« アーセナル×チェルシー 08-09 プレミア WEEK33 | トップページ | ビルバオ×バルサ 08-09 国王杯 決勝 »

2009年5月23日 (土)

マジョルカ×バルサ 97-98 Liga 第6節

マジョルカ 0-1 バルサ
G:ルイスエンリケ(6分)

マジョルカ:1キケ、14オライソラ(C)、5マルセリーノ、12イバン カンポ、21ロメロ、2メナ、23エンゴンガ、19バレロン、11スタンコビッチ、8モジャ、9アマト

バルサ:13ヘスプ、22ライジハー、3アベラルド、5F.コウト、12セルジ、26セラデス、23デラペーニャ、18アモール、21ルイスエンリケ、7フィーゴ(C)、11リバウド


ある意味、興味深い試合でしたね。
バルサTVにも関わらず、バルサの試合内容は決して良くなかった。
いや、悪かったと言った方が的確でしょうか。
攻撃では殆ど良いカタチを最後まで作る事が出来ませんでした。
得点シーンは、リバウドの弾丸ミドルをGKが弾き、そのコボレ弾をルーチョが決めるというものでした。
この幸先の良い先制弾が決まった時点では、バルサのフィエスタ試合なんかと思ったのですがね。
なにせ攻められまくり。
前半だけでマジョルカのCKは10本を超え、結局試合トータルでも20本近く蹴られました。
対するバルサのCKは、2本ぐらいやったからね。
これはバルサのスタイル、哲学から考えるとエライ数字ですよ。

バルサが勝利出来たのは、辛抱強く耐えた事と審判の判定とヘスプのPKストップかな。
審判はミスジャッジとまではいかなかったけど、微妙は判定が多かったよね。
それがことごとくバルサ有利になってから、観客としては納得がいかず。
試合の途中から、観客は審判攻撃に終始してましたもんね。
いや〜、難しい。
PK判定も、あんな雰囲気じゃなかったら取ってないかも。
でもこれでヘスプは目立てましたが。

マジョルカにバレロンがおったのは嬉しかったね。
あとカンポちゃんとかロメロとかのネタキャラも(笑)
スタンコビッチ(インテルのデキとは別人)がもう少しバレロンを助ける事が出来たら、更におもしろい試合になってたやろうけど。

 

|

« アーセナル×チェルシー 08-09 プレミア WEEK33 | トップページ | ビルバオ×バルサ 08-09 国王杯 決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マジョルカ×バルサ 97-98 Liga 第6節:

« アーセナル×チェルシー 08-09 プレミア WEEK33 | トップページ | ビルバオ×バルサ 08-09 国王杯 決勝 »