« オランダ制圧 | トップページ | バルサ×セルタ 06-07 Liga 第20節 »

2007年1月29日 (月)

いよいよマスターリーグへ

フランス、オランダとクリアして程よく腕を上げれたので、そろそろマスターリーグに参戦してみます。

「試合レベル」や「マスターリーグレベル」は勿論最高レベルで。
やるからには最高の優勝を目指します。
「移籍頻度」は2つ星にしました。
最初は3つにしようかな、と思ったんですが、あんまり移籍が起こりまくってもオモロないなと思いまして。
だって「さぁバルサが相手や!!」って燃えても、メンバー見て原形とどめてなかったらテンション下がるでしょ??

設定を決めた後は、楽しい楽しいユニホーム作りとエンブレム作り等々です。
チーム名は「FC GOO.N」にしました。
なのでエンブレムもグーンをそのまま拝借。
ロゴもエリエールにして、ユルいユニホーム完成です!!
「8」の時も"こんなチームと対戦したくない!"って感じのユニにしましたが、今回もドギツイ配色です。
ちなみに胸スポンサーは「WOWOW」、背中スポンサーは「TVBros.」です。
全身水色のユニに浮かぶ「WOWOW」の文字は失笑もの。。。。

さてさて最初のチーム構成ですが、とりあえずシーズン開幕前に何人か獲れるみたいですね。
でもここであまりイジって他チームを混乱させるのも嫌なので、人数枠が余ってる9人だけを補強。
クラブチームに所属していない選手だけを獲得しました。
なので日本人選手が中心。

まずはKING・KAZU。
これだけは絶対外せないでしょ。
さすがに39歳なので能力は低いですが、能力よりも好きな選手でプレイするってのが優先事項なんで。
そしてKAZUと共に外せないのがレフティーモンスター小倉。
こちらはもう引退してるので全盛期である21歳で設定されてます。
怪我する前の一番可能性があった頃ですなぁ。。。
あとは中盤に伸二と最終ラインにマツを補強。
伸二はフェイエにいないのが、皮肉にも好都合になりました。
松田直樹は個人的に日本のCBじゃ一番好きな選手なので迷わず獲得。

日本人だけだと心許ないので、あとはポジションごとにレジェンド達を補強。
まずはGK。
しょうもないファンブルとかで失点するとへこむのでココは最重要ポジションともいえます。
リヨンではクペに何度も助けられ、アヤックスではステケレンブルクに何度もヘコまされましたからね。
シュマイケルにしようか、スビサレッタにしようか、と迷っていたのですが、どちらもいない!!(WENでまだ買ってない)
なのでシーマンで妥協。
ゾフとかシルトンとかバンクスとかの方が能力は高いけど、はっきり言ってリアルタイムで見てないから感情移入出来へんしね。
誰もが知ってる選手とはいえ。

最終ラインもマツだけでは少ないのでクーマンを追加。
FKも蹴れるし(ジュニーニョでもFK入らなかった俺の実力なので半分諦めてるが。。。)攻撃的なフットボールをやりたいので最終ラインの真ん中に置くにはこれ以上無い人材だと思います。

そして中盤の底にはマテウスを補強。
同時にキャプテンも決定です。
マテウスは元々は攻撃的な選手だし、最終ラインも出来るのでこのポジション以外にも色々使えそうです。
リアルタイムでマテウスを見てた頃の彼は下がり目のポジションが多かったので、そちらでの起用が増えると思います。

そして肝心要のアタッカー陣にはロマーリオ大先生とMY LOVERなオーフェルで決まりです。
やっぱオーフェルマルスは外せませんよ。
特にサイドアタックを重視してますしね。
両サイド遜色出来るのでチームの立ち上げ時にはうってつけです。
ロマーリオは少し迷いました。
だってKAZUとの2トップは2人足すと79歳ですからね。
スタミナ的に不安じゃないですか。
それに世界最高のFWロマーリオとはいえ、流石に40歳ともなるとパラメータの低さは否めません。
このへんが辛いですよね。
どうせなら最盛期のロマーリオを操りたいんですが、現役引退してないのでそういう設定にする訳にもいかないし。
かといって「成長衰退なし」にしたから「8」の時みたいに17歳のロマーリオとかも表れないですし。
(「成長衰退なし」にしたのは単純に育てるのが面倒臭いから。だって17歳で獲得したとして、その選手が良い感じになってくる26,7歳までウイイレをやるか、っつったらやらないもん。そんな何年もやるヒマないもん。それに折角獲得したのに引退されるのも嫌やし)
だから実際チームの勝利の為を考えるとより力のあるFWを獲得すべきだったんですけど、やっぱりロマーリオは特別ですからねぇ。。。

そんな訳で上記の9人と架空選手達で始動。
架空選手達は「8」でもいた選手が殆どですね。
特徴もそのままやし、これは有り難い。
また新たに覚えなくて済む。まぁそんなに記憶に残ってないけど。

リーグ構成もいじって、最強のリーグを作りました。
リーグA〜Dまでありましたが、それぞれに個人的な見解で戦力を分散させました。
これでCLが盛り上がる事間違いなしですわ。
だってCLにローダとかカディスとかWBAとかが出て来たら盛り下がるもんね。
逆にミランやチェルシーが2部にいても嫌だし。
と、まぁこれは1部に上がってしかも好成績を収めてからの話でしたね。
なのでまた詳細な振り分けは今度書きたいと思います。

そんな4つの1部リーグから溢れたチームを2部リーグに投入しました。
ちなみにマジョルカ、パナシナイコス、ボルトン、ラレアル、フルハム、パルマ、マンチェスターシティです。
自分で設定しておいてアレですが、勝てるかなぁ。。。。

頑張れ!79歳2トップ!!

|

« オランダ制圧 | トップページ | バルサ×セルタ 06-07 Liga 第20節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよマスターリーグへ:

« オランダ制圧 | トップページ | バルサ×セルタ 06-07 Liga 第20節 »