« オサスナ×バルサ 08-09 Liga 第18節 | トップページ | バルサ×デポル 08-09 Liga 第19節 »

2009年1月19日 (月)

バルサ×デポル 01-02 Liga 第26節

バルサ 3-2 デポルティーボ デ ラ コルーニャ
G:ルイスエンリケ(16分)、サビオラ(72分)、クライフェルト(86分)  トリスタン(9分)、セルヒオ(66分)

バルサ(4-3-3):13レイナ、24プジョル、17クリスタンバル(61分、4P.アンデション)、3F.デ ブール、12セルジ(C)、8コクー、21ルイスエンリケ(68分、15ロッシェンバック)、28モッタ、7サビオラ(90+1分、2ライジハー)、9クライフェルト、10リバウド
SUB:1ボナーノ、6チャビ、18ガブリ、22ジェオバンニ  監督:レシャック

デポル(4-2-3-1):1モリーナ、12スカローニ、5セサール、4ナイベト、15カブデビラ、23ドゥシェル、6マウロシルバ、18ビクトル(82分、8ジャウミーニャ)、21バレロン(61分、16セルヒオ)、11アマビスカ、9D.トリスタン(80分、7マカーイ)
SUB:13ヌーノ、3ロメロ、24エクトル、14エメルソン  監督:イルレタ


大変おもしろい試合でした。
リアルタイムで当時この試合を観た気もするのですが、特にレポも残ってないし、コパデルレイ対アトレティコ2nd legの放送まで時間もあったので観戦してみました。
なんつっても、この時代のデポル大好きですしね。
もうデポルのメンバー見ただけでもワクワクします。
一方の我がバルサといえば暗黒時代真っただ中な訳でありまして、この試合でも良い場面と悪い場面が多数見られました。

やっぱディフェンスが良くないよね。
この日の2失点も完全なミスですから。
1失点目はクリスタンバルの対応がユルユル。
軽過ぎで、あっさりとトリスタンにシュート撃たせてしまいました。
2失点目もフランク兄さんとアンデションの呼吸が全く合ってませんでした。
2人の間にポッカリと空いたスペースを突かれてセルヒオにヘディングを許してしまいます。
バレロンに代わって中盤の守備力強化で入ったセルヒオに簡単にスペース使われてしまってますからね。。。。

ただ一応バルサTVなんで、この試合の主旨は「バルサの逆転勝利」であります。
常に先手を取られる試合展開の中で、最終的には逆転したよ〜、って試合です。
まず先制点を奪われてからは、割とすぐに追いつけました。
リバウドのFKをエンリケ兄貴が縺れながらも合わせて同点に。
兄貴があんまり喜んでいなかったところを見ると狙いではなく当たっちゃったみたいな感じでしたが、まぁ兄貴の気合いで入ったのですよ。
ただこのままの勢いで逆転出来ない所が、この時期のバルサでしてね。
デポルの堅陣を破れないというよりは、バルサのアイディア不足な感じでした。
サビオラ、クライフェルト、リバウドという懐かしの「トリデンテ」は息が合ってるようで合ってないですし、セルジとプジョルは上がりまくるのですが、最後の所が迫力不足。
珍しくコクーが目立たず、モッタ、エンリケ兄貴と構成する中盤も、スーペルデポルの中盤と比べると贔屓目に見ても落ちる。

まぁそれでも逆転出来たのはトリデンテの能力とサイドのオーバーラップが効いたからでした。
コネホの得点は99%リバウドのゴラッソでして、2度ボールを宙に浮かせてDFとGKをかわした時点で勝負アリ。
サビオラはただ入れるだけでした。
決勝弾は珍しくプジョルのアタックが上手くいった産物。
DFをかわして左足でのセンタリングがクライフェルトのダイビングヘッドを呼び込みました。
クライフェルトは単独ドリブル突破とか相変わらずスーパーなプレーをこの日も見せていましたが、終了間際ようやく苦労が実りました。

イルレタは何とも言えん顔してたなぁ・・・・。

|

« オサスナ×バルサ 08-09 Liga 第18節 | トップページ | バルサ×デポル 08-09 Liga 第19節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルサ×デポル 01-02 Liga 第26節:

« オサスナ×バルサ 08-09 Liga 第18節 | トップページ | バルサ×デポル 08-09 Liga 第19節 »