« 面倒臭いオフトレ | トップページ | アトレティコ×バルサ 05-06 Liga 第3節 »

2005年10月11日 (火)

さて2年目

勝負の1部2シーズン目。優勝とまではいかなくてもせめて上位は確保し資金を貯めたいです。
来季補強して優勝するぞ、と。
システムは継続して3-4-3。
しかし変則気味に変更。
GKは不動のレスポンス王・1番フネス。
3バックは中央に即戦力・12番ハイティンハ。右は17歳の6番センシーニと17歳の3番P・アンデションを併用。左は攻撃も期待出来る21番ペレア。
ハイティンハがラインを仕切る感じね。
アヤックスを使ってエールディビジをやってた時に感じたけど、ハイティンハがいるといないでは全然ディフェンスラインの落ち着きが違いました。
ウイイレ的には結構能力高い。だから獲得した。
中盤は1ボランチに7番デシャンと4番ペップを併用。
どちらも17歳ですが、今の所はデシャンの方が使える。
ボール奪取能力も高いし、スタミナもある。
ペップはやはりショートパスは上手い、が結構ボール取られる場面が多いのでこのポジションで使うのはチョット怖い。
しかしペップ大好きなんで、うまく育てたいよね。理想と現実で揺れます。
中盤右はウィング気味に9番ラウドルップ。ミカエルが調子悪い時は10番オルテガを起用。
ラウドルップは17歳の割りに全体的に能力が高く、何でも出来る。
逆にオルテガは17歳らしくドリブルオンリー。
中盤の左はやや守備的に24番ソンジョングク。
結構育ってるのでかなり能力高い。現実よりも。
そしてトップ下には25番俊輔。
フリーキック精度が鬼の様に上がってるので、勝手にゾラだと思ってプレーさせてます。
3トップは不動の3人。左に30番マルティンス。真ん中は18番デフォー。
そして右というよりはデフォーとの2トップの様な感じで昨季チーム得点王の19番サビッチュ。
見方によっては3-4-3っつうか3-1-2-4みたいな感じです。
ただこれが試行錯誤の上で編み出した個人的なウイイレ強豪対策シフト。
弱点はガラ空きな中盤の底なので、ここにホントに鬼センターハーフが欲しかった。
ダービッツやマケレレ、ビエラがいれば完璧なんですけどね。

そしてシーズン開幕。
予想以上の好調さ。
普通に5連勝。
得点力不足が嘘の様に点取りまくり。
前は1試合1得点に四苦八苦で2得点なんて奇跡的だったのに、いきなり開幕戦で2点奪って逆転勝利を飾ると、もう2点3点は珍しくも無くなった。
デフォーが得点ランクのトップを走ってるぐらいやからね。
デシャンも予想以上に頑張ってるし、もしかしたら優勝も・・・。

|

« 面倒臭いオフトレ | トップページ | アトレティコ×バルサ 05-06 Liga 第3節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さて2年目:

« 面倒臭いオフトレ | トップページ | アトレティコ×バルサ 05-06 Liga 第3節 »