« マドリー×セビージャ 10-11 Liga 第16節 | トップページ | スパーズ×チェルシー 10-11 プレミア 第17節 »

2011年1月 1日 (土)

ミラン×ローマ 10-11 セリエA 第17節

ミラン 0-1 ローマ

【得点】
ボリエッロ(69分)

【メンバー】
ミラン(4-4-2):アッビアーティ、アバーテ、ネスタ、ボネーラ、アントニーニ、ピルロ(22分、セードルフ)、ガットゥーゾ、アンブロジーニ(C)、K・ボアテング(86分、ロナウジーニョ)、ロビーニョ、イブラヒモヴィッチ
SUB:アメリア、ストラッサー、オッド、メルケル、ジェペス

ローマ(4-4-2):ドニ、N・ブルディッソ、メクセス、フアン、リーセ、デ・ロッシ(C)、ブリーギ、ファビオ・シンプリシオ、メネズ(82分、タデイ)、アドリアーノ(88分、ロージ)、ボッリエッロ(90+1分、オカカ)
SUB:ジュリオ・セルジオ、カステッリーニ、ピサロ、トッティ

【感想】
首位のミランは勝ち点36で、ローマはなんと勝ち点26。
既に10ポイントも開いてるんで、もうこれ以上差を開けられる訳にはいきません。
なので舞台がサンシーロだろうが、ミランがセリエで最近7試合負け無しだろうが、ローマからすれば勝たなきゃいけない試合です。
最低でも引き分けかな・・・(弱気)

そんな意気込みで臨んだのかどうかは知りませんが、結果的にはローマが追撃の3ポイントをゲット!!
でも試合序盤はミランにペースを握られてたんですよ。
圧倒的、とまではいかないまでもミランの攻撃の時間が続きました。
ローマは前線にボールすらいってませんでしたもんね。

ミランのペースが少し変わったのは、ピルロが負傷交代してからかな。
いつも通りに中盤の底から"レジスタ"としてゲームをコントロールしていたピルロ。
彼の代役ってのは正直いなくって、それは代わりに入ったセードルフの能力がどうのこうのではなく、単純に「タイプ」の意味でね。
やっぱりセードルフの主戦場は2列目なんで。
つまり戦い方が変わったのよね、どちらが良い悪いではなく。
で、結果的には上手くいきませんでした。
今回はね。
上手くいく試合もあるとは思うんですが、今回に限ってはセードルフ使うんならボアテングとロナウジーニョの交代ももっと早くにすべきだったと思います。
相性だとは思うんですが、セードルフとボアテングの2列目のコンビネーションが全然機能してなかったんで。

それにしてもズラタンもロビーニョもオフサイドに引っかかりまくってましたね。
これはローマのラインコントロールを褒めるべきなのか、ミラン側の出し手と受け手の呼吸の合ってなさを指摘すべきなのか。
両方なのかもしれませんが、とにかくラインズマンの旗は揚がりまくり。
サンシーロの客は副審に対して怒ってましたけど、リプレイで見る限り全てオフサイドやったからね。
フラストレーションの溜まったズラタンとロビーニョがノーゴールに終わったのは当然かな。
最近ゴールを連発してる2人ですが、この日は全然ハマってませんでした。
っつうか、この試合だけで判断すると何故ミランがセリエで独走してるのか理解出来ない感じになりましたけどね。
強さをあんまり感じなかったのよね。
「バルセロナデルビー」という衝撃的な試合の直後に観たからかなぁ・・・。

ローマも特別素晴らしいフットボールをしてたわけじゃないですが、とりあえずボリエッロ君はおめでとう!!
見事にミランにリベンジを果たしましたね。
シーズン前のズラタン&ロビーニョ獲得で弾き出された格好でミラノの地を後にしたわけですから、彼等を前にしてサンシーロでゲットした決勝ゴールの味は格別でしょう。
昨季だってセリエで14点も取ってるわけで、決して能力が無いんじゃないですからね。
でも一応レンタルでローマに加入してるだけなんで、ゴール後にあんなに喜んじゃって大丈夫なんかな、とチト心配にもなったり。

まぁもっと心配なのはアドリアーノかな。
この試合を観ようと思った1つのキッカケとしてアドリアーノの存在がありました。
かつての怪物の現状を知りたかったんですが、う〜ん存在感全く無かったですね。
ローマの攻撃はメネズの突破力とボリエッロの決定力だけでしたから。
全然名前が出てこなかったなぁ〜。
あの左足の爆発をもう一度観てみたいんですがね。

|

« マドリー×セビージャ 10-11 Liga 第16節 | トップページ | スパーズ×チェルシー 10-11 プレミア 第17節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミラン×ローマ 10-11 セリエA 第17節:

« マドリー×セビージャ 10-11 Liga 第16節 | トップページ | スパーズ×チェルシー 10-11 プレミア 第17節 »