« アトレティコ×バルサ 99-00 Liga 第35節 | トップページ | ビルバオ×バルサ 08-09 Liga 第7節 »

2008年11月 2日 (日)

マドリードデルビー 08-09 Liga 第7節

アトレティコ 1-2 マドリー
G:シモン(89分、直接FK)  ニステルローイ(1分)、イグアイン(90+5分、PK)

アトレティコ:レオ・フランコ(C)、L・ペレア(30分、退場)、ハイティンハ、ウイファルシ(70分、ルイス・ガルシア)、ペルニア(HT、シモン)、P・アスンソン、バネガ、マニシェ、ラウール・ガルシア(38分、アントニオ・ロペス)、フォルラン、アグエロ
SUB:クペ、ドミンゲス、イグナシオ・カマーチョ、シナマ=ポンゴル

レアル・マドリード:カシージャス、セルヒオ・ラモス、ペペ、F・カンナヴァロ、マルセロ、ガゴ、スナイデル(68分、ファン・デル・ファールト)、デ・ラ・レ(78分、ハビ・ガルシア)、イグアイン、ラウール(C)(85分、ドレンテ)、ファン・ニステルローイ(39分、退場)
SUB:ドゥデク、サルガド、エインセ、サビオラ


さてマドリードデルビーです。
アトレティコにとっては勝てない事で有名なデルビー。
ここ6シーズンでも0勝4分8敗ですからね。
ベルナベウだけでなくカルデロンでもですからね。
全くエライ話です。

そしてもひとつ有名なのが開始早々に得点が入る事。
ロナウドの伝説のゴールを筆頭にラウルやアグエロも決めています。

そんな歴史はこの日も繰り返されました。
ニステルが開始35秒で振り向き様のミドル弾。
そしてまたもアトレティコは勝てなかった。。。。

試合全体を振り返ると、まぁマドリーの勝利は順当とも言えますが、ロスタイムのPKって・・・。
ペレアとニステルの退場も不当やと思うし、ニステルのオフサイドで取り消されたゴールも不当。
審判が試合後の話題になるのは避けられないでしょうな。
アトレティコが良い感じで攻めてた時間帯に審判自身の治療でゲーム中断したしね。

アトレティコは後半開始から怒濤の攻めを展開したのですが、その時に決めておきたかった。
前半は全然ピリっとしなかったのに、後半は見違いましたからね。
思い切って最終ラインを実質2枚にし、ハイペースで厚みをもたせて攻めたのが功を奏しました。
だからこそ、ここで決めておきたかった・・・。
アグエロも南米予選で疲れてたんかなぁ〜。
あと終了間際のシモンの直接FK弾は劇的で、かつてのアルベルティーニを思い起こさせもしましたが、あそこであんなに時間使って喜んでほしくはなかった。
ホームだし勝たんとね。
まだ時間は5分ぐらいあったわけやし。
この同点弾をさかいにペースダウンしちゃって、結局攻め込まれちゃったからね。

それにしてもPKイグアインが蹴るんや。
ニステル、ラウルがいなかったとはいえ、ラフィじゃないんや。
カメラもラフィの表情をとらえてたので、てっきりラフィかと。
イグアイン成長したね。

|

« アトレティコ×バルサ 99-00 Liga 第35節 | トップページ | ビルバオ×バルサ 08-09 Liga 第7節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マドリードデルビー 08-09 Liga 第7節:

« アトレティコ×バルサ 99-00 Liga 第35節 | トップページ | ビルバオ×バルサ 08-09 Liga 第7節 »