« バルサ×アトレティコ スーペルコパ 96-97 1st leg | トップページ | 突然の終焉 »

2008年11月29日 (土)

シティ×アーセナル プレミア 08-09 WEEK14

マンチェスター・シティ 3 - 0 アーセナル
G:アイルランド(45+1分)、ロビーニョ(56分)スタリッジ(90+2分、PK)  
マンチェスター・シティ:ハート、サバレタ、リチャーズ、R・ダン(C)、ガリード、コンパニ、S・ライト・フィリップス、アイルランド、ヴァッセル(73分、エラーノ)、ロビーニョ(82分、ハマン)、ベンジャニ(88分、スタリッジ)
SUB:シュマイケル、オヌオハ、ベンハイム、エバンス

アーセナル:アルムニア(C)、G・ホイト(60分、ラムジー)、ジュル、シルヴェストル、クリシー、デニウソン、ソング、ディアビ(69分、ベラ)、ナスリ、ファン・ペルシー、ベントナー
SUB:ファビアンスキ、ウィルシェア、ギブス、ランズベリー、シンプソン

両チーム共に結構上手くいっていない感じのチーム状態なので、オモシロい試合になると思って拝見しました。
ホームのシティは、プレミアここ最近4試合で1分3敗とダメダメ。
しかもその全ての試合で2失点してます。
大型補強で大注目されましたが、気が付けば降格ラインとの勝ち点差は僅かに1です。

一方のガナは、今季エミレーツで上手くいっていない。
過去負けた事は殆ど無かったハズなのに、ハルシティに続いて前節はアストンビラにも苦杯を舐めました。
スパーズとの引き分けなんかもあったし、なんかホームで勝てん。
首位のチェルシー、リバプールとの勝ち点差は、早くも9であります。
しかも内紛まで勃発してるらしく、この日は主将のギャラスが帯同していません。
セスクも出場停止だし、頼みのアデバヨールも怪我。
他にもサニャ、トゥレ、ロシツキー、エドゥアルド、エブエ、ウォルコットが怪我してます。
というヤバい状況です。
だから先発も若いメンバーだし、控えも若い選手ばかり。
こりゃ観ないとね。

んな訳で、試合開始。
やはり両チーム共に、あんまり良いチーム状態ではありませんでした。
なんせミスが多い、アウトオブプレーが多い、リズムを作り出せない。
ガナの方は、原因が明白で、これはやっぱりセスクがいないからでしょう。
デニウソンとソングでセンターハーフ組んでましたが、彼等にゲームを作れというのは無理な話。
ボールが収まるのはナスリだけで、彼だけが"違い"を作り出せていました。
解説の川勝さんは、ナスリを中央に持っていってゲームメイクさせた方が良いんじゃないか?って言ってまして、私も同じ事を思っていたのですが、そんな事をベンゲルが思いつかないハズもないやろうし。
ベンゲルにはベンゲルなりの考えがあるんでしょうな。
色々先も見据えてやらなアカンやろうし。

シティの方は、あからさまにヴァッセルがブレーキでした。
彼の所でチャンスが潰れまくり。
シティの布陣としては、4-3-3で右ヴァッセル、左ロビーニョ、中央ベンジャニで3トップを組んでいる感じ。
なんですけれど、この布陣がそもそも如何なもんかと。
ロビーニョと他2人のレベルが違いすぎるっつうかね。
SWPが中盤3センターの役目をこなしていたんですが、ここにエラーノ入れてSWPを右WGに上げた方がスムーズな気がするんですがね。
確かにSWPは、このポジションでも上手くやってましたよ。
チェルシー時代でも、ここでしっかり結果出してたし、この日もロビーニョへのアシストパスなんか最高やったからね。
勿論ロビーニョのループシュートも最高でしたが。
ただ個人的にはSWPがガンガンにサイドをえぐる姿を観たいのよね。
あの抜群のスピードで。
エラーノは監督批判したらしく、使いたくない気持ちも解りますが、こちらから言わせてもらえば監督を批判したくなる気持ちも解る。
だってこの日もエラーノ途中から出てきましたが、やっぱエエパス連発してたもんね。
ヴァッセルは昔は代表でもそこそこ結果残してた気がするのですが、なんだかね。

まぁそんなシティが3点も取って勝てたのも、やっぱガナのチーム状態の悪さでしょう。
1点目なんてクリシーのクリアミスですからね。
前節も2点取ってるアイルランドとしては、こんなミスを見逃す訳もないしね。
クリシーは全体的には良い選手で、私もアビダルの代わりにバルサに欲しいと思っていた時期もありましたが、やっぱりミスが多いよね。
スピード、運動量、1対1の対応とかは問題無いのですが、軽率なプレーがね。
まだ若いから伸びしろは充分で成長したら、オモシロい選手にはなると思うのですが。
それはベントナーも一緒かな〜。
この日も決定機外したり、決定機に持っていけなかったりと散々でした。
能力は間違いなくあるんでね〜。

それに対してシティの若手スタリッジは出場数分で結果を残しましたね。
エリア内での突破でPKを獲得すると、これを自ら志願して蹴り込みました。
川勝さんは、こういう姿勢は素晴らしいと仰ってましたが、これには賛成出来ません。
いや、賛成出来ないというか時と場合によるんではないかと。
この日の様に2点リードしてる状況のロスタイムならば、本来のPKキッカーであるエラーノに直訴するのも、まぁアリだとは思いますよ。
例え失敗したとしても、まぁ勝利は揺るぎないやろうから。
しかしながら、これが何時でもどんな状況でも「自分で獲得したPKは自分が蹴る」みたいな事を皆が言い出したらチームがバラバラになるんじゃないか、とね。
だから「自分をアピールする姿勢が素晴らしい」と一概に言うのも、「こういう姿勢が日本人に足りない」とか言うのもどうかと。
チームの決め事、約束事、ルールを守る事も大事だと思うんですよ。

という訳で、シティにとってはこのタイミングでガナとやれた事は幸運でしたね。
アーセナルに勝った、ってのは自信にもなるやろうし勢いもつくでしょう。
自分達の状態が悪かったので、尚更ね。
一方のガナーズは無得点で連敗。
連敗なんて久しぶりじゃないのかな?
次はCLを挟んで、アウェイでチェルシー戦ですか。
これはキツいね。タイミング悪いね。
幸いにもCLは勝ち点で少し余裕があるので無理しなくても大丈夫ですけど。

|

« バルサ×アトレティコ スーペルコパ 96-97 1st leg | トップページ | 突然の終焉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シティ×アーセナル プレミア 08-09 WEEK14:

« バルサ×アトレティコ スーペルコパ 96-97 1st leg | トップページ | 突然の終焉 »