« チェルシー×チャールトン | トップページ | バルサ×オサスナ 06-07 第2節 »

2006年9月10日 (日)

ユナイテッド×トッテナム

マンチェスター・U 1 - 0 トッテナム
G:ギグス(9分)
 
マンチェスター・U:ファン・デル・サール、G・ネヴィル、R・ファーディナンド、ブラウン、エヴラ、オシェイ、C・ロナウド(90+2分、シルヴェストル)、キャリック(79分、フレッチャー)、リチャードソン(70分、朴智星)、ギグス、サア

トッテナム:P・ロビンソン、シンボンダ、ドーソン、キング(81分、マーフィー)、アス・エコット、ジェナス、ゾコラ、ダービッツ(57分、ツィークラー)、ガリ、ロビー・キーン(57分、デフォー)、ミド


開幕3連勝と勢いに乗るユナイテッドと、全く乗り切れていないスパーズとの一戦。
ダービッツ見たさに観戦決行。
そのダービッツですが、相変わらず良く動いてはる。
むき出しの闘志も変わらずで、やはりピッチ上での一番のファイターは彼でした。
ボール奪取能力、キープ力、広い視野、動き出し、と全く衰えていませんでした。
中盤センターでコンビを組むゾコラにパスセンスが備わっていれば、もうひとつオモロイ展開になっていたんですがね。

試合の方ですが、早々にユナイテッドが先制。
栗坊の長い距離からのFKをロビンソンが弾いた所をギグスが頭で押し込みました。
栗坊は得意のブレ球FK。
予測が難しいシュートですが、ロビンソンが絶好の位置に弾いちゃったのが失点の原因。
相変わらずのヘッポコぷりですロビンソン。
こんな彼がイングランド代表の正GKなんですから、本気でイングランドはGKの育成を考えないとヤバイで。
ルーニーとスコールズが出場停止なので、攻撃はサア、ギグス、栗坊の3人が中心でした。
栗坊は最初こそ地元サポからもブーイングを受けていたものの、先制点を導きだしてからはブーイングもスッカリ消えましたね。
それにしてもイングランド人は何時までルーニー事件を引っ張る気なんでしょ?
もう開幕して4試合目やで。もうええやん。

ユナイテッドは開幕4連勝を飾った訳ですが、決して内容は良く無かった。
まず決定力不足。もといアイディア不足。
サアが数多くあったチャンスを結局1つも決めれなかったのもあるけど、それ以上にチャンスを作るアイディアが不足していた。
基本的に栗坊のドリブル頼りやったからね。
左のリチャードソンは何やってたの??
キャリックも無難なプレーに終始し過ぎてた印象。
まだ加入直後なんでリスクを冒して大きなミスをしたくないのは解りますが、もうちょっとギャンブル性が欲しかった。
折角の古巣との対決なんやから。
オシェイは基本的に守備専従のフォアリベロやしね。
この試合で一番輝いていたのがガリーじゃ不味いでしょ。
ガリーは出来過ぎ、って言ってもいいぐらい良かったけど。
この試合が復帰戦な訳ですが、攻撃に守備にとフル回転でした。
流石はキャプテン。
守備では左に張ったミドに全く仕事をさせず(来るボールは悉くインターセプト、1対1で抜かれない、クロスすら上げさせない)、攻撃面では「これでもか」って程のオーバーラップ祭り。
そこからの仕掛けが一番ダイナミズムに溢れていました。
で、問題なのはガリー以外のディフェンス陣が全然イケてなかった事。
結果的には無失点でしたが、それは単純にスパーズの決定力不足に助けられただけの事で、崩されてる事実は変わりません。
ブラウンが力不足なのは今更言ってもしょうがないけど、リオはそうもいきません。
能力はあるんですから、しっかりやって下さい。
疲れなのかマンネリなのか知らないけど、能力を持て余してる感がありますね。
攻撃のアイディア不足はルーニーやスコールズが帰って来たら解決される問題ですが、守備はもうこれ以上の上積みはエインセぐらいしか期待出来ないので、ホントにリオ頼むよ!!!

|

« チェルシー×チャールトン | トップページ | バルサ×オサスナ 06-07 第2節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユナイテッド×トッテナム:

« チェルシー×チャールトン | トップページ | バルサ×オサスナ 06-07 第2節 »