« ローマ×インテル 09-10 セリエA 第31節 | トップページ | バルサ×デポル 09-10 Liga 第32節 »

2010年8月21日 (土)

ユナイテッド×リバプール 09-10 プレミア 第31節

ユナイテッド 2-1 リバプール

【得点経過】
0-1:(5分)センターサークルでトーレスがボールを奪う→ジェラードへヒールパス→ジェラードはドリブルで駆け上がる→リオをかわして右サイドのカイトへスルーパス→カイトはダイレクトでセンタリング→中央でドフリーとなっていたトーレスが頭でゲット
1-1:(12分)右サイドからのバレンシアの突破をマスチェラーノが手を使って抑えてしまう→PK献上→ルーニーのPKは一度止められるが、コボレ球を再びルーニーが詰めて同点
2-1:(60分)右サイドからフレッチャーがセンタリング→中央に飛び込んだ朴智星がダイビングヘッド!!!!!!!!!

【メンバー】
マンチェスター・U(4-2-3-1):ファン・デル・サール、G・ネヴィル(C)、R・ファーディナンド、ヴィディッチ、エヴラ、D・フレッチャー、キャリック、L・バレンシア、朴智星(87分、スコールズ)、ナニ(79分、ギグス)、ルーニー
SUB:クスチャク、ラファエウ、エバンス、オベルタン、ベルバトフ

リヴァプール(4-2-3-1):レイナ、G・ジョンソン、カラガー、アッガー、E・インスーア、マスケラーノ、ルーカス(83分、ベナユン)、カイト(73分、アクイラーニ)、ジェラード(C)、マクシ・ロドリゲス(76分、バベル)、フェルナンド・トーレス
SUB:カバリエリ、キルギアコス、ケリー、ンゴグ

【感想】
BIGマッチです!!
ライバル対決です!!!
これは楽しみな対決。リバプールが先制すれば余計に試合はオモシロくなる。
んで、なった。
開始5分、トーレス先制ヘッド!!
ドフリー。
ユナイテッドDFのマークは、どないなっとんねん。
それともトーレスの動きを褒めるべき!?
まぁ両方かな。

いずれにしても試合はこれで俄然熱を帯びた。
でもマスチェラーノがブチ壊す。
ホンマにこの男はKYな野郎やで。
なんか大きな試合で全然チカラを発揮出来てないと思うんですけど。
またユナイテッド戦に退場?って思ったけど、黄紙で済んだ。
明らかにバレンシアを引っ張ってたからね。
ああいうあからさまなファウルって、イラッとするわ。
こんな奴がアルゼンチン代表の主将やってんの?とか思ってしまう。
あの気持ち悪い顔(全く選手個人の能力とは関係無く、単なる私の主観であり好みであり、いわれのない誹謗中傷である事は理解しているが言いたい!!!)で、審判に抗議してる状況にホンマにイラッとくる。
マスチェラーノがファウルした後に、キャラガーが思いっきりマスチェラーノの身体を押してるねんけど、キャラガーの気持ちは痛いほど解るよ。

まぁとにもかくにもユナイテッドがPK獲得。
レッズ先制から僅か6、7分の出来事ですよ、ホンマにもぉ〜。
絶好調ルニ夫君はこれを失敗します(流石はレイナ)が、リバウンドが彼の下に良い感じに帰ってきましてゲット。
ツイてる時はツイてますね。

これで試合は振り出しどころかユナイテッドペースに。
チャンスらしいチャンスもレッズは作れないままユナイテッドに2点目を献上します。
フレッチャーの右からの良質クロスに朴智星が2列目から飛び込み、文字通りのダイビングヘッドで決めました。

レッズは反撃の糸口も掴めないまま終了。
終了間際のトーレスのダフりが・・・、ってのはあるにしても、まぁねぇ〜。
首位争いで「絶対に勝たなければいけない」ユナイテッドとはそもそも気合の乗り方が違ったかな。

P.S.今回はヴィディッチもマスチェラーノも退場しなかった(苦笑)

|

« ローマ×インテル 09-10 セリエA 第31節 | トップページ | バルサ×デポル 09-10 Liga 第32節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユナイテッド×リバプール 09-10 プレミア 第31節:

« ローマ×インテル 09-10 セリエA 第31節 | トップページ | バルサ×デポル 09-10 Liga 第32節 »