« ベティス×バルサ 08-09 Liga 第23節 | トップページ | バルサ×エスパニョール 08-09 Liga 第24節 »

2009年2月22日 (日)

日本代表×オーストラリア代表 2010FIFAワールドカップ・アジア最終予選 第4節

日本 0-0 オーストラリア

日本:都築龍太、中澤佑二(C)、田中マルクス闘莉王、長友佑都、内田篤人、中村俊輔、遠藤保仁、松井大輔(57分、大久保嘉人)、長谷部誠、玉田圭司、田中達也(83分、岡崎慎司)
SUB:川島永嗣、寺田周平、橋本英郎、今野泰幸、巻誠一郎

オーストラリア:シュワルツァー、チッパーフィールド、ムーア、ニール(C)、ブレシアーノ(90+2分、カーニー)、ケーヒル(85分、ケネディ)、クリナ、グレッラ、バレリー、ウィルクシャー、ホルマン(64分、ガルシア)
SUB:ペトコビッチ、ノース、ジェディナク、マクドナルド


日本代表の試合をフルで観るなんて凄く久しぶりやわ。
いつ以来か考えると、ジーコジャパン初戦以来やね。
あの「黄金の中盤」が揃う!って試合だったジャマイカ戦。
それまでは、代表戦は殆ど観てました。
特に加茂ジャパンの頃は、見逃した試合無かったんじゃないかな。
それが何故観なくなったのか?
別にジャマイカ戦で見切りをつけた訳でもないしね、あの試合はあの試合でオモロかったし。
んで、なんで今回観たのか?
別に「観たい!」って意思で観た訳じゃないんですよ、チョットのっぴきならない事情がありまして・・・。


まぁ前置きはそれぐらいにして、およそ6、7年ぶりの代表戦。
寝てしまったらどうしよう、って不安も正直あったんですが、これはこれで楽しめましたよ。
試合以外の文句は色々あるねんけどね。
19時から放送開始やのに、実際の試合は19時20分ぐらいやったし、実況&解説は的外れで五月蠅いだけやし。
もうSMAP出てきただけで興醒めやしね。
民放やから、しゃーないねんけど試合に集中出来ない事象が多過ぎるよね。

んじゃぁ試合内容は、っていうとオーストラリアがもっと攻めてくれたらオモロかったのになぁ、ってのが率直な感想。
でもオーストラリアに攻める理由は無いんですよね。
極論で言えば、突破さえ出来ればOKな最終予選。
現在首位だし、アウェイだし、日本みたいに「リベンジ」が懸かっている訳でも無い。
それにこの試合を含めて、オーストラリアの前半4試合は3試合がアウェイ戦という不公平な日程。
だからこそ、ここで首位をキープしておくことは後半戦の展開がグンと楽になる事をも意味します。
そんな状況でリスクをかけて攻める程バカじゃないですよね。
シュート数も決定機の数も思い出せないぐらいに少なかったけど、アウェイで勝ち点1をもぎ取れたのでOKでしょう。

対して日本。
そりゃぁ勝てたら一番良かったでしょうけど、テロ朝が煽る「ホームで痛恨のドロー」って文句は納得いかないですよね。
2位でもストレートインが決まるユルい予選なんですから、現状の3位との勝ち点差を考えると全く焦る必要はありません。
「1位しかW杯行けない」っていうのなら確かに"痛恨のドロー"ですけどねぇ。
でもこれ悪いのはTV局だけじゃないですよね。
確かに数字を取りたいが為に煽ってますが、そもそも岡田が「W杯で4位以上を目指す」みたいな事を言ったのが悪い。
その発言があるから、「W杯ベスト4の為にはホームでは絶対勝たないといけない。こんな所で勝ち点を失うチームがベスト4に入れる訳が無い」みたいな論調になっちゃうのよね。
大風呂敷広げすぎやねん。
予選で全勝したからって本大会で勝てる保証なんて1つも無いんですから。

と、まぁ結果自体に悲観する必要は無いと思うんですよ、そういう理由で。
正直負けててもまだ余裕ありますからね。
じゃぁ内容はどうやったか。
相変わらず決定力不足や、とか言うてますが果たしてそうなんでしょうか。
単純に攻めのバリエーションが少ないですよね。
もっと俊輔に依存したチームになってるのかな、と思ってたんですがそうじゃなかった。
でも松井を活かす気もヤットを活かす気も無いようなスタイルに感じられたのですよ。
タツヤの頑張りに懸けても中々厳しいでしょ。
右SBの内田は相手が攻撃的じゃなかった事もあって、果敢にオーバーラップしてましたが単純にクロス上げても相性の悪い相手やったしね。
バリエーションの少なさで言うと、交代策もそう。
ヨックンと岡崎が投入されましたが、基本的に同じ役割の選手に代わっただけ。
単純にフレッシュになっただけやん、っていう。
攻撃の厚みが無い中で、どうするか?って策が見えませんでした。
でもトゥーリオの攻め上がりでそこは解消するのかな、って思ってたんですよ。
それをしなかったのは、日本側もドローでOKっていう意識があったからやろうね。

それにしてもキューウェルやヴィドゥカが観られなかったのは残念。
怪我なのか元々構想外なのか代表事情に疎いので、解らないのですがどっちにしても残念。
あとケーヒルが何故か復讐の目の難きにされてるのがオモシロかったね。
ドイツでの敗戦はケーヒルだけのせい?ちゃうやろ、って試合も観てもないけど思いました。

|

« ベティス×バルサ 08-09 Liga 第23節 | トップページ | バルサ×エスパニョール 08-09 Liga 第24節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表×オーストラリア代表 2010FIFAワールドカップ・アジア最終予選 第4節:

« ベティス×バルサ 08-09 Liga 第23節 | トップページ | バルサ×エスパニョール 08-09 Liga 第24節 »