« レクレ×バルサ Liga 08-09 第11節 | トップページ | アーセナル×ユナイテッド プレミア 08-09 WEEK12 »

2008年11月29日 (土)

バルサ×ヘタフェ Liga 08-09 第12節

バルセロナ 1 - 1 ヘタフェ
G:Se・ケイタ(71分)  マヌ・デル・モラル(19分)  

バルセロナ(4-3-3):バルデス、ダニエウ・アウヴェス、ピケ、プジョル(C)、シウヴィーニョ(72分、グジョンセン)、トゥレ・ヤヤ、チャビ、Se・ケイタ、エトー、ボージャン(55分、ペドロ)、A・フレブ(55分、アンリ)
SUB:ピント、カセレス、ブスケス、V・サンチェス


ヘタフェ(4-4-1-1):アッボンダンシエリ、コントラ、D・ディアス、マリオ、リヒト(68分、ラファ)、カスケロ(C)(82分、チェレスティーニ)、ポランスキ、グラネロ(63分、ダビド・コルテース)、ガビラン、アルビン、マヌ・デル・モラル
SUB:ハコポ、グロン、ソルダード、I・ウチェ


リーガでの連勝は、このエンパテで止まってしまった訳ですが、まぁしょうがないでしょ。
ハッキリ言って、バルサイレブンの動きよりもヘタフェイレブンの動きの方が良かった。
決定機だってヘタフェの方が多かったんじゃないかな?
正直負けなかっただけ良かったよ。
カンプノウで負けるってのはサイアクやからね。

で、そうなった原因は明白です。
まずヘタフェの方がファイトしていました。
攻守にね。
動きの量が全然違いましたよ。
守る時は守り、攻める時は攻める。
カウンター一辺倒になる訳でも、引き篭もって守り倒す訳でもなく、非常にバランスが良かった。

んじゃぁ何故バルサは戦えていなかったのか?
これはもう気持ちの問題なんじゃないのかな?
そりゃメッシ、イニエスタ、アンリが先発にいないという戦力的な面もありましたが、やはり翌週から始まる強豪との連戦に気持ちがイっていた気がします。
大一番の前の試合って結構落とし穴やからね。
懸念はしててんけど、現実になってしまいました。
だからそういう意味でも、勝ち点1だけでも拾えたのは大きいですよ。


バルデス:マヌのミドルシュートは止めてほしかったなぁ・・・
アウベス:ナイスクロスで同点ゴールをアシスト。やはり抜群の攻撃力です
ピケ:痛恨のパスミスから失点。でもそれ以外は高さも効いてたし、CKから惜しいヘディングもあった。相手がパトじゃなかったら・・・
プジョル:効果的な攻め上がりもあったし、守備も問題無かった
シウビーニョ:途中交代は無念でしょうね。鋭いミドルシュートとかあってんけどね
ヤヤ:最近展開力、パス能力も向上しててんけど、この日はあんまりでした。
チャビ:ヤヤとケイタが併用された中盤では彼だけが頼りになってきますね
ケイタ:値千金の同点ヘッドはお見事。終盤には左ラテラルもこなしました
エトー:バー直撃ミドルなど存在感はたっぷり
ボヤン:殆ど何も出来ず。気合いが空回りした結果かな。とりあえず今日は泣いとけ。そしてそれをチカラに変えてくれ
フレブ:非常に立場が危うくなる低パフォーマンス。ボヤンとサイドを入れ替えた後半はまぁまぁでしたけどね


アンリ:流れを引き寄せるプレーを連発しました。シュート以外は流石クラックというものばかりでしたね
ペドロ:アンリ同様に良い切り崩しで相手に脅威を与えていました。負傷明けで久々のリーガやったけどブランクを感じさせず
グジョンセン:中盤に安定をもたらし、リズムを作れていましたよ

|

« レクレ×バルサ Liga 08-09 第11節 | トップページ | アーセナル×ユナイテッド プレミア 08-09 WEEK12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルサ×ヘタフェ Liga 08-09 第12節:

« レクレ×バルサ Liga 08-09 第11節 | トップページ | アーセナル×ユナイテッド プレミア 08-09 WEEK12 »