違いですね。

え~、ガラセク、マケレレ、バラック、シャビ、シャビ・アロンソ、コクー、ダビッツ、セードルフ、スナイデル、エメルソン、アッピア、ソルド、フリングス、ハマン、バラハ、アルベルダ、エルゲラ、ランパード、ジェラード、ビエラ、マウロ・シウヴァ、セルヒオ、ガットゥーゾ、ピルロ、ベロン、ロイ・キーン、ザネッティ、エムレ、ペッロッタ、コスティーニャ、マニシェ、ジウベルト・シウヴァ、アスンソン、ジュニーニョ・ペルナンブカーノとね一杯いますわ。

こうして見ても、今圧倒的に抜きん出てるセンターハーフっていないね。
それが欧州リーグの混沌、群雄割拠を示しているのかも知れませんが。
ですが、理想型はやはりビエラでしょうか。
彼が怪我が少なくてバラックなみの破壊力を持ち合わせていればパーフェクトなんでしょうけど。

あと1人は、そのバラックかディフェンスは任せておけば安心のマケレレか総合的にシャビアロンソ、バラハ、エメルソン、ジェラードかグングン伸びてるランパード、スネイデルか。
ベロンはポテンシャルは最強ですが、最近不調続きですからねぇ~。

う~ん、ダッビッツを推したい。
昨季後半のバルサの進撃は彼なくしてありえませんでした。
その活躍を目の当たりにしたイメージが未だに強く残っております。
エドガーでいいでしょ!

では次は花形のポジション、トップ下。ゲームメイカー、司令塔、1.5列目、2列目まぁ色んな呼び方ありますがね。2トップのやや下がり目の選手もここに分類します。

★トップ下

ここは議論の必要ないかな。
ジズーでしょ。
神です。
ただ「今」で言うと少し翳りも見えてきた気もしますが、それでもジダンでしょ。

他の候補者も軒並みビッグネームですがね。
ロナウジーニョ、アイマール、デコ、バレロン、モストボイ、トッティ、デルピエロ、カッサーノ、ネドベド、ルイコスタ、カカ、スタンコビッチ、スコールズ、ベルカンプ、ファンデルファールト、ロシツキー、ダイスラー、リバウド、レコバ。
凄い方達ばかりですが、やはりジダンかなと。

後は両脇をいきますか。まずは右から右SHっつうか右WGっつうか。3トップの右もここに含みます。3バックのチームの右WBも含もうかなと。

★右ウィング

フィーゴ、ホアキン、ジュリ、ルイスガルシア、ビクトル、ルフェテ、エチェベリア、カモラネージ、ファンデルメイデ、ゴヴ、ヴィルトール、リュンベリ、クリスティアーノ・ロナウド、ロンメダール、サリハミジッチ、フライヤー、シュナイダー、ピーナール、グレンケア、メンディエタ、ベッカム、ポボルスキー、フィオーレ。

ドリブラーも多くいますね。
ドリブルだけならホアキンがリードでしょうか?
まぁ最強ベストイレブンを決めてるので総合力で判断しないといけません。
故にまだフィーゴの時代が続いております。

続いて同様に左をば

★左ウィング

ゼ・ロベルト、デニウソン、ロッベン、ギグス、ダフ、ソラリ、キリ・ゴンザレス、ピレス、ビセンテ、セルジーニョ、スミチェル、ルケ、フラン、ヨルゲンセン、レジェス、フレブ、キューウェル。

ロッベン、ギグス、ダフ、ビセンテ。
現在この4人は見ていても必ず1人は抜いてくれるだろうと期待出来るプレイヤーです。
2人がかりでディフェンスしないと厄介な相手です。
ではこの4人以外は駄目なのかというと、タイプが違うというだけの事であって、フランはドリブルはあまり突出してはいないもののクロスの正確さには目を奪われるし、ルケの突進はこの中でも一番危険な香りを漂わせています。

難しい。

やはり総合的に見てもギグスかな。
でも「今」のチカラならビセンテが既に上回っている気もします。
俺が監督なら、まずビセンテをスタメンで出すでしょうね。
本来ならオーフェルを選びたい気持ちはやまやまですが・・・・・・。

