« インテル×ユーベ 09-10 セリエA 第34節 | トップページ | ミラン×インテル 10-11 セリエA 第31節 »

2011年4月 3日 (日)

嬉しいサプライズ!まさかの昇格!!しかし・・・

前回のエントリーで、「停滞してる」と書きましたが、まさかまさかの昇格を果たしました。
全然上がれる感触も手応えも無かったんですけどね。
何故か勝利を積み重ねる事が出来ました。

と言っても滅茶苦茶に勝ちまくったわけではない。
14勝8分8敗ですから、それなりの成績でしょ。
順位だって43位だし。
まぁその43位にすら辿り着けず何シーズンも過ごしたわけなんですが・・・。

久しぶりのC昇格。
7シーズンぶりですか(苦笑)
今回は「ハランC」です。
このまま勢い良くB、Aと昇格出来るとは思えないけどね、とても。

と思って2シーズンが経過。
やはりBへの昇格は難しい。
2シーズン連続6位どまり。
すぐに降格しなかっただけマシと言えば、そうなんですけど。
勢いつきませんわ。

次に迎えるCでの3シーズン目、もとい通算20シーズン目も恐らく昇格は無理やろうねぇ。

一応、現在のメンバー及びフォーメーションを紹介。
監督は代わらずラクテオノフ。
システムはチェコ2003の4-1-4-1です。

GKは1ヂダが正GKで、控えにアブラーモ(架空)。
ディフェンサは右から20洪明甫、17カンナバーロ、24フェルナンド・コウト、ババヤロー(架空)。
中盤はガラセクのポジションに19パウロ・ソウザで、2列目が右から6ジョルカエフ、8中田英寿、10ジダン、7C・ロナウド。
そして1トップに9フィリッポ・インザーギであります。

主な控えは中盤の14ジェレミと前線の99フェノメノ・ロナウドのみ。
他は選手個性下げる為に個性の低い架空選手を置いてます。

最近放出した選手としては、バティストゥータ、ピレス、フェラーラ。
バティは155試合で92得点と流石の得点力でした。
デルピエロと同じ得点数だし、多分ランパードに次いでチーム歴代2位の得点数な筈。
毎年2ケタ得点だったし、アシストも41と中々。

ピレスも結構貢献してくれましたよ。
22得点、40アシストと数字だけ見れば大したことないようにも見えますけど166試合に出場し低迷期の中盤を支えてくれました。

フェラーラは5シーズン在籍したのですが、スタメンだったのは2シーズンのみ。
能力が高いようで低い感じで中途半端だった印象です。
しかしながらエントリーリーグAからハランCに昇格したシーズンではフル出場を果たし、6得点と昇格の原動力となりました。
サンクス!!

   

|

« インテル×ユーベ 09-10 セリエA 第34節 | トップページ | ミラン×インテル 10-11 セリエA 第31節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しいサプライズ!まさかの昇格!!しかし・・・:

« インテル×ユーベ 09-10 セリエA 第34節 | トップページ | ミラン×インテル 10-11 セリエA 第31節 »