« スパーズ×シティ 11-12 プレミア 第3節 | トップページ | バルサ×ビジャレアル 11-12 Liga 第2節 »

2011年8月30日 (火)

神戸×G大阪 2011 J1 第24節

ヴィッセル 0-4 ガンバ

【得点】
武井択也(28分)、キムスンヨン(55分)、イグノ(70分)、二川孝広(90+4分)

【メンバー】
ヴィッセル神戸(4-4-2):徳重健太、石櫃洋祐、北本久仁衛、河本裕之、茂木弘人、三原雅俊(85分、ペチョンソク)、田中英雄、朴康造、大久保嘉人、吉田孝行(C)(60分、ホジェリーニョ)、ポポ(72分、有田光希)
SUB:紀氏隆秀、近藤岳登、宮本恒靖、羽田憲司

ガンバ大阪(4-4-2):藤ヶ谷陽介、加地亮、高木和道、山口智、藤春廣輝、明神智和(C)、遠藤保仁(77分、二川孝広)、武井択也、キムスンヨン(70分、アフォンソ)、イグノ、ラフィーニャ(83分、平井将生)
SUB:木村敦志、金正也、佐々木勇人、大塚翔平

【コメント】
現在首位のガンバを迎え撃つのは、ここ最近5試合で4勝1分と好調のヴィッセル。
つまりはノリに乗ってるチーム同士の対決という事ですわ。
これは好勝負を期待出来そう、とMBSも考えたのかどうかは知りませんが深夜ながらも中継を敢行してきました。
関西ダービーやしね。
放送時間はジャスト90分、まぁCMやら何やらで10分ぐらいは削られるだろうけど、民放という事を考えれば悪くない長さ。
解説も金田喜稔さんやしね。

と、まぁわりと良い条件は揃ってたんですが、残念だったのがウィングスタジアムの芝。
TVで見る限りでもボロボロと分かるぐらいの劣悪さ。
うーん、これは・・・。

そんなピッチ状態を考えてか、ガンバはスタイルとしている(らしい)ショートパス中心の攻めを殆どやってきませんでした。
長いボール、シンプルな攻撃が多かったよね。
実際得点も、そういうカタチからやったし。
1点目も2点目もロングボールからゴールを奪いました。
3点目もカウンターやったしね。
4点目は、あの時間帯であの点差やったので戦術がどーのこーのじゃないし。

環境に合わせて戦い方を変える、というのが何とも王者らしくて腹立たしい限りです(苦笑)
それでもヤットは輝いてたけどね。
なんやかんやで彼中心。
ショートパス主体だろうが、ロングボール主体だろうが。

ガンバでは他に山口智も良かったなぁ。
まだまだ老け込む歳じゃないしなぁ。
逆に若手の藤春も思いっ切りが良くて、好印象。
1軍では2試合ぐらいしか出てないらしいけど、全然やれとったなぁ。

前線はイグノが体を張ったプレーも出来るし、技を活かしたプレーも出来るし、磐田入団当時ほどの衝撃は無いにせよ、相変わらず厄介な存在。
スピードもあるしね。

草津から強奪してきたラフィーニャも、すっかり馴染んどるしなぁ。
1点目2点目をアシストですからね。
武井、キムスンヨンと2列目からの飛び出しを上手く引き出してました。
これじゃぁアドリアーノも宇佐美もいなくなったのに、相変わらず平井の出番は無さそうやなぁ。


神戸は終始チグハグな攻め。
大久保のイライラばかりが目立ってた。
こんなんで、ここ最近4勝1分なん??とむしろ驚き。
その負け無し中に6得点と、松田直樹亡き後バーニングしてる吉田も沈黙してしまいました。
動き自体は悪くなかったと思うねんけど、なんか確変は終了しました、って感じやったね。
前線は、ポポも吉田も朴も献身的なんですが、欲を言うなら強烈な個性を持った選手が欲しい。
他の事は出来ませんがコレだけは自信あります、みたいな選手が交代カードででも良いから欲しい。
なんかアクセントが無さすぎて、正直眠たかった。
石櫃や茂木は攻撃的なラテラルなんなら、もっと上がっても良いよ。
(そういえば相馬崇人はどうなった??)
ヨッくんだけじゃキツイで。

しかも自分達のホームスタジアム(その名もホームズスタジアムやからね・・・)やのに、なんか思うように動けてないし。
敵は、しっかり順応してたのにね。


       

|

« スパーズ×シティ 11-12 プレミア 第3節 | トップページ | バルサ×ビジャレアル 11-12 Liga 第2節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸×G大阪 2011 J1 第24節:

« スパーズ×シティ 11-12 プレミア 第3節 | トップページ | バルサ×ビジャレアル 11-12 Liga 第2節 »