« バルサ×アトレティコ 08-09 Liga 第6節 | トップページ | アトレティコ×バルサ 99-00 Liga 第35節 »

2008年10月12日 (日)

ベティス×バルサ 90-91 Liga 第3節

ベティス 2-3 バルサ
G:バレンティン、メル   ベギリスタイン、ストイチコフ、クーマン

ベティス:1フェルナンデス、2レオン、3ロドルフォ、4ミゲル アンヘル、5フリオ ガルシア、6ウレーニャ、7レーチャ、8チャノ、9メル、10ビニャルス、11バレンティン
SUB:12ブラボ、13トゥルヒージョ、14ゲイル、15モンサウベテ、16ザフラ  監督:フリオ カルデニョーサ

バルサ:1スビサレッタ、2ナンド、3フェレール、4クーマン、5セルナ、6バケーロ、7ゴイコエチェア、8ストイチコフ、9フリオ サリナス、10アモール、11ベギリスタイン
SUB:12アレシャンコ、13ブスケツ、14エスセビオ、15ロペス レカルテ、16ソレール  監督:クライフ


代表ウィークで観る試合も無いので、過去の試合をプレイバックであります。
もう今から18年前ですか、流石にカメラワークは最低だし、ユニも古くさい感じ。
でもスタジアムの雰囲気は良い感じだし、試合自体の展開には些かも古さを感じない。
だから充分楽しめましたよ。

試合展開としては、開始からベティスの攻勢。
簡単にウラを取られてピンチを招きまくるバルサ。
相変わらず守備はユルユル。
だったのですが、ワンチャンスをモノにしてバルサが先制。
まぁフットボルってのは、こういうもんですよね。

更にストイチコフの"右足"ミドルシュートも決まって、全体の試合の流れとは裏腹に2点のリードを勝ち取るバルサ。
こうなってくると、リズムも自然にバルサに産まれる訳でして、クーマンの直接FKも華麗に決まったりして、前半だけで3点のリード。

これはフィエスタゲームか〜?と思いながら後半へ。
しかしながら後半はセルナが不可解な判定で退場しちゃって、数的不利な状況に。
それでもクーマンもフェレールも攻め上がりまくり。
まぁ3点もリードしてるし、オーバーラップしても問題無いでしょ、って思ってたのですが、ベティスに立て続けに2点を連取されてしまいます。
点差は一気に最小得点差に。
普通に、ある程度守備を固める様な意識でやっていれば、こんな事にはならんかったやろうに。
どちらの失点もフリーで撃たれてますからね、エリア内で。
でもそこがバルサの良いところ、っていうか哲学やしなぁ。。。
それがあるからこそ、18年後に18年前の映像でスペクタクルを味わえている訳やし。

|

« バルサ×アトレティコ 08-09 Liga 第6節 | トップページ | アトレティコ×バルサ 99-00 Liga 第35節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベティス×バルサ 90-91 Liga 第3節:

« バルサ×アトレティコ 08-09 Liga 第6節 | トップページ | アトレティコ×バルサ 99-00 Liga 第35節 »