« ヘタフェ×バルサ 05-06 Liga 第10節 | トップページ | マドリー×バルサ 05-06 Liga 第12節 »

2006年1月 5日 (木)

プレミア制覇

マスターズリーグを制覇したので、次は日程も過酷なプレミアに挑戦。
チーム選びは悩みましたね。
リバプールやニューカッスルも好きだけど、ユナイテッドで決定。
理由はウィングフットボールを展開するにあたって一番人材が揃ってるから。
やっぱギグス使いたいしね。右にはロナウド君もいるし。

システムは変則の4トップの3-3-4。
GKはハワードと「神」キャロルを併用。どっちもどっちなんで調子が良い方を試合毎にチョイス。
3バックはリオだけが不動。後はネビル兄とシルベストル、オシェイ、ブラウンを変わる変わる起用。
中盤の底にはキーン主将とバットの2枚を並べました。そしてトップ下にスコールズ。
両ウィングにはロナウドとギグス。
センターにニステルとスールシャール。

このイレブンで余裕のプレミア制覇。
モードは一番ハイレベルでやりましたが、もうこっちの集中力が低い時とか手が疲れてる時以外は負ける気がしませんでした。
得点はリーグトップだし、失点はリーグ最小。
ニステルは26得点でアンリに4点差を付けて得点王を戴冠。
PKも確実に決めるし、ダイレクトシュートも上手いし、ドリブル突破もいけるし、キープ力も高い。遠目からでも狙えたし、1対1の場面も強かった。ヘディングも問題無く、正に弱点の無いパーフェクトストライカーぶりでした。
ベリオン2点、フォルラン4点、スールシャール7点と他に起用したストライカーとの差も歴然。
サアなんて結局無得点に終わったしね。終盤無得点を避ける為に起用しまくったのに、決めたのはニステルばかり。
これは私の腕のせいもあるかもですが・・・。

アシスト王もギグスがいけるかな、という感じのペースだったんですが大怪我を負わされてシーズンを棒に振っちゃいました。
ギグスを使いたい、っていうモチベーションもあったのでコレはかなりショックでしたよ。
それでも8アシストはチーム最多。
代わりにほぼフル起用したロナウド君が0得点4アシストと微妙な結果で、やっぱギグス・・・って想いが強くなりました。
フォーチュンが得点力を発揮したり、リオがセットプレーから決めまくったりと予想外の出来事も優勝を後押し。
スコールズのミドルシュートは予定通り決まりまくったし。

サブメンバーでは意外にオシェイが強さを発揮。
ネビル弟は色んなポジションで使えたので便利だったし、クレベルソン、ジェンバジェンバもスタメンと遜色無いプレーぶりでした。
リチャードソンはギグスの故障もあって結構起用したけど、まだまだ能力低かった。
フレッチャーも同様に能力低し。なのに絶好調印の日ばっかりだったのでついつい使っちゃったけど。

さてさて次はセリエかリーガでもやるか・・・。

|

« ヘタフェ×バルサ 05-06 Liga 第10節 | トップページ | マドリー×バルサ 05-06 Liga 第12節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレミア制覇:

« ヘタフェ×バルサ 05-06 Liga 第10節 | トップページ | マドリー×バルサ 05-06 Liga 第12節 »