« エスパニョール×バルサ 09-10 Liga 第33節 | トップページ | バルサ×テネリフェ 09-10 Liga 第36節 »

2010年8月21日 (土)

マンC×トテナム 09-10 プレミア 第29節

シティ 0-1 スパーズ

【得点経過】
0-1:(83分)カブールが右サイドを突破→中央へクロス→GK弾く→クラウチが頭でPUSH

【メンバー】
マンチェスターシティ(4-4-2):フロップ、サバレタ、K・トゥレ(C)、コンパニ、ブリッジ、N・デ・ヨング、バリー(56分、ヴィエラ)、A・ジョンソン(71分、S・ライト・フィリップス)、ベラミー(84分、サンタクルス)、アデ バヨール、テベス
SUB:ネルセン、リチャーズ、オヌオハ、シウビーニョ

トテナム(4-4-2):ゴメス、カブール、ドーソン、キング(C)、アス・エコット、 ハドルストーン、モドリッチ(89分、W・パラシオス)、A・レノン(71分、ベントリー)、ベイル、クラウチ、 デフォー(81分、パヴリュチェンコ)
SUB:アルウィク、バソング、ジェナス、グジョンセン

【感想】
スパーズか、それともシティか。
CL出場の最後の椅子を懸けた大一番であります。
順延の試合なんですが、こんな所で上手い具合に直接対決になりましたよ。
いや〜、これは神様の悪戯ですね。

4位スパーズと5位シティの勝ち点差は僅かに1つ。
スパーズは勝てば、その時点で4位が確定します。
最悪引き分けでも、最終節勝てば良いので自力でなんとかなる状況。
一方のシティは何がなんでも勝たなくてはいけません。

でもシティはスパーズを苦手にしてますよね。
昨季もダブルを許してるし、今季も最初の対戦はアウェイとはいえ負けてますから。

んな状況でキックオフ。
試合は大一番らしく、非常にカタイ展開で進んでいきます。
どちらも慎重でしたね〜。
やはり懸かってるモノが大きいと大胆に行けないですよね。

ただ試合がツマラナかった訳ではありません。
試合をオモシロくしたのは両GKの頑張り。
ゴメスもフロップも好セーブ連発で、試合を締めてくれました。
特にフロップは緊急補強されたばかりなのに、目覚ましい活躍っぷりです。
(しかしシティは3人もGKが怪我するって、エラい状況やな・・・)
デフォーのアウトサイドキックシュートとか、クラウチのドンピシャヘッドとか、よく止めましたよ。
ゴメスもアダム・ジョンソンのミドルをストップしたシーンにはビックリしました。
結構ブラインドになってたと思うんですが、スパーーンと止めましたからね。

そんな感じだったので、引き分けが濃厚かな〜と思っていたのですが終了間際2つの軽いプレーがシティを奈落の底に落とします。
右サイドからのカブールの突破を、ベラミー、ブリッジがあっさりと許し、最後はクラウチに決められてしまいました。
まぁベラミーは、しゃーないわ。
むしろよく戻っていた、と守備意識の高さを褒めても良いぐらいかも。
でもブリッジは、あのディフェンスは駄目でしょ。
クロスを上げさせないようになんて全然思ってなかったでしょ。
しかもクロスが上がってからも、チョットよけてますからね。
んで、よけきれずにクロスが当たって角度が変わり、フロップは弾くのが精一杯で、リバウンドがクラウチの頭に丁度行くという最悪のパターン。
フロップを責める事は出来ないでしょう。
前に弾くのは駄目駄目ですが、直前で角度が変わってるからしょうがない。

失点シーン以外でもシティのDFとスパーズのDFじゃ断然スパーズの方が上でしたからね。
キングは目立ちまくりだったし、ハドルストーンも中盤で危険な所を良く摘んでましたから。
まぁスパーズの順当勝ちかな、胸を張ってCLに行って下さい。
予選で負けちゃ駄目ですよ〜。


|

« エスパニョール×バルサ 09-10 Liga 第33節 | トップページ | バルサ×テネリフェ 09-10 Liga 第36節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンC×トテナム 09-10 プレミア 第29節:

« エスパニョール×バルサ 09-10 Liga 第33節 | トップページ | バルサ×テネリフェ 09-10 Liga 第36節 »