« オランダ×スペイン 2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会 決勝 | トップページ | レバンテ×バルサ 10-11 Liga 第36節 »

2011年5月11日 (水)

マンチェスターシティ×トッテナム 10-11 プレミア 第33節

シティ 1-0 スパーズ

【得点】
OG=クラウチ(30分)

【メンバー】
マンチェスター・シティ(4-4-1-1):ハート、リチャーズ、コンパニ(C)、レスコット、サバレタ(57分、コラロフ)、ミルナー、N・デ・ヨング、Y・トゥレ、A・ジョンソン(66分、ヴィエラ)、シルバ(83分、テベス)、ジェコ
SUB:ギブン、ボヤタ、SWフィリップス、バロテッリ

トッテナム(4-4-1-1):クディチーニ、チョルルカ、ギャラス(88分、カブル)、ドーソン(C)、ローズ、A・レノン、W・パラシオス(32分、ピーナール)、サンドロ、モドリッチ、ファン・デル・ファールト、クラウチ(78分、デフォー)
SUB:プレティコサ、バソン、クラニツァル、パヴリュチェンコ

【感想】
歴史は繰り返す。
2年連続シティとスパーズによる4位争い、つまりCL出場権争い。

歴史は繰り返す。
昨季も直接対決の試合が順延となり、シーズン最終盤での直接対決が実現した。
そして今季も同じく順延の試合が、この時期に。

歴史は繰り返す。
舞台も同じシティ オブ マンチェスター。
スコアも同じく1-0の最小得点差。
スコアラーも同じくクラウチ。

しかし歴史は繰り返さない。
昨季、試合終了後喜びに包まれたのはスパーズイレブン。
しかし今回はシティイレブンが嬉し涙に暮れた。
クラウチのゴールが勝者と敗者を分けたのは同様だが、唯一の違いは相手のゴールに入れたか自分のゴールに入れたか。

と、まぁそんな訳で2年連続となった奇妙な一戦は終了しました。
1年経って立場逆転、ってほどでもないしリーグ戦なんでこれまで積み重ねてきたもんの差なんですが。
いや~、でも去年も熱かったけど今年も熱かったね!
やっぱりこういう試合はタマランね!!!

試合自体はスパーズが圧してる時間帯も長かったので、勝機は両方にありました。
エンパテが妥当な結果だったんじゃないかな、と思ったり。
ハートのパラドンが目立ちましたが、クディチーニも素晴らしい反応見せてました。
ゴメスはベンチにも入ってませんが怪我なのか、出場停止なのか、それとも愛想尽かされたのか。
最近のミス連発をみるにつけ、構想外になったとしても不思議ではないけど。

スパーズは最後の精度がアカンかったからな~。
宇宙開発シュートが、このレベルの試合であんなに多く出るなんて思いませんでしたよ。
それだけ大きなプレッシャーにさらされていた、って事でしょうか?
惜しいシュートが止められたり入らなかったりしてたので、狙い過ぎてチカラが入ったってトコかな。
それにしてもモドリッチのシュートは惜しかった・・・。

まぁ惜しかったといえば、ビエラのが一番惜しかったかな。
ギャラスのスーパークリアが無かったら確実に入ってましたもんね。
しかもギャラスこのプレーの前に既に交代を志願してたんですよ、怪我したから。
そんな状態でよく戻れたなぁ、ってのもあって余計スーパーなプレーに見えました。

戦い方としては両チーム同じような4-4-1-1の布陣。
シティは4-3-3または4-2-3-1だと思ってたので、ちょっとビックリ。
デヨング、ミルナー、ヤヤの3センターに、A.ジョンソン、シルバの両WGでトップにジェコと思ってたんですよ。
ところがA.ジョンソンは序盤こそ右WGみたいな位置にいましたが、以降は殆ど左SHやったからね。
右SHがミルナーで、中盤センターがデヨングとヤヤのコンビ。
シルバはジェコに近い1トップ下のような感じでした。

ただこれが機能していたかどうかは正直疑問。
A.ジョンソンはサイドを崩せてなかったし、ミルナーも決勝点に絡んだとはいえ、それ以外は微妙。
シルバは自由を謳歌してるような感じで良かったですが。

同じシステムですが、やはりスパーズの方がシステムとしては機能してました。
右サイドのチョルルカとレノンのコンビは抜群だったし。
左サイドはモドリッチが中央に絞りがちになる分ローズ君が頑張ってたし。
ローズって左SB出来るんですね?
全然知りませんでした。
ってか、去年ガナ戦で弾丸ミドル決めたぐらいのイメージしか無かったから。
アスエコットとベイルもいない左サイドで奮闘してましたわ。
急造なのか、元々出来るのか不明ですが、急造だとしたらあれだけ攻守に動けるのは異常ですわ。
普通あんなに思い切ったオーバーラップ出来ないからね。

さて、とにもかくにもシティを祝福しましょか。
今回の勝利で4位以上は確定しました。
次なる目標はCLストレートインとなる3位以上かな。
3位のガナーズとの勝ち点差は2なので、残り2試合なにが起こってもおかしくないですよ。
FA杯の決勝なんかもありますが、それも良い刺激というか材料になりそうやしね。
ただ、今回もしスパーズが勝ってたら、リバプールも巻き込んで残り2試合白熱の4位争い三つ巴になってたので、やっぱりその方がオモシロかったよな~。
なので外野としてはスパーズ応援してたんですけど、まぁしゃーないです。

最後にクラウチを庇っときます。
決勝オウンゴールを決めてしまいましたが、崩されての失点だったので別にクラウチは悪くないよ。
レポ冒頭でチョット晒し者みたいにしてしまいましたけど、クラウチには責任そんなにない失点でした。


|

« オランダ×スペイン 2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会 決勝 | トップページ | レバンテ×バルサ 10-11 Liga 第36節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンチェスターシティ×トッテナム 10-11 プレミア 第33節:

« オランダ×スペイン 2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会 決勝 | トップページ | レバンテ×バルサ 10-11 Liga 第36節 »