« GL1巡終了 | トップページ | グループE 第3節 チェコ×イタリア »

2006年6月21日 (水)

GL2巡終了

さてさて1節終了時と同じ様な感じでさらさら〜、と一言感想を書いていきたいと思います。
第2節も結局90分観た試合は1試合も無かったなぁ。

ドイツ 1-0 ポーランド

開催国ドイツは10人のポーランドから決定機は作るものの得点は奪えず。
そんな危機を救ったのは我等がノイビル帝王。途中出場ながら背番号10は見事にダイスラーの代わりを果たした。
連勝のドイツはこれでGL突破決定。
連敗のポーランドは敗退決定。しかも未だ無得点。

エクアドル 3-0 コスタリカ

カビエデスが被り物パフォーマンスをするぐらいの余裕の試合。
とにかくコスタリカはサイドから崩され過ぎ。
連勝のエクアドルはGL突破決定。
連敗のコスタリカは2試合で7失点の守備では敗退も当然。
グループAは全くの無風のまま最終節を待たずして決着した。

イングランド 2-0 トリニダードトバゴ

ルーニーが途中出場で遂に復帰。
しかしルーニーを出さないといけない状況に追い込まれた事がそもそもエリクソンにとっては誤算か?!
終了間際にやっと決めれたクラウチですが、それまで外し過ぎね。ロボットダンスする余裕も無しか。
余計にその分ベッカムの正確なクロスが目立った。
連勝のイングランドは突破決定。
TTは最終節に数字の上では望みアリ。

スウェーデン 1-0 パラグアイ

終了間際にやっとこさユンベリが決めて辛くも勝利。
ズラタンが前半だけで退き、ラーションもシーズン中の決定力が陰を潜めては苦しい試合になるのも当然か。
突破を決めてるイングランド相手に最終節は引き分け以上で自力突破決定。
イングランドに苦手意識無いからほぼ間違いないでしょう。
無得点の連敗で敗退が決まってしまったパラグアイが最終節TTにエンパテ以上の結果を残せばスウェーデンは負けても突破出来ます。

アルゼンチン 6-0 セルビアモンテネグロ

予想だにしないスコアでアルヘンチーナが爆勝。
連勝で「死のグループ」を脱出しました。
ケズマンが退場したとはいえ、その前までに既に3点取ってたから数的優位もあんまり関係無いしね。
メッシも復帰戦で早速ゴール。
テベスも意地を見せ、クレスポは2試合連発。
そして何よりもサビオラのチャンスメイクが光る、というもう理想的な内容と結果。
セルビアモンテネグロの「セルビアモンテネグロ」としての最後の大会は連敗で終わってしまった。

オランダ 2-1 コートジボワール

2試合連続オール白人のスタメンを敷いてきたファンバステン。
もう人種間の内紛も今の御時世では無いと思うねんけどファンバステンとオランダ代表の過去を考えると色々勘繰ってしまいます。
絶好調ファンペルシーのドッカンFKとエース・ニステルの貫禄ゴールで結果的には無難に勝利。
「死のグループ」も結果だけ見ればグループA同様の無風で決着が着きました。
つまり「オランダ×アルゼンチン」の黄金カードは消化試合に。
「コートジボワール×セルビアモンテネグロ」の極上カードも連敗同士の傷の舐め合い試合に。

メキシコ 0-0 アンゴラ

メキシコの攻勢を10人になりながらも凌ぎきったアンゴラが最終節に望みを繋ぐ勝ち点1を獲得。
それにしてもメキシコの決定力不足が目についた。
ファインセーブを披露していたアンゴラのGKは現在無所属。ポルトガル3部リーグで練習させてもらってるぐらいのLVの選手やからね。
W杯の地盤沈下の象徴的選手か?

ポルトガル 2-0 イラン

復帰したデコのスーペルミドル(珍しく人に当たらずゴール)と栗坊のPKでポルトガルが突破を決める勝利。
フィーゴのPKゲットは確実にダイブだったけど、それまでフィーゴを全く止めれず抜かれまくってたイランDFの印象が悪過ぎたとも言える。
イランは連敗でドイツからさよなら。チャンスが無かった訳では無いので余計に悔やまれる事でしょう。

チェコ 0-2 ガーナ

予想外の結果ですが必然の結果とも言える。
ミズジャッジからウィファルシを失った上にPKを献上、コレル、バロシュ、スミチェルが怪我で出れない、参加チーム中平均年齢が最高と最低のチームの対決で最高チームに降り掛かる灼熱の太陽。
こういう試合で負ける事は必然さ。
それにチェコは攻撃的なチームですから。ウィファルシを失い普通の監督ならCBを投入するでしょうがブリュックネルは相変わらずこういうシチュエーションで攻撃的な選手を投入します。
結果的には薄くなった最終ラインを突かれた終了間際の得点で万事休した訳ですけどね。
でも戦って負けたんですから、しゃーないでしょ。
俺の優勝予想はチェコなんで、GL敗退だけは勘弁して下さい。

