« アストンヴィラ×ユナイテッド 10-11 プレミア 第13節 | トップページ | インテル×ミラン 10-11 セリエA 第12節 »

2010年11月23日 (火)

ユベントス×ローマ 10-11 セリエA 第12節

ユーベ 1-1 ローマ

【得点】
J:ヤクインタ(35分)
R:トッティ(45+0分、PK)

【メンバー】
ユヴェントス(4-4-2):ストラーリ、セーレンセン、キエッリーニ(C)、ボヌッチ、グロッソ(HT、A・トゥラオレ)、フェリピ・メロ、アクイラーニ、ペーペ、マルキジオ(76分、アマウリ)、ヤクインタ(54分、デル・ピエロ)、クアッリャレッラ

ローマ(4-3-3):ジュリオ・セルジオ、カッセッティ(HT、ロージ)、メクセス、N・ブルディッソ、リーセ、ファビオ・シンプリシオ(75分、ブリーギ)、デ・ロッシ、グレーコ、メネズ、ヴチニッチ、トッティ(C)(68分、ボッリエッロ)

【感想】
試合展開としてはヤクインタの豪快なボレーで先制したユーベが、前半終了間際にPKで追いつかれてしまい、そのままドローって感じ。
ヤクインタの先制ゴールは綺麗でしたね。
これぞユーベのCF、って感じでした。
トレゼゲもああいうの上手かったなぁ。
そのクロスを上げたのがアクイラーニってのはロマニスタにとっては悔しいところでしょうか。
アクイラーニ、ローマに戻るって選択肢は無かったんでしょうかね。

先制点を取ったヤクインタですが、後半早々に途中交代。
結果的には点取れませんでしたがクアリアレッラの方が動きとしては良かったもんね。
クアリアレッラからは何か可能性を感じるんですよね。
ストライカーって感じがします。
入らなかったけどダイレクトで狙ったロングシュートにもワクワクさせられました。

ユーベは中央の守りも堅いし、中盤ではフェリペメロも効いてるし、相変わらず負けにくいチームな感じです。
手駒のバリエーションも豊富ですしね。
怪我人が戻ってくれば尚更ですわ。

ローマも攻撃陣の多彩さでは負けておらず、中々に見応え充分。
ボリエッロなんて途中から出すには勿体無いけど、かといって誰を下げる?ってハナシですからね。
ヴチニッチは前線の起点だし、トッティはあらゆる意味で中心で、メネーズも良いアクセントになってますからね。
個人的にはアドリアーノの絡みも観たいし、ホントに贅沢なチームです。

こちらの中盤もシンプリシオとデロッシが良い働きだったし、メクセス、ブルディッソのCBコンビも良かった。
メクセスは復活してきてるみたいでなによりだし、ブルディッソはインテル時代と比べると雲泥の差ですわ。

まぁドローは妥当な結果かな、と。

|

« アストンヴィラ×ユナイテッド 10-11 プレミア 第13節 | トップページ | インテル×ミラン 10-11 セリエA 第12節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユベントス×ローマ 10-11 セリエA 第12節:

« アストンヴィラ×ユナイテッド 10-11 プレミア 第13節 | トップページ | インテル×ミラン 10-11 セリエA 第12節 »