« バレンシア×ビジャレアル 08-09 Liga 第18節 | トップページ | オサスナ×バルサ 08-09 Liga 第18節 »

2009年1月13日 (火)

ユナイテッド×チェルシー 08-09 プレミア WEEK21

マンチェスター・U 3 - 0 チェルシー
G:ヴィディッチ(45+1分)、ルーニー(63分)、ベルバトフ(87分)
 
マンチェスター・U(4-4-2):ファン・デル・サール、G・ネヴィル(C)、ヴィディッチ、エヴァンス、エヴラ(66分、オシェイ)、D・フレッチャー、ギグス(79分、キャリック)、朴智星、C・ロナウド、ベルバトフ、ルーニー
SUB:クスチャク、アンデルソン、スコールズ、ウェルベック、テベス

チェルシー(4-1-4-1):P・チェフ、ボジングワ(64分、ベレッチ)、R・カルヴァーリョ、テリー、As・コール、ミケル、J・コール(85分、ディ・サント)、ランパード、バラック、デコ(HT、アネルカ)、ドログバ
SUB:クディチーニ、イバノビッチ、P.フェレイラ、カルー


Giggs

やっぱり同じぐらいのチカラでしたね。
流石はBIG4直接対決です。
でも結果だけ見たらユナイテッドの圧勝。
チェルシーは決定機と呼べるようなチャンスを思い出せないぐらい無かったからね。
1点も取れなかったのには納得出来ます。
でも最初に実力伯仲みたい事を書いたのは、何故かというと中盤の鬩ぎ合いではヒケを取っていなかったから。
それに最終ラインも3点取られた結果から考えると矛盾しますが、よく抑えていたしね。
3失点の内2つはセットプレーだし。
ロナウドはボジングワに突破の仕方を読まれている様な感じだったし、ルーニー&ベルバトフもリッキー&テリーに基本的にはチェックされていました。
ただ決めるところで決めたのはユナイテッドFWは称賛に値します。
特に2点目。
エヴラのセンタリングに、ニアでベルバトフが突っ込みDFを引きつけ、ファーでルーニーが合わせたんですが、この場面では2トップの呼吸が完璧でしたから。

チェルシーは交代選手が上手く機能してませんでしたね。
後半から入ったアネルカは最後までドログバと好連携を披露出来なかったし、ベレッチは何故投入されたのかすら良く解らずじまい。
先程も書きましたが、ボジングワがよくロナウドを抑えてましたからね。
ベレッチになってからロナウドの突破が成功し、そこから3点目に繋がったのは象徴的でしたよね。
ディサントは残り時間も少なかったので何も出来なかったうえ、ベルバトフのマークを外して3点目を献上。
そもそもフェリポンスタイルの中枢を担ってるであろうデコを何故前半だけで代えたのかも良くワカラン。
怪我?
デコが全てだとは言いませんが、前半の方が後半より良かったしね。
ユナイテッドはこれからも過密日程が続きます。
この勝利に酔いしれている場合じゃないところが、何ともね。

|

« バレンシア×ビジャレアル 08-09 Liga 第18節 | トップページ | オサスナ×バルサ 08-09 Liga 第18節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユナイテッド×チェルシー 08-09 プレミア WEEK21:

« バレンシア×ビジャレアル 08-09 Liga 第18節 | トップページ | オサスナ×バルサ 08-09 Liga 第18節 »