« ハル×リバプール 08-09 プレミア WEEK31 | トップページ | もうすぐクラシコ »

2009年4月29日 (水)

セビージャ×マドリー 08-09 Liga 第33節

セビージャ 2 - 4 レアル・マドリード
G:レナト(17分)、ディエゴ・カペル(80分)  ラウール3(45+1分、63分、66分)、マルセロ(90+2分)

セビージャ(4-2-3-1):パロップ(C)、アドリアーノ、D・プリエト、エスキュデ、F・ナバーロ、ドゥシェル(60分、ルイス・ファビアーノ)、ロマリッチ(80分、マレスカ)、ヘスース・ナバス、レナト、ペロッティ(65分、ディエゴ・カペル)、カヌーテ
SUB:ハビバラス、モスケラ、コンコ、A.コネ

レアル・マドリード(4-2-3-1):カシージャス、セルヒオ・ラモス、F・カンナヴァロ、C・メツェルダー、M・トーレス、L・ディアッラ、ガゴ、イグアイン(85分、ファン・デル・ファールト)、グティ(78分、ハビ・ガルシア)、マルセロ、ラウール(C)(68分、フンテラール)
SUB:ドゥデク、サルガド、ドレンテ、サビオラ

う〜ん、なんだかんだで勝ちよるなぁ〜、マドリーは。
序盤は一方的なセビージャペースだったんですよ。
右のヘスースナバスと左のペロッティのサイドアタックが効きまくってて、マドリーを圧倒してました。
もう手も足も出ません、って感じやったもんね。
そんな中でペロッティのセンタリングをレナトが頭で決めてセビージャ先制、って展開になるんですけど、そりゃ当然ですよ。
更に畳み掛けるセビージャ。
ここで2、3点取っとかないと、後々ややこしい事になるよ〜、って思ってたんですよ。
まぁ心配は残念ながら現実となってしまいました。
セビージャは前半の半ば過ぎぐらいから、動きがガクッと落ちたのよね。
チョット早過ぎるやろ、って思ってたんですけど、そっからはもうペースを取り戻せませんでした。
前半終了間際にラウルに執念で同点弾をねじこまれます。
チャンスらしいチャンスも殆ど無かったのに、よく追い付きますよね。

こうなると、ファンデ・マドリーの得意パターンか。
ラウルのシュート技術、抜け目無さが光り一気に逆転します。
2点目のボレーなんか凄く難しそうやったし、3点目もパロップのファンブルをしっかりと詰めました。
1-3となった事で静まりかえるサンチェス ピスファン。
ファンデにブーイングを浴びせる元気すら無くなってました。
前半途中までは夢心地やったろうけど、脆いよセビージャ。
崩れるのが早過ぎる。
ルイファビ、カペル、マレスカとタレントを投入して反撃を試みるものの、セルヒオラモスのミスを突いて1点返すのが精一杯でした。

ロスタイムには前がかりになった所をカウンターでマルセロに突かれて4失点目。
4連敗もさることながら、3失点、4失点、4失点ですからね。
安泰だったCL圏内が怪しくなってきました。
ハッキリ言って前節、そして今節と連続で観ましたが立て直しの効かなさは致命的ですよね。
ペロッティを筆頭にオモシロいタレントはドンドン出てくるんですが、それがチームに上手く反映されないというか。
監督の問題か!?

一方のマドリーは、これでまた連勝が伸びました。
負け試合を逆転していってるのも勢いつきますよね。
これでバルサとの勝ち点差は4。
次はクラシコです。
結局前のクラシコで負けてから、1回も負けませんでした。
驚異的やね。
マドリーの中ではクラシコで勝利し(ついでに直接対決成績も上回り)、勝ち点差1で残り4試合、っていう皮算用は出来てる筈。
そうはいきませんよ〜、って事でまぁオモシロくなってきた、と余裕でかまえときましょか。

Fande


                                       
↑↑↑↑↑↑
今は正にこんな状態ですな・・・


|

« ハル×リバプール 08-09 プレミア WEEK31 | トップページ | もうすぐクラシコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セビージャ×マドリー 08-09 Liga 第33節:

« ハル×リバプール 08-09 プレミア WEEK31 | トップページ | もうすぐクラシコ »