« ブンデスに挑戦 | トップページ | バルサ×ベティス 06-07 Liga 第34節 »

2007年6月16日 (土)

マドリー×セビージャ 06-07 Liga 第33節

マドリー 3-2 セビージャ

G:ニステルローイ2(62分、85分)、ロビーニョ(78分)   マレスカ(41分)、チェバントン(90+3分)

マドリー:カシージャス、シシーニョ、カンナバーロ、セルヒオ・ラモス、M・トーレス(59分、エルゲラ)、ディアラ、エメルソン、ベッカム、ロビーニョ(79分、退場)、ラウル(59分、グティ)、ニステルローイ

SUB:ディエゴ・ロペス、サルガド、ガゴ、レジェス、イグアイン

セビージャ:パロップ、ダニエウ・アウベス、アイトール・オシオ(81分、退場)、エスキュデ、ドラグディノビッチ、ポウルセン、レナト(63分、ヒンケル)、マレスカ、プエルタ、ケルジャコフ(71分、チェバントン)、カヌーテ

SUB:コベーニョ、ダビド・カステード、ドゥダ、マルティー、ルイス・ファビアーノ(73分、退場)


2位、3位の直接対決です。
首位のバルサとの勝ち点差は、2位のセビージャが1pt、3位のマドリーが2ptです。
つまり殆ど無きに等しい訳です。
しかし土曜日の試合でバルサが勝った事を受けての日曜日の試合です。
なのでこの試合で全てが決まる訳では無いですが、負けるわけにはいかない試合なのであります。
2位3位による潰し合いをのんびりと高見の見物、ってな感じで本来なら観たかってんでけど前述した様に勝ち点差が大して無いのでそうもいってられない試合です。
双方のチーム状態はどうなのか?その辺をじっくりと観てみました。

終盤戦に来て、ようやく調子を上げて来たマドリー。
序盤戦はむしろアウェイでの方が成績良かったりしたんだけど、最近はベルナベウでも確実に勝っています。
一方のセビージャはアウェイで勝ち切れない試合が続いています。
試合前の状態から考えるとマドリーが順当に勝つのが自然の成り行きでした。
しかし試合開始からペースを握ったのはセビージャでした。

ダニエウアウベスが良かったよねぇ〜。
ラテラルがここまで目立つなんて、全盛期のロベカルを見ているようでした。
セビージャはヘスースナバス、アドリアーノとサイドアタッカーを怪我で欠く苦しい陣容でしたがアウベスが1人で引っ張ってたね。
そんなアウベスとロビーニョのマッチアップは見応え充分でした。
テクニックもそうだけど、スピード感が堪らない。
この先もまだまだ楽しませてくれそうな2人でした。
セビージャはロビーニョ対策としてアウベスとマレスカの2人で挟み込む作戦が功を奏していました。
マレスカは守備でリズムを掴んだのか、攻撃でも躍動。
前半終了間際にジズーばりのボレーを叩き込み、ベルナベウに静寂をもたらしました。
素晴らしいゴラッソ!!!!!
ユーベ時代にかけられていた期待感が最近薄れてきてる印象だったマレスカですが、やはり本来これぐらいは出来るポテンシャルは持っていたんだよねぇ〜。

さて後半。
リードされてる状態は流石にマズイのでカペッロは動きました。
グティとエルゲラの2枚同時投入であります。
エルゲラがCBに入る事によって、CBだったセルヒオラモスが右SBへ。
右SBだったシシーニョが左SBへそれぞれ移動しました。
そしてこれがズバリと的中しました。
前半ロビーニョの個人技とベッカムのロングフィードぐらいでしか攻めの糸口を掴めなかったマドリーですが、彼等に2人のサポートが付いたのです。
ダブルチームで見られていたロビーニョもシシーニョのフォローで楽になり、セルヒオラモスはベッカムをガンガンに追い越してのオーバーラップ。
やっぱセルヒオラモスは、ラテラルの方が特性が活きてる感じがするなぁ。
ラテラルだと軽い守備も気にならず、持ち前の攻撃力という良い面ばかりが目立つからね。
そんな彼等以上にゲームの流れに素早く乗ったのはグティでした。
投入から僅か3分後、流れる様なターンから中盤であっさりとポウルセンを置き去りにすると、そのままのリズムでお得意のスルーパスを馬に通しました。
こんなオイシいパスをニステルが外す訳もなく、確実に決めてまずは同点です。
もうこの時点で逆転の臭いはプンプンでした。
その予感通りに、今度はロビーニョがグティのスルーパスを受けてネットに突き刺しました。
う〜ん、チーム全体に躍動感がありますなぁ。
マドリーの調子が良い、ってのもこれを見せられたら納得です。
でもこの得点でテンション上がりすぎたロビーニョが退場、更に人数合わせでアイトールオシオが退場。
更に遡れば控えのルイスファビアーノも余計な事を言ってピッチに出る前に赤紙を頂戴していました。
好ゲームに水をさす様な退場者の多さですが、そんなグダグダなムードを取り去ったのはエース・ファンニステルローイでした。
セルヒオラモスのシュートのリバウンドを頭で詰めての決定的な3点目。
これで完全に試合を決めました。
ホッとしたのが、ロスタイムにチェバントンにFKを直接決められてしまった事。
'カペッロ・ユーベ'なら3-1のまま試合をクローズしていたでしょうが、マドリーはまだそこまではいっていないみたいです。
いかにも近年のマドリー的な失点に少し安心しました。

いや〜しかし見応え充分の好ゲームでしたなぁ。
息つく暇も無いぐらいの時間帯もあったしね。
セビージャは決定機を2本外してしまったのが痛かったねぇ。
あとルイスファビアーノの退場。
交代要員がいなくなって、怪我上がりで万全じゃ無かったカヌーテをフル出場させる結果になっちゃいましたからね。
マドリーではエメルソンに魂を感じました。
批判を払拭するようにゴール前に何度も顏を出していたのが印象的。
それでいて元々のボール奪取能力や活動量、読みの鋭さなどは少しも失われていませんでした。
マドリディスタも不当な扱いをしていた事に気付いたのか、ブーイングも出てなかったしね。

この結果によって目下の敵はマドリーになりました。
ただセビージャもまだまだ優勝圏内です。
とりあえず両チーム共に「強い」事が確認できました。
ただバルサは勝ち続ければ良いのです。もう直接対決はありません。
他は気にせず目の前の敵を倒すのみであります。

|

« ブンデスに挑戦 | トップページ | バルサ×ベティス 06-07 Liga 第34節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マドリー×セビージャ 06-07 Liga 第33節:

« ブンデスに挑戦 | トップページ | バルサ×ベティス 06-07 Liga 第34節 »