« ソシエダ×バルサ 11-12 Liga 第3節 | トップページ | Story Seller 新潮社ストーリーセラー編集部編 »

2011年9月14日 (水)

バレンシア×アトレティコ 11-12 Liga 第3節

バレンシア 1-0 アトレティコ

【得点】
ソルダード(52分、ミゲル)

【メンバー】
バレンシア(4-4-2):グアイタ、ミゲル、ラミ、ビクトル・ルイス、マチュー、アルベルダ(C)、ティノ・コスタ(67分、メーメト・トパル)、パブロ・エルナンデス、ピアッティ(61分、ジョルディ・アルバ)、ジョナス(70分、カナレス)、ソルダド
SUB:ジエゴ・アウベス、リカルド・コスタ、バネガ、アドゥリス

アトレティコ・マドリード(4-3-3):クルトワ、シルヴィオ、ミランダ、アルバロ・ドミンゲス(C)、フィリピ・ルイス、マリオ・スアレス(77分、ファンフラン)、ガビ、ティアゴ(64分、ジエゴ)、ファルカオ・ガルシア、アドリアン・ロペス(59分、アルダ)、レジェス
SUB: ホエル・ロブレス、A.ロペス、ペレア、P.アスンソン

【感想】
リーガにおける所謂"第2勢力グループ"同士の対決です。
今節は、「ビジャレアル×セビージ」ャという似たような趣の試合もあったのですが、結果知ってしまったのでコッチを観る事にしました。
っつか、ヂエゴ観たいし。
でもヂエゴ先発じゃなかった・・・。

ですが、まぁ気を取り直してレポ書きます。

前半は五分五分の展開。
バレンシアはソルダード中心に、ピアッティが効果的に絡み、両SBの攻撃参加をアクセントにするような攻め。
アトレティコは3トップの様な2トップの様な布陣でしたが、攻撃にあまり厚みが無し。
ファルカオが基本最前線で、アドリアンとレジェスがその周りを自由に動き回ってましたね。
若さ漲るアドリアンの飛び出しと、経験に裏打ちされたレジェスのテクニック。
緩急が効いてて、中々良かったよ。
でも、中盤のフォローが薄くてねぇ。
ガビ&スアレス&チアゴっていう構成やってんけど、チアゴが時折アクセントになるぐらいで・・・。

まぁ前半はお互いこんなもんかな、っていう感じで0-0折り返し。

さて後半、開始早々試合が動きます。
右からのミゲルのクロスを、ソルダードが頭で合わせてバレンシアが先制です。
なんでもないクロスに見えてんけど、アトレティコCBコンビは対応出来ませんでしたね。
ソルダードは、ああいうのを合わせるの巧い選手ではあるけどねぇ。

それにしてもミゲルは在籍年数長いわりにサポーターからも人気無く、代々の監督からも干される事もあったりと、なんか微妙な扱いなんですが相変わらず能力は高い。
この日も右サイドの攻撃を活性化させていたのは間違い無く彼の功績だし、守備も悪くなかったし。
素行面で色々言われてるらしいけど、うーん。
もうチョット大事にしたってもエエんちゃうんかな?

さてさて、これで試合はオモシロくなりました。
1点を追うアトレティコベンチが動いてきたからです。
マンサーノは、アルダ、ヂエゴ、ファンフランと攻撃のカードを次々と切り、勝負を懸けてきました。
で、やっぱりヂエゴが入るとオモシロくなる。
移籍してきたばかりなので、当然周囲との連携はまだまだ、と思いきやヂエゴが意のままに操っとるんですわ。
彼のマジカルなスタイルに周りが合わせようとしてるのが、手に取るようにわかります。
そしてそれに応えるかのように、次々と際どいパスを通すヂエゴ。
股抜きで相手を翻弄するヂエゴ。
決定機に飛び込むヂエゴ。

たまらん!
楽しすぎるぞヂエゴ!!

ヴォルフスブルクをああいうカタチで退団する事になったので、正直色眼鏡で見られていたと思うんですよ。
どんな問題児やねん、とアトレティコの面々も構えていたと思うんですよ。
でももう、そんな事は忘れてヂエゴに付いていってくれ!!と個人的には思う。
アグエロ&フォルランの看板2トップがいなくなったんですから、これぐらいの荒療治は必要でしょ。

アルダも良かったね。
数年前から個人的に注目してたんですけど、ようやくトップリーグに移籍してきました。
しかもアトレティコなら彼の得意のドリブルも存分に活かせるスタイルだし、これは期待出来ると思います。
実際バレンシアDFは彼のドリブルに手こずってたし、決定機も何度も作りましたからね。


最後の最後まで楽しませてくれたアトレティコでしたが、1点が届かず結果は敗戦。
シュート0本に終わったファルカオが責められるかもしれませんが、まぁそれはCFの宿命ですからしゃーないかな。
移籍金も高かったし。
動き自体はそんなに悪くなかったので、今後お先真っ暗ってわけじゃないけどね。

バレンシアは先制してからは守り一辺倒でしたが、まぁそれも彼等の元々のスタイルといえばそうだしね。
ただディフェンスに綻び、穴が満載だったのは気掛かりですが。
途中投入されたカナーレス君もヂエゴと違って全く輝けなかったし。
いずれの問題も時間が解決してくれれば、良いのですがね。


   

|

« ソシエダ×バルサ 11-12 Liga 第3節 | トップページ | Story Seller 新潮社ストーリーセラー編集部編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バレンシア×アトレティコ 11-12 Liga 第3節:

« ソシエダ×バルサ 11-12 Liga 第3節 | トップページ | Story Seller 新潮社ストーリーセラー編集部編 »