« エストゥディアンテス×バルサ 2009CWC 決勝 | トップページ | インテル×ミラン 09-10 セリエA 第21節 »

2010年2月14日 (日)

ブレーメン×バイエルン 09-10 ブンデスリーガ 第19節

ブレーメン 2-3 バイエルン

【得点経過】
1-0:(10分)中央からマリンが左サイドにスルーパス→抜け出したハントがダイレクトでゴール左上隅に蹴り込む
1-1:(25分)シュバイニがエリア手前で横パス→マリゴメがスルー→ミュラーがワントラップから持ち込んでゲット
1-2:(35分)オフサイドトラップをかいくぐって右サイドを抜け出したラームから中央へクロス→中央でマリゴメがGKと潰れる→流れて来たボールをオリッチがポストへ激突しながらも無人のゴールへ流し込み
2-2:(75分)マリンが浮き球スルーパス→反応したアウメイダがワントラップからボレー。ゴラッソ!!!!!
2-3:(78分)右サイドからロッベンがFK→中央に合わせるかと思われたが直接ゴールへ吸い込まれる


【メンバー】
ヴェルダー・ブレーメン(4-4-2):ヴィーゼ、フリッツ、メルテザッカー、ナウド、アブデヌール、フリングス(C)、ボロウスキ(58分、ローゼンベリ)、フント、エツィル、ウーゴ・アルメイダ、マリン
SUB:ファンダー、パサネン、プレードル、フセイノビッチ、ニーメイアー、モレーノ

バイエルン・ミュンヘン(4-4-2):ブット(HT、レンジング)、ラーム、ヴァン・ブイテン、デミチェリス、バートシュトゥーバー、ファン・ボメル(C)、シュヴァインシュタイガー、ロッベン(81分、クローゼ)、ミュラー、M・ゴメス、オリッチ(68分、リベリ)
SUB:ブラーフハイト、アルティントップ、プラニッチ、ティモシュク


【感想】
ブレーメン絡みの試合は、いつもオープンな展開になるので好きです。
この日も期待通りの試合展開となりました。

DFラインが浅過ぎるのよね、ブレーメン。
浅いなら浅いなりに、ボールホルダーにプレッシャーをかけたり、ラインを統率したりしないといけないんですが、それが中途半端なんで、チャンスを作られまくるんですよね。
ロッベンが外しまくってくれなかったら、大量失点でしたよ。

ただブレーメンは、それで良いのです。
そうじゃないとね。
実際ピンチの連続だったけど、先制したのはブレーメン。
マリンの崩しのパス、ハントのダイレクトのフィニッシュ、共に美しかったです。

まぁ当然の様に逆転されてしまいましたけどね。
上手くいけば、同点もしくは勝ち切れた試合だったでしょう。
ロッベンの決勝ゴールは恐らく狙ってのものじゃなかったやろうし。
ただ、確実性は低いですよね。
実際結果にも表れていないし。
でもそれがブレーメンらしさなんで。
こちらとしては90分間楽しめましたから、OKです。

P.S.ようやくリベリーが復帰。
外しまくったけどロッベンの動きは良かったので、両サイドから崩すカタチがCLまでに間に合いそうです。
でもそうなると、オリッチがベンチでしょうか?
オリッチも好調を維持してるし、マリゴメはターゲッターとして結果は出てないけど置いときたいやろうし、監督としては誰を選ぶか嬉しい悲鳴ですなぁ。

|

« エストゥディアンテス×バルサ 2009CWC 決勝 | トップページ | インテル×ミラン 09-10 セリエA 第21節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレーメン×バイエルン 09-10 ブンデスリーガ 第19節:

« エストゥディアンテス×バルサ 2009CWC 決勝 | トップページ | インテル×ミラン 09-10 セリエA 第21節 »