« バルサ×A・マドリー 05-06 Liga 第22節 | トップページ | バルサ×ベティス 05-06 Liga 第24節 »

2006年3月23日 (木)

バレンシア×バルサ 05-06 Liga 第23節

バレンシア 1-0 バルサ
G:ビジャ(44分)

バレンシア:カニサレス、ミゲル、アルビオル、D・ナバーロ、モレッティ、アルベルダ、バラハ、アングロ(80分、ルフェテ)、アイマール(90分、ウーゴ・ヴィアナ)、レゲイロ(85分、F・アウレリオ)、ビジャ

SUB:ビュテル、カルボーニ、C・トーレス、ホルヘ・ロペス


バルセロナ:バルデス、オレゲル(55分、ベレッチ)、マルケス、プジョル、ファン・ブロンクホルスト、エジミウソン、ファン・ボメル(71分、シウヴィーニョ)、イニエスタ、エトー、ジュリ(42分、ラーション)、エスケーロ

SUB:ジョルケラ、ガブリ、M・ロペス

バレンシアにとっては絶対に落とせない対戦です。
前節バルサがアトレティコに負けてくれたおかげで勝ち点差が9にまで縮まってきました。
そこで迎えた直接対決ですからね。ここで勝てば差は6。しかし負けると再び12まで開いてしまいます。
ここに来ての直接対決で差を12にまで広げられてしまうと、これはもう事実上の終戦と言っても過言では無いでしょうから。

さてさてそんな大一番。
バレンシアはアジャラ、マルチェナのコンビに加えビセンテまで出れませんが、バルサの方がもっと深刻。
ロナウジーニョ、チャビ、デコ、この3人が出れないのは痛過ぎます。エトーがアフリカから帰ってきたとはいえ、まだまだモッタ、メッシも怪我が続いています。
決定的な仕事における不安が試合前からありましたが、やはり予想通りの展開になります。

イニエスタにかかる比重が非常に大きくなりそうだったのですが、そこをエトーの個人技、ジュリの突破で何とかしたかったバルサ。
序盤はそのジュリが好調で何度もバレンシアDFラインのウラを狙い、クロスを上げます。突破も出来ました。
しかし不幸は重なるものでジュリが前半の内に負傷退場、更にその直後ありえない失点・・・。

ラーション、ベレッチの投入で攻撃は活性化されましたが、バレンシアは基本堅い。
しかもカニサレスが安定してる時は(殆ど安定しとるけどね)もう御免なさい、って感じやからね。
こんなに締まった試合でミスしたら負けますよ。当然やで。
まぁそれでもまだ差は6もあります。余裕です。
緊張感のある引き締まった試合を観れたのでそれはそれで満足。


バルデス:バレンシア戦ではポカをする様な仕様になってんのか?
オレゲル:ベレッチの方が確実に良かった。こんな試合もあるさ。タイプの問題さ
マルケス:無駄なカードさえ貰わなきゃ最強やのに
プジョル:ビッグファイトに欠かせない役者
ジオ:エスケーロとの連携は良かった
エヂミウソン:アイマールとのマッチアップは見応え充分
ファンボメル:ここんとこ良くないね
イニエスタ:1人に負荷がかかる、ってのはあんま良くないよね
エトー:アフリカ帰りで疲れてんのかな?FKも可能性無しやったし
ジュリ:悔やまれる負傷
エスケーロ:悪くなかったが、結果は出せず


ラーション:攻撃の中心として何度もバレンシアに脅威を与えた
ベレッチ:有効的なサイドアタックのお手本
シウビーニョ:この展開でシウビーニョを投入しないといけない程にベンチに人がいないのよね

|

« バルサ×A・マドリー 05-06 Liga 第22節 | トップページ | バルサ×ベティス 05-06 Liga 第24節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バレンシア×バルサ 05-06 Liga 第23節:

« バルサ×A・マドリー 05-06 Liga 第22節 | トップページ | バルサ×ベティス 05-06 Liga 第24節 »