« ユナイテッド×バルサ チャンピオンズ94-95 GL A 第3節  | トップページ | ダメレンゲ検証 »

2004年8月15日 (日)

偉大なるウィンガー

ウィンガーと言えばオーフェルマルス。
そんな彼が先頃引退してしまいました。
そんな彼について今日は書きたいと思います。

何故今頃?
それはやっと自分の中で、この文章を書けるくらいに気持ちの整理がついたからです。
オーフェルマルスの引退。
これほどショッキングな出来事がありますか?
ってくらいに私はオーフェルサポでした。

代表引退。
これも悲しかったな。
特に最後のポルトガル戦in EURO。
これが不完全燃焼だっただけに余計に。
前半良い感じのプレイを見せていたのに、後半からはベンチ。
いつになくカリカリしてたのは自分自身の中でこれがラストダンスだと決めていたからでしょうか。
あの豚アドフォカートじゃなきゃ、もっともっとEUROでも輝けたのに。。。。

EUROが終わって、さぁ新シーズン。
オーフェルの移籍先は何処なのか?
色んな噂がたちました。
ガンナーズで燦燦と輝いていた頃のプレミアへ戻るのか?
トルコやポルトガルやオランダに帰還なんて話もありましたね。
個人的にはCLに出るクラブに移籍して欲しいなと思ってました。
見たいからね。
アヤックス復帰なんてのもリトマネンっぽくて良いんじゃないのかな?
ミテアにウィングのイロハってもんを教えたれ!
な~んて思ってたら突然の衝撃発表。。。。。

その知らせは職場で知りました。
いつも通りアサイチで仕事する訳でもなく開いたインターネット。
オーフェル引退?
何を今更、代表引退なんてとっくの昔に発表してるじゃねぇか。
改めて発表したんかな?って見たら。。。。。

仕事する気なんて一気になくなりましたよ。
はい。
どうでもいいやと。

確かに仕方ないです。
オーフェルのプレイスタイルは危険と隣り合わせの諸刃の剣。
ある意味自分を削ってここまで活躍してきました。チームに貢献してきました。
そんな彼に惚れたのが自分であります。
こんな日が来るのも他の選手より早くて当たり前です。
細く長くより短く太くがオーフェルです。
それがオーフェルですよ。バカヤロー。

結局生で見る機会が無かった。
それだけが心残りです。
ベルカンプと喜びを分かち合ったあの頃も。
サルガドを子供扱いしてたあの頃も。
本職ではない右サイドも右サイドの選手以上にこなしていたあの頃も。
散々抜いて良いクロスをあげてもクルイベルが決めてくれなかったあの頃も。
もう全ては思い出の中です。

想い出はポケットの中にしまっておこう
楽しい事ばかりを考えなくちゃ

全くその通りですぜ、浅井さん。
オーフェル自身が決めた事です。
自分自身で受け入れた事です。
オーフェルが一番悔しいはずです。
私達も受け入れなければなりません。

オーフェルがいないブラウグラナ。
オーフェルがいないオレンジ。
オーフェルがいないフットボールを。

我等がバルサにマルクが移籍してきた時は、と~っても嬉しかったですが、オーフェル自身にとっては怪我も多くてアーセナル時代ほどのパフォーマンスを出せずに悔しい思いをした事でしょう。
でも私はバルサに来てくれて良かった、最後がバルサで良かったと思ってます。
誇りに思っています。

最後に無断リンクですがこのサイトを紹介しておきましょう。
http://homepage2.nifty.com/o-chanexpress/
オーフェルのサイトといえばここでしょう。
私以上にオーフェルへの愛情が伝わってきます。
勿論私も負けてるつもりは無いですが(笑)

|

« ユナイテッド×バルサ チャンピオンズ94-95 GL A 第3節  | トップページ | ダメレンゲ検証 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偉大なるウィンガー:

« ユナイテッド×バルサ チャンピオンズ94-95 GL A 第3節  | トップページ | ダメレンゲ検証 »