イタリア 1-1 アメリカ

まさかまさかのドロー、って訳でも無いですけどね。
ローマ伝統の暴挙をデロッシが働き30分も経たない内にロハっちゃったり、万全では無いトッティが前半持たずに交代したりでは、そりゃ勝てませんわ。
アメリカが「数合わせ」の退場で後半の殆どの時間を9人で戦わされたので、勝つ要素もあったけどね。
さてさてこれでグループEは大混戦。全チームに可能性があります。
イタリア、チェコ、ガーナは勝てば無条件で突破決定。
アメリカは勝ちが最低条件で「チェコ×イタリア」の結果によって運命が変わる。
そう最もアツイのは「チェコ×イタリア」です。
この試合はもしかしたら観るかも。。。。
でも民放のクソ実況&クソ解説で観ても盛り下がるなぁ。。。
かといってスカパーの録画放送待ってたら結果知っちゃうかもやし。。。
う〜ん、微妙。

日本 0-0 クロアチア

さてさてまたまた鬱陶しい日本戦です。
宮本のありえないタックルからのPK献上、川口のPKストップ、へなぎ沢の伝説のシュートミス、撃たない玉田、撃てない高原、撃ってもへっぽこ小笠原、キレる中田、と色々あったみたいです。
とにもかくにもクロアチアの皆様が暑さでヘバってたのが印象に残りました。

ブラジル 2--0 オーストラリア

余裕の2ゴールで楽々と突破を決めたセレソン。
派手に勝たず、それでも結果が出てるのでR-16以降も期待出来そう。

フランス 1-1 韓国

勝ち切れないフランス。
っつうかロスタイムにトレゼゲ出してどうしたいの?
へっぽこ監督ぶりを世界にアピールですか??
ハイライトからも強さが感じられないフランス。選手の質は高いのは一目瞭然なので、ピレスの件、クペの件も含め監督の無能ぶりが目立つ。
空気読めない審判によって最終節ジズーは出場停止。
フランスに万が一の事があったら、これがジズーのラストマッチになっちゃいます。

トーゴ 0-2 スイス

ボーナス問題で試合をボイコットしようとする選手や、出て行ったり帰って来たりする監督。
そんなトーゴが勝てる程に世の中は甘くなくってよ。
連敗で大会からオサラバです。
勝ったスイスは韓国と並ぶ勝ち点4。
最終節その韓国相手にエンパテ以上でR-16へ駒を進める事が出来ます。

サウジアラビア 0-4 ウクライナ

ウクライナが実力でサウジを圧倒。
なにせサウジはマークが甘過ぎやで。折角サウジ祭り開催してもらってんのに。
大味な試合ばかりのウクライナはこの大勝で得失点差0に。
怪我から復帰後シェヴァが初ゴールを決めたのも明るい材料か。

スペイン 3-1 チュニジア

逆転勝ちでスペインがR-16へ。
先行され苦しい展開でしたが、苦しい時こそラウル。
この試合もスタメンを外れたが存在価値を証明する同点弾でした。
突き放しはトーレス君の2発。
アトレティコで溜まってるストレスをこの大会で爆発させてる印象。
シャビアロンソのゲームメイクも相手が弱いとハイライトでも目立ちまくりでしたわ。


さて2節が終わった訳ですが、ここまでも滅茶苦茶大きな波乱ってのは無いね。
このまま普通に終わりそうです。

関係無い話やけどスカパーを観てて気になった点が2つ。

まず1つ目が名波のレポーター。
キャラクターから考えて、引退後もTV的な仕事はしないだろうと勝手に思ってたので予想外の仕事ぶり。
現地に飛び嬉しそうにレポートしております。完全にサッカー小僧の顔です。
まだ現役なんであんまりやって欲しくないねんけど名波の意外な一面が見れて良かったです。

2つ目は「データスタジオ」の存在意義。
生中継が出来ないスカパーの苦肉の策か何かは知らないが、この企画どうなの?
どんな内容か、って言うと生中継の時間帯にスカパーが誇る「豪華解説陣」がその試合を観てる様子を中継してるだけ。
ハイライトですらVTRを流せないのでひたすらに観てるだけ。雑談しながら。
滅茶苦茶ユルイです。
解説もVTR使えないのでホワイトボードで解説。
逆に新鮮です。
う〜ん、実際「ワールドカップ観た〜〜〜〜い」ってアフォがこんな放送観るとは思えん。
だってね、「うわ〜〜〜」とか「いいシュート!!」とか「ジダンうますぎっ」とか言う訳ですよ。
普通にチャンネル変えてどんなプレーやったか観たくなるでしょ?フツーは。
民放でバンバンやっとる訳やから。
時々こんなん観てるの俺だけちゃうんか?って思ってしまいます。
別に俺も観てる訳じゃ無くて、例えば今でもこんな駄文を書きながら「流してる」感じやからね。
試合中継の方流せばいいやん、って思うかもしれませんが、NHKや民放の実況は聞こえてくるだけでストレスになる様な実況なんで画が無くてもコッチの方がマシなんです。
俺にとってはそんな需要でつけてる訳なんですけど、他にどんな需要があるのか。全く思いつきません。

|

« GL1巡終了 | トップページ | グループE 第3節 チェコ×イタリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GL2巡終了:

» 日本代表最後まで! [サッカーワールドカップ2006-FIFAワールドカップ・ドイツ大会特集-]
ブラジル戦。とにかく最後まであきらめずにがんばれ! [続きを読む]

受信: 2006年6月23日 (金) 01時40分

« GL1巡終了 | トップページ | グループE 第3節 チェコ×イタリア »