« インテル×ミラン 08-09 セリエA 第24節 | トップページ | バルサ×ヒホン 08-09 LIga 第22節 »

2009年2月21日 (土)

スパーズ×アーセナル 08-09 プレミア WEEK23

トッテナム 0 - 0 アーセナル

トッテナム(4-4-2):クディチーニ、チョルルカ(74分、シンボンダ)、ドーソン、ウッドゲイト、アス・エコット、ジェナス、W・パラシオス、A・レノン(87分、ターラブト)、モドリッチ、パヴリュチェンコ(64分、D・ベント)、ロビー・キーン(C)
SUB:ゴメス、ベイル、ゾコラ、ハドルストーン

アーセナル(4-4-2):アルムニア、サニャ、K・トゥレ(C)、ギャラス、クリシー(87分、ギブス)、ソング、デニウソン、エブエ(37分、退場)、ナスリ、アデバヨール(38分、ベントナー)、ファン・ペルシー
SUB:ファビアンスキ、エドゥアルド、ラムジー、ジュル、アルシャビン


この試合を観たくなった要素は色々あります。
まずは単純にノースロンドンダービーやから、熱い試合になるやろう、って事。
前回のエミレーツの試合は見逃したのですが、ダービー史上に残るもんやったらしいしね。
実際ハイライトだけでもエゲツなかったし。
んでから冬の移籍マーケットでの話題性が充分やったって点。
スパーズは出戻り祭りでデフォーにキーンにシンボンダと、何か見境無いねぇ、って感じ。
クディチーニとかパラシオスとか出戻り以外でも的確な補強してますがね。
まぁ何と言ってもキーンでしょ。
出戻りでいきなりキャプテンとはね。
デフォーが怪我しなかったら多分実現しなかったであろう移籍やけど、レッズもよく放出を決意しましたね。
フィットしてなかったとはいえ、法外な移籍金払った訳やし。

ガナの方はアルシャビンでしょ。
ベンゲルが冬に動く事自体珍しい上に、大金使いましたしね。
攻撃の中心選手が軒並み負傷で戦線離脱していってる状態なので、ベンゲルとしても背に腹は変えられなかったんでしょう。
まぁ早速デビューとはいかんかったけど、エドゥアルドも戻ってきたし層は少しは厚くなったかな。
でもアデバイヨルの怪我は心配ですね・・・。
長引かなきゃいいけど。

そんなアデバイヨルの負傷退場とエブエの不要なダブルイエローで、今回のダービーは守勢に回らざるを得なくなったガナ。
試合の最初の方は撃ち合いの形相をていしていましたが、以降は頼りないベントナーと相変わらず好調な試合とそうでない試合の波が激しいファンペルシとでは複数得点が望めない展開になりました。
ナスリだけじゃキツイよな。
ってなるとスパーズのゴールラッシュとなってもオカシくなかったのです。
50分以上も数的優位やった訳やし。
ですがノースロンドンダービーにしては珍しくスコアレスドローになってしまった原因は、やっぱスパーズのイケてなさでしょ。
下位を彷徨っているだけの事はあります。
ミスが多過ぎます。
パスミス、シュートミス、トラップミス、判断ミス。
こんなんのオンパレードじゃ得点なんて無理無理無理。
ハリーマジックって何??って感じだわ。
サイドで光り輝いていたレノンを変えた意味もようワカランし。
一時の勢いが失せてるのも解る気がするなぁ。
タレント力、資金力から考えると、今の成績は非常に勿体無いよね。
ガナとしては助かった試合やけど、こちらも今後を考えると不安だねぇ。

|

« インテル×ミラン 08-09 セリエA 第24節 | トップページ | バルサ×ヒホン 08-09 LIga 第22節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スパーズ×アーセナル 08-09 プレミア WEEK23:

« インテル×ミラン 08-09 セリエA 第24節 | トップページ | バルサ×ヒホン 08-09 LIga 第22節 »