« R-16 ポルトガル×オランダ | トップページ | R-16 終了 »

2006年6月28日 (水)

R-16 スペイン×フランス

スペイン 1 - 3 フランス
G:ビジャ(28分、PK)             リベリ(41分)、ヴィエラ(82分)、ジダン(90+2分)


スペイン:カシージャス、セルヒオ・ラモス、パブロ、プジョル、ペルニア、シャビ・アロンソ、シャビ(72分、マルコス・セナ)、セスク、ラウール(54分、ルイス・ガルシア)、ビジャ(54分、ホアキン)、F・トーレス

フランス:バルテズ、サニョル、テュラム、ギャラス、アビダル、マケレレ、ヴィエラ、リベリ、ジダン、マルダ(74分、ゴヴ)、アンリ(88分、ヴィルトール)


さて、R-16の中では2つ目の注目カードです。
今回フランスはハイライトを観る限り大しておもしろい試合はしてないが、ジズーのラストマッチになる可能性があるので見逃す訳にはいきません。
一方のスペインは、こちらもハイライトで観る限りですが非常にファンタスティックなフットボールをしております。
GLの相手が弱かった事もあるけど、メンバーだけ観ても納得の内容です。
ピークを過ぎたベテランばかりでチームとしても明らかに下降線状態のフランスと、若手中心で昇り調子のスペイン。
下馬評は言うまでも無くスペイン。
でもこういう大一番に弱いのがスペインであって、こういう大きな試合に強いのがフランス。
さてどうなりますか??

例によって情報を遮断し、スカパー観戦に成功。
生観戦と同様の状態で試合に挑みました。

立ち上がりからペースを握ったのはスペイン。
独特のリズムでボールをキープし続けます。フランスはボール奪取に苦労し、また奪ってからの組み立てにも苦労しました。
とにかくアンリがオフサイドにかかりまくり。
これはアンリだけの問題で無くチームとしての問題。
もうこのメンバーで何十試合もやってるのに、なんか常にギクシャクしてるなぁ。
リズムを掴んだスペインが当然の様に先制します。
CKからパブロが後ろから倒されPK奪取。
ビジャがハイプレッシャーの中ポストギリギリのコースに決めました。
いつものテュラムらしくないタックルがフランスの焦りを伺わせました。

正直フランスはこれで終わったと思ったよ。
得点出来る雰囲気が全然無かったから。
でもフランスは逆転した。
スペインが不甲斐なかったのか、フランスが試合巧者だったのか。
いまだに答えは見つかりませんが、簡単に言うと両方だったのかもね。
スペインは折角先発した誕生日のラウルが全く存在感を見せれず、プジョルも「らしくない」プレーで戦犯になりました。
ペルニーアは守備面の不安をつつかれまくり、ビジャは右サイドで音無し。
シャビアロンソ、シャビ、セスクのスリーセンターはビエラ、マケレレのコンビに完敗。
そしてトーレスは大きな試合ではやはり結果を出せなかった。。。。
結果論だが最終的にトーレスに全権を預けてしまったのが敗因かと。終盤にこそラウルのチカラが必要だった。
ドリブルで抜きまくってたホアキンにもっと時間を与えたかった。
対して絶対的なアンリが絡む事無く3得点を奪ったフランス。
アンリがダメでもジダンがいるし、ビエラがいる。これがスペインとの大きな差。
特にビエラは気合いが入っていた。これはCLでセスクに敗れ去ってしまった悔しさからでしょう。
実際はフットボールはチームとチームの戦いなのでユーベがアーセナルに負けたといってもビエラがセスクに負けた訳では無いが、あの試合はメディアが煽るまでもないぐらいわかりやすい結果が出てしまったからね。
ビエラはその想いをぶつけるかの様な活躍を魅せ、1得点1アシスト以上の存在感。
ガナーズの頃の、全盛期のビエラの姿がそこにはあった。
ジズーの運動量が極端に少なく、マケレレは守備専従なので、必然的にゴール前に飛び出す役割を求められた事がハイパフォーマンスに繋がったとも言える。
そんなジズーも消えてる時間は多くても結果は残した。
スペインにとってはジズーが顔を出す「少しの」時間がとてつもなく危険だった。
まぁ昔はこれが「少し」じゃなかったから世界で最も偉大なプレーヤーだった訳だが。

それにしてもスペインの勝てない病はいつまで続くのか?
本気で分裂した方が良いかもね。

|

« R-16 ポルトガル×オランダ | トップページ | R-16 終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: R-16 スペイン×フランス:

« R-16 ポルトガル×オランダ | トップページ | R-16 終了 »