« 突然の終焉 | トップページ | シティ×ユナイテッド プレミア 08-09 WEEK15 »

2008年11月30日 (日)

セビージャ×バルサ Liga 08-09 第13節

セビージャ 0 - 3 バルセロナ
G:エトー(20分)、メッシ2(79分、90+2分)

セビージャ(4-4-2):パロップ(C)、モスケラ、スキラシ(74分、レナト)、エスキュデ、F・ナバーロ、ファシオ、マレスカ(63分、ロマリッチ)、デ・ムル(54分、ディエゴ・カペル)、アドリアーノ、カヌーテ、ルイス・ファビアーノ(86分、退場)
SUB:ハビ バラス、ドラグディノヴィッチ、コンゴ、ドゥーシェル

バルセロナ(4-3-3):バルデス、ダニエウ・アウヴェス、ピケ、マルケス、プジョル(C)、トゥレ・ヤヤ、チャビ(88分、グジョンセン)、Se・ケイタ(75分、ブスケツ)、エトー、メッシ、アンリ(89分、A・フレブ)
SUB:ピント、カセレス、シウビーニョ、ボヤン


いや〜、見応えのあるエエ試合でしたね。
やっぱり強豪チームとの対戦はオモロい。
結果的なスコアだけ見ると、圧勝、楽勝にうつるかもしれませんが、実際は違いましたからね。
前半での際どいプレーがPK判定になっていたら、とかバーを直撃したシュートが入っていたら、とかを思うとね。
セビージャ側からしたら、エトーの先制ゴールも運が無かったと思ってるやろうし。
チャビが右のスペースに出したボールがナバーロに当たってエトーに転がってきた感じやったからね。
そういう意味では、バルサが1点リードして前半を折り返したのは幸運と言えば、幸運で正に勝負は紙一重だったと思います。

ただセビージャが後半上手く噛み合ってなかったのも事実でして。
交代の効果的なカードがあんま無かったよね。
ヘスース ナバスもサスペンションだし、豪華FW陣も怪我か何かよく知らないんですけどいてないですし。
そこに救われたのもありましたよね、バルサとしては。

あとはメッシ、エトーの個人能力が試合を決めましたよね。
エトーの1点目のルーズボールに対するあの反応!!
メッシのボールを持ち出してからの振り切り!!!
そしてロスタイムに決めた抜け出してのシュートの正確性!!!
全てがゴラッソでしたね。

それにしても今季のアウェイでの強さは、ライカー時代末期とは比較にならんね。


バルデス:こういう試合では必ず失点していた様なイメージがありますが完封
アウベス:古巣対決に燃えたのか、この日のMVPに推したいぐらいの働きぶりでした。アドリアーノとのマッチアップはオモシロかったです
ピケ:あわやペナルティのプレーとか不要なハンドで黄紙とか危ないプレーはありましたが、まぁ頑張ってはいたよ
マルケス:強力2トップを封じ込めたんでね。
プジョル:デムル、カペルを相手に大人の対応を見せつけましたよ
ヤヤ:ケイタとのコンビもこういう試合では良い感じやね
チャビ:マレスカの徹底マークに苦しめられましたが、メッシへのアシストは見事でした
ケイタ:ブーイング浴びちゃってましたね。そういう意味でもミドルシュート決めたかったやろうけど
エトー:初速に改めて驚きました。速すぎるやろっ!!後半にドフリーの場面で外したのがご愛敬にうつる程、やっぱり効いてた
メッシ:1点目のミドルも素晴らしかったですが、2点目も衝撃でしたね。得点するまではイライラする場面も目立ってましたが、怒りをチカラに変えたのでしょうか
アンリ:相変わらずフィニッシュが拙いぞ。それ以外はキープも突破も出来てたし、リズムを作り出していたと思うのですがね


ブスケツ:最大の仕事はルイファビを退場に追い込んだ事でしょうか。試合重ねるごとに何かふてぶてしくなっていってる。既に全盛期のモッタより頼れる感じ。色んな意味でね
グジョンセン:ロスタイム含めても数分のプレーでしたが、良い感じで試合に参加出来ていました
フレブ:絶妙なスルーパスで3点目をアシストしました。ようやくシュツットガルト時代によく見たプレーをバルサで出せましたね

|

« 突然の終焉 | トップページ | シティ×ユナイテッド プレミア 08-09 WEEK15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セビージャ×バルサ Liga 08-09 第13節:

« 突然の終焉 | トップページ | シティ×ユナイテッド プレミア 08-09 WEEK15 »