いよいよ最後は一番のスターポジション、FW。
これはホントにホントに難しいよ。

★フォワード

ラウル、オーウェン、ロナウド、モリエンテス、シェフチェンコ、インザギ、クレスポ、トマソン、ビエリ、アドリアーノ、マルティンス、ニステルローイ、アンリ、ルーニー、サア、スールシャール、サビオラ、ラーション、エトー、ミスタ、コラーディ、ディバイオ、トレゼゲ、クーラニー、マカーイ、パンディアーニ、トリスタン、ニハト、コバセビッチ、シアラー、ベラミー、クライフェルト、バロシュ、コレル、ヘスキー、シセ、プルソ、サンタクルス、ピサロ、テベス、ベルバトフ、アイウトン、ケズマン、ドログバ、ムトゥ、ジラルディーノ、モンテッラ、イブラヒモビッチ。

この中でもやはり五つ星なのは、ラウル、オーウェン、ロナウド、シェヴァ、ビエリ、ニステル、アンリ、マカーイでしょうか。
ここでいう五つ星とは所謂過去の実績です。
今回は「今」のスタメン11人を選ぶって趣旨なので、今ならルーニー、アドリアーノ、テベス、ジラルディーノって所は凄く危険です。

ただやっぱシェヴァやでな~。
彼に勝る点取り屋はおらんよ。
アンリもかなり完成度高くなってきてるし、ニステルは完璧なFWですが、やっぱシェヴァやで。
勝負強さ、動き、危険度で言うとね。


さ~て、11人のスタメンを選べました。
布陣はこんな感じ。

            ブッフォン

サネッティ  アジャラ    ネスタ   ロベカル

         ビエラ    ダビッツ

フィーゴ        ジダン      ビセンテ
     
           シェフチェンコ


負ける気しないですね。
これは強そう。
バランスも悪くないかなと思いますね。
攻撃に偏ってる事も守備に偏ってる事も無いですから。
リーガ:5人
セリエ:5人
プレミア:1人

って感じになりましたが、これはあまり重要な数字ではないかなと。
何故ならダビッツは、先日までバルサだったし、アジャラ、ロベカル、ジダンはセリエ経験者だし。

国別で見ると
イタリア:2人
アルゼンチン:2人
フランス:2人
ポルトガル、スペイン、オランダ、ウクライナ、ブラジル:1人
これも特に差は無いですね。1人か2人ですからね。

ちなみにこのセカンドチームってのもどうなるんでしょうね?


          カシージャス

プジョル   スタム   サムエル  A・コール

       マケレレ     バラック

ホアキン    ロナウジーニョ     ダフ

        ファンニステルローイ


っていう訳で好き嫌い無しでの今最強と思われる選手達を選びました。
これまたウィンターブレイク中とか来年のこの時期とかもやろかな。
シーズン始まってグンと伸びる選手もいれば凋落する選手もいるだろうし。
セカンドチームが逆転してたりとかね。
とりあえず怪我だけにはお気をつけて~。


最後にホントに自分の好みだけで選ぶと、こんな感じ。


       ファンデルサール

プジョル  ルシオ   アジャラ  ソリン

   グアルディオラ    シメオネ

ダフ        リバウド     ルケ

          ロマーリオ
 

上手い選手を好きになっちゃうってのは、誰しも同じでしょ?
なので上のエントリーメンバーとも結構被ってますが、今ならこんな感じ。
ダフはかなりお気に入りですが、ルケも好きなのでダフは右に回って貰いました。
っていうか本来ならオーフェルを左に据えたいんですが。。。。
ペップはまだ現役ですよね?
リバウドも戻ってきてくれたので選ぶ事が出来ました。
結構強いんじゃないですか?
やや年食ってるのと、左サイドが薄そうなのが問題かな?

|

« 永遠のテーマ その1 | トップページ | ラシン×バルサ 04-05 Liga 第1節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永遠のテーマ その2:

« 永遠のテーマ その1 | トップページ | ラシン×バルサ 04-05 Liga 第1節 »