« 脱エントリーリーグ | トップページ | なんとか昇格、しかし・・・ »

2011年2月 6日 (日)

転落人生

なんと、1シーズンでエントリーリーグBに落ちてしまいますた。
昇格どころかまさかの降格ですよ・・・。
えーーーーーーーーー。
チーム数が滅茶苦茶あるから、まず落ちる事は無いやろうとタカをくくってたんですが、チーム数が多いからこそ落ちるんですね。
418位で降格、見てみたら200チームぐらい落ちてるからなぁ。
いやはや、どこまで続く転落っぷり。
リーズやノッティンガムフォレストのサポってこういう気持ちだったのね。

う〜ん、どうしたもんか。
テコ入れするしかないか。
シーズン中は移籍市場静観してたんですよ。
ポイント貯めて、一気にチームをガラっと変えてやろうなんて思ってね。
ところがどっこい、ポイントって2000が上限なの!?
待てど暮らせど、一向にそれより上回らない。
じゃぁ、なんか損してる気分なんで選手入れ替えします。

今回で城彰二、ルイス・フィーゴ、リリアン・テュラム、アレッサンドロ・デルピエロ、三都主アレサンドロとサヨナラです。
そしてロマーリオ、ラウル、パウロソウザ、洪明甫をゲットです。
ラウルは2回目の加入。
ロマーリオ、パウロソウザという好みの選手が出てきて大満足です。

去った選手達・・・。
フィーゴは永く活躍してくれました。
実に在籍10年。
268試合で29得点61アシストですから立派なもんです。
評価点がどのシーズンもイマイチ上がらなかったのは、監督やシステムとの兼ね合いでしょうか。

デルピエロは昨季も14得点11アシストで気を吐いてくれたんですが、ロマーリオが出たんで代えようかな、と。

テュラムは2回目の放出ゴメンナサイ。
また出てきたら獲得します。

城も昨季は21得点、評価点もデルピエロと同じ、と結構頑張ってはくれたけどね。
ラウル出てきたんでお払い箱です。

レコバが全てのパラメータが0になってしまい放出を画策したのですが、リストアップされず。
なので仕方無く残留です。
洪明甫に20番が渡るのは、レコバが移籍してからにします。
それまでは37番で我慢するのだ。
ベルマーレ入団時を思い出してね。

もうスタート時のリーグまで下がったので、ここから落ちる事はありません。
後は昇格するのみ!!!!!

|

« 脱エントリーリーグ | トップページ | なんとか昇格、しかし・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転落人生:

« 脱エントリーリーグ | トップページ | なんとか昇格、しかし・・・ »