« 1部リーグ後半戦 | トップページ | 面倒臭いオフトレ »

2005年9月21日 (水)

FIFPro最優秀プレーヤー04-05

FIFPro ワールドプレイヤーオブザイヤー
ロナウジーニョ (ブラジル/バルサ)

FIFPro ワールドイレブン

GK ヂダ(ブラジル/ミラン)

DF  カフー (ブラジル/ミラン)
   ネスタ(イタリア/ミラン)
   テリー (イングランド/チェルシー)
   マルディーニ(イタリア/ミラン)

MF  マケレレ (フランス/チェルシー)
   ランパード (イングランド/チェルシー)
   ロナウジーニョ
   ジダン(フランス/マドリー)

FW  エトー(カメルーン/バルサ)
   シェフチェンコ(ウクライナ/ミラン)


ヤングプレイヤーアワード
ルーニー(イングランド/ユナイテッド)

ヤングプレイヤーアワード特別賞
C・ロナウド (ポルトガル/ユナイテッド)

FIFProレジェンドアワード
ペレ(ブラジル)


まず受賞者を羅列してみましたが、FIFProって何??ってトコが本音。
で、自分の為にも「FIFProとは?」を記述してみました。

FIFProとは?

FIFProとは、国際プロサッカー選手協会連盟の事で、なんと今年設立されたばかりの機関である。
そりゃ知らねぇよ。
世界40カ国、約4万人の現役選手で構成されています。
その構成員達(ヤクザみたいだな(´Д`;))が4月と7月の間に無記名投票して上記のメンバーを選びました。

他の個人賞との差別化

個人賞として一番注目されているのは、勿論バロンドール。
で、その次がFIFA年間最優秀選手ですかね。
記者達の厳しい目で決まるバロンドールに対して、各国代表チームの監督と主将の投票によって決まるFIFA年間最優秀選手は「印象度や有名度が票を左右する」と軽視されていました。
で、今回のFIFProですが、更に「印象度や有名度が票を左右する」パーセンテージが上がる様な気がします。
だってFIFAよりも人数増えてる訳でしょ?ビッグマッチしか観れない国の選手が多くなってるんじゃないのかな?
そんな私の疑問に対してFIFProの最高責任者であるゴードンテイラー氏は次の様に語っています。

「プレーヤーより偉大なフットボール批評家はいない。世界を越えてプロサッカー選手同士によって認められることは、ユニークな名誉である。我々がこれらの結果(世界のプレーヤーの間で初の投票)を知ることができるのは特別であると思う。」

なかなかエエこと言ってます。バロンドールをさりげなく批判してる所も見逃せません。
まぁ賞としての権威は歴史が無いと出ません。
バロンドールにしても歴史があるからこそ、であります。これからこれから。

受賞者を分析する

選ばれた選手達に対して一言二言。

まず、最優秀選手のロナウジーニョ。
これは異論無いでしょ、現在最高の選手ですからね。

続いてベストイレブン。
ミランから5人選ばれてます。
特にDFラインは4バックの内3人プラスGKです。
シェヴァはバロンドールの影響で投票した人が多いと推測出来るが、イスタンブールで3点ブチこまれた守備陣から4人も選ばれたのは以外。
まぁミラクルが無ければCLを制してた訳で、その点は評価出来るがセリエを制したユーベから1人も選ばれてないのも事実。
チェルシーからもテリー、マケレレ、ランパードが選ばれました。
プレミアを独走で制したのでインパクト絶大だったのでしょう。
ロナウジーニョとエトーはバルサ優勝の立役者ですから選ばれて当然。
ジズーは「有名票」が多分を占めてると感じます。
最高の選手である事は確かですが、「04-05シーズンのベストか?」と言われると即答は出来かねます。

新人王のルーニーは、まぁ納得。移籍初年度のユナイテッドで結果を残し、EUROでのインパクトも抜群だった。
そういえばEUROがあったのにベストイレブンにはあまり影響してない気がします。
ヨーロッパ以外じゃあまり観れないからか?
新人王の特別賞を受賞したロナウド君からはEUROの臭いが漂ってますが。
っていうか特別賞って何?
「レジェンド」は賞にハク付ける為に考えた、って意図が見えるねんけど特別賞は意味不明です。

総括

まぁ来年以降の展開が楽しみな賞である事は確かです。
バロンドールを抜き去るのか、それとも忘れ去られて行くのか。

|

« 1部リーグ後半戦 | トップページ | 面倒臭いオフトレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FIFPro最優秀プレーヤー04-05:

« 1部リーグ後半戦 | トップページ | 面倒臭いオフトレ »