« マンC×トテナム 09-10 プレミア 第29節 | トップページ | ビジャレアル×バルサ 09-10 Liga 第35節 »

2010年8月21日 (土)

バルサ×テネリフェ 09-10 Liga 第36節

バルサ 4-1 テネリフェ

【得点経過】
1-0:(17分)チャビが右サイドへ大きく展開→受けたアウベスが右足アウトサイドキックで中央へクロス→ズラタンが頭で落とす→メッシがGK直前で右足PUSH
1-1:(39分)プジョルからヤヤへのパスがズレる→拾われたボールがダイレクトでコメへ→コメがフリーとなっていたR.マルティネスへスルーパス→R.マルティネス、ワントラップから右足シュートで同点
2-1:(63分)右サイドをアウベスとペドロのワンツーで崩す→アウベスが中央へ入り込みスルーパス→ボヤンが抜け出し右足を振り抜く
3-1:(77分)メッシが中央からドリブル突破→ペドロへスルーパス→DFに当たり絶妙のスルーパスとなる→ペドロ左足で流し込む
4-1:(90+3分)右サイド深くからアウベスが中央へクロス→爆発的なスピードでエリア内に走り込んだメッシがこれを左足で完璧にトラップ→GK出てくるも右足でループシュート

【メンバー】
バルサ(4-3-3):バルデス、ダニエウ・アウヴェス、ピケ(HT、ペドロ)、プジョル(C)、マクスウェル、Y・トゥレ、シャビ、Se・ケイタ、イブラヒモヴィッチ(65分、ブスケッツ)、メッシ、ボージャン(80分、アンリ)
SUB:ピント、ミリート、チグリンスキー、チアゴ
怪我:イニエスタ

テネリフェ(4-1-4-1):セルヒオ・アラゴネセス、ルーナ、クレブラス、パブロ・シシリア、エクトル・サンチェス、マノーロ・マルティネス(C)、ファンル、ミケル・アロンソ、R・マルティネス(72分、オマール・ラモス)、アルファロ(83分、アンヘル)、コメ(60分、ニノ)
SUB:ルイスガルシア、マルク ベルトラン、リカルド レオン、リチ
怪我:ジネイ

【感想】
さてリーガもこの試合含めて残りは3試合。
マドリーとの勝ち点差は1のままなので全く油断を許さない状況です。

今回の相手はテネリフェ。
この時期に残留争いしてる相手とやるのは非常に嫌なもんです。
しかもミッドウィーク開催で雨が降ってるというクレが集まらない状況。
こういう試合にソシオは来ませんからね。
となると心配なのはモチベーションになります。
こんな試合で躓いてる場合じゃないのです!!!!!!!

と、まぁそんな感じでキックオフ。
試合開始からテネリフェは守りを固めてきました。
インテル同様に全員での守備。
ただインテルと決定的に違うのは個人の能力と組織の熟成度でしょうか。
水1滴も漏らさない感じだったインテルとは違って、テネリフェは水ダダ漏れって感じ。
ま、インテルと比べるのはインテルに対して失礼ですかね。
それにバルサにかかってる精神的プレッシャーも全然違いますしね。

開始早々から良いリズムでパスを回す事が出来ていたし、相手の守備もただただ人数がいるってだけなので得点は時間の問題でした。
非常に楽観視してましたが、案の定先制点ゲット。
チャビの視野の広さ、アウベスの攻撃面での個人技の高さ、ズラタンのハイボールの強さ、そしてメッシの抜け目の無さが揃ってのゴール。
フィエスタの始まりを予感させる得点でした。

しかししかし、ディフェンスラインが足を引っ張ります。
この日はピケ、プジョル共にミスが多く、相手に決定機をプレゼントしまくり。
その1つを決められてしまい、なんと試合は振り出しに。
こういうモチベーションを保つのが難しい試合でのピケのミスってのは、まぁよくあるっちゃぁあるんですがカピタンまで同じようになっちゃうとはね。
誰にでもミスはあるとはいえ、珍しい。
ただカピタンは、その後気合いで挽回するプレーを見せてくれました。
このへんは流石です。
(ピケは前半だけで負傷交代したから・・・。次に期待!!!)

さて、後半。
ヤヤをCBに下げて、ペドロを前線に投入し、攻撃での厚みを増やしたバルサ。
ここからは(いや、ここからも、か)フルボッコモードに突入します。
ボヤン、ペドロ、そしてロスタイムの最後の最後にはメッシも加点して4得点。
ポゼッションは時間帯によっては8割を超える圧倒ぶり。
アウベスは殆ど右WGで、4トップ?5トップ??ってぐらいになってましたもんね。
そのアウベスの空きスペースをペドロがしっかりカバーして、その奪ったままの流れで奪った3点目は萌えました。
ペドロやるやないか、と。
シュートの巧さもそうだけど、こういう献身的な動きが出来るのは素晴らしいよね。
状況良く見えてるし。
実質今季1部デビューで、リーガ2桁ゴールに乗せました。
お見事!

ボヤンもここの所は結果が出てるし、次節最大で最後の山場であろうセビージャ戦にも期待して良いでしょう。
そのセビージャ戦に向けて温存するんじゃないかという予想だったチャビですが、この日も怪我をおしてのフル出場。
2点差つけて試合が決まった後でのアンリの交代ですが、何故ボヤンとのチェンジだったのかは疑問。
ホントにチャビいないとヤバイよ?ペップ!!!
この日もテネリフェを圧倒出来たのは、やっぱりチャビのパスセンスがあってのもんやからね。
中3日での次の試合ですが、大丈夫なんですか〜。

ズラタンはメディアから批判を受けてますが、クレは概ね好意的でしたね。
今日もしかしたらブーイングを浴びるんじゃないかと危惧していたのですが、交代の時も拍手やったし。
先制点のアシスト含めて、動きもそんなに悪くなかったしね。
マクスウェルがプレゼントパスくれてたら、得点も決めてたやろうし。
(マックスはウラをかいてシュート狙ったんやろうなぁ。まだ今季ノーゴールやし。個人的にはOKなミスです。積極性は買いたいからね)

最後にメッシについてですが、今日の2得点でリーガ31点目。
大台に乗せました。
クラブ記録は怪物ロナウドの34得点らしいですが、後2試合でドコまで迫れますかね。
この日は最近では珍しく右サイドでのプレーが多かったですね。
相手DFが密集してたからでしょうか。
ただ先制点は中にポジションチェンジしてから。
どっちが良い、じゃなくって試合の中での洞察力、観察力がポイントでしょうか。

|

« マンC×トテナム 09-10 プレミア 第29節 | トップページ | ビジャレアル×バルサ 09-10 Liga 第35節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルサ×テネリフェ 09-10 Liga 第36節:

« マンC×トテナム 09-10 プレミア 第29節 | トップページ | ビジャレアル×バルサ 09-10 Liga 第35節 »