« アーセナル×ポーツマス 07-08 プレミアWEEK4 | トップページ | ビジャレアル×マドリー 07-08 リーガ第2節 »

2007年9月 9日 (日)

アストンヴィラ×チェルシー 07-08 プレミアWEEK4

アストンヴィラ 2-0 チェルシー
G:ナイト(47分)アグボンラホル(88分)

アストン・ヴィラ:カーソン、メルベリ、ナイト、ラウルセン、バウマ、レオ・コーカー、バリー(C)、アグボンラホル、ヤング、L・ムーア、カレウ(79分、S・ペトロフ)

SUB:テイラー、ガードナー、ヘアウッド、マローニー

チェルシー:チェフ、ベレッチ、アレックス、テリー(C)、As・コール、マケレレ(63分、S・カルー)、エッシェン、ミケル(52分、ピサーロ)、S・ライト・フィリップス(63分、J・コール)、マルダ、ドログバ

SUB:クディッチーニ、ベンハイム


ヴィラの狙い通りの完勝劇!と言って良いでしょう。
チェルシーのストロングポイントを確実に抑え、セットプレーからの得点を守り切りました。

相変わらずチェルシーはドログバへのロングボールが基本的な攻撃戦術。
この戦術はドログバが競り勝つ事と、周囲がそのボールを拾える事が大前提なんですが、この日は両方イケてなかった。
ヴィラのナイトとラウルセンは巧くドログバを抑え込みましたね。
ナイトはドログバに競り勝ってCKから頭で先制弾も決めたし、大満足な試合になったのではないでしょうか。
ドログバが悪かったというよりは、相手が勝ってた印象。
それにランパードが怪我でいなかったので、ドログバが稀に競り勝ってもそこからゴールへ繋げれる選手がいませんでした。
なんかミケルは完全に消えちゃってたし。

チェルシーの得点パターンでもう1つウェイトを占めてるのが、セットプレー。
しかしこの日は2桁のCKを獲得したにも関わらず活かせませんでした。
マルダのプレースキックがフィットしてなかったのもあるけど、前述した様に要所を抑えられた印象も強い。
アレックス、テリーのCBコンビは、この日初めて実現しましたが、この"ビッグ2"
は相手にとって大変な脅威となるのは確実。
ヴィラにとっては、初戦だったってのが少しは幸運だったでしょうか。

それにしてもアグボンラホルはエエ選手やね。
前の試合も良かったし、気に入っちゃいましたよ。

追伸:移籍後初スタメンだったベレッチさん。前半は良質クロスなんかも上げちゃって、まぁまぁな出来だったのですが、後半はヤングに遊ばれてしまいましたね。決定的な2失点目もヤングの突破をあっさりと許してしまわなかったら・・・。

|

« アーセナル×ポーツマス 07-08 プレミアWEEK4 | トップページ | ビジャレアル×マドリー 07-08 リーガ第2節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アストンヴィラ×チェルシー 07-08 プレミアWEEK4:

« アーセナル×ポーツマス 07-08 プレミアWEEK4 | トップページ | ビジャレアル×マドリー 07-08 リーガ第2節 »