« 臨場 横山秀夫 | トップページ | チェルシー×シティ 11-12 プレミア 第15節 »

2011年12月11日 (日)

マドリー×バルサ 11-12 Liga 第16節

マドリー 1-3 バルサ

【得点】
M:ベンゼマ(1分)
B:アレクシス(30分)、OG=マルセロ(53分)、セスク(66分)

【メンバー】
レアル・マドリー(4-2-3-1):カシージャス(C)、ファビオ・コエントロン、ペペ、セルヒオ・ラモス、マルセロ、シャビ・アロンソ、L・ディアッラ(62分、ケディラ)、ディ・マリア(67分、イグアイン)、エジル(57分、カカ)、C・ロナウド、ベンゼマ
SUB:アダン、アルベロア、R.アルビオル、カジェホン

バルセロナ(4-3-3):V・バルデス、ダニエウ・アウヴェス、プジョル(C)、ピケ、アビダル、ブスケッツ、シャビ、セスク(78分、Se・ケイタ)、A・サンチェス(83分、ビジャ)、メッシ、イニエスタ(88分、ペドロ)
SUB:ピント、マクスウェル、チアゴ、マスチェラーノ
怪我:アフェライ

【感想】
やったよ!やってやったよ!!
ベルナベウでマドリーを撃破やで。
しかも、絶好調のマドリーをね。
公式戦15連勝中という、向かうところ敵無しのマドリーをブチ倒してやりましたよ。
こりゃぁもう、モウリーニョは言葉無いでしょうね。
絶望の中にいるんじゃないでしょうか。

今回のモウリーニョは、前回とは違って守りを固めてはきませんでした。
トリボーテとかはやってきませんでした。
それはもう自信があったからやろうね。
連勝してる自信、最近6試合で全て3得点以上してる自信。
真っ向勝負で挑み粉砕してしまった昨季のカンプノウクラシコ(通称マニータクラシコ)の頃のマドリーとは違うんだぞ、っていう自信があったんでしょう。
策を弄せず勝利し、プライドの回復に努めたかったんでしょう。

それがこの結果ですから。
今頃モウは凹みまくってるでしょうね。
言い訳の材料が無いもんなぁ。
怪我人もカルバーリョぐらいだし、今回は誰も退場しなかったし。
それどころか、むしろ審判には大分優遇されてましたよ。
いつも通りにペペやラモスが足裏見せてタックルしてもカード対象にならなかったもんね。
むしろ、これに抗議したバルサの選手が黄紙貰っちゃうという由々しき事態。
これはもう、モウリーニョの効果の賜物でしょう。
昨季のUEFAまで巻き込んでの審判批判が実を結んでますよ。
どの審判も「クラシコでマドリーの選手にカード出したら鬱陶しい事になる」っていう認識があるんでしょう。
ホンマ、素晴らしい監督やでモウリーニョは。
こういう環境を作るのが上手すぎる。

でもクレとしては、もうそれならそれで構わないって感じですわ。
むしろハンデやで。
それぐらいのハンデは上げるよ。
で、叩き潰してやろうじゃないかと。
だから今回の勝利は、とびっきり嬉しい。
かなりの高確率で負けも想定してたからね。
負けてポイント差9(実質)になる最悪のシナリオを頭に描いてたから。

だから勝利の味が格別なんですよ。
勝てるやろう、って思ってた試合で勝つよりも今回の状況の様な試合で勝つ方が断然嬉しいよ。
ありがとうペップ。

開始24秒ほどで先制された時なんか、もうホンマにショックやったから。
最悪のシナリオが現実に・・・って思いましたよ。
口では「これぐらいのハンデはくれてやろう」って言ったけど、頭の中はネガティブな発想で一杯やったからね。
まぁでもバルデスは責めませんよ。
ああいうポカは昔はしょっちゅうやってたけど、最近はホンマに無くなってたからね。
数年に1回ぐらいミスするのは人間なんで当然ですよ。
むしろ確率低いぐらいですから。
これは勝った今だから言ってるんじゃなくて、失点した時から思ってましたから。
バルサのスタイルを貫く以上、ああいうミスが出るのはしゃーないからね。
ロングボール蹴ってエエんやったら、起こりえないミスですから。

結果的には点差以上の圧勝劇やったけど、途中までは結構切迫してました。
特に前半の同点に追いつくまでは中々厳しかった。

この日のバルサは4-3-3ながらも、いつもとは違う4-3-3でスタート。
特筆すべきは前線の組み合わせ。
真ん中にアレクシスを置き、右にメッシ左にイニエスタを配置。
そんでもって、中盤はブスケが底で前にチャビとセスク。
こんな組み合わせ、今季やった事ありましたっけ?
流れの中でアレクシスが真ん中に来る事はあったけど、スタートからは恐らく初めてなんじゃないでしょうか?
ペップは毎回クラシコで色々やってきますが、ホンマにアイディアマンやなぁ~って思いましたよ。
と同時にギャンブラーやで。

で、苦しかった時間帯は、これがあんまり機能してなかった事が要因かな。
左のイニも右のレオそんなに持ち味を発揮出来てませんでしたから。
となるとポジションチェンジをしますわなぁ。
レオは中盤に下がる事が多くなってました。
そんでもって、そのカタチから同点ゴールが生まれました。
中盤の深い位置からメッシがドリブルを開始。
1人2人とかわし、最後はアレクシスにスルーパス。
アレクシスは、ダイナミックに右足を振り抜き、カシージャスの堅陣を破りました。
アレクシスは移籍金30億円の価値をここで証明ですわ。
これでリーガ3試合連続ゴール。
この大一番に調子を合わしてきたかのような活躍ぶりです。
加入して直ぐに怪我しちゃったけど、これで全て帳消しな感じですわ。
そしてクレからも完全に認められた事でしょう。
ようこそバルサへ!
ビジャをおしのけてCFで先発出場するだけの事はありましたよ。

逆転ゴールとなった2点目を決めたのは、チャビもといマルセロ。
マルセロに当たって角度が変わってなかったら入ってなかったやろうし、当たったうえで更にギリギリポストに当たって入ったゴールなんで幸運でした。
しかし、モウリーニョが試合後に「運が勝敗を分けた」って言うてたけど、それは違うやろ。
確かにラッキーなゴールやったけど、「撃つ」っていう事が大事なのは今更言うまでもない事。
それに後半入ってからは、殆どバルサが試合を支配していたので、いわば必然のゴール。
それなのに不運で負けた、っていうのはどうなんかな。
ロナウドが2回の超絶決定機を決められなかったのも、不運やったって言うてはりますが失笑もんやわ。
そんなん言い出したら、もう全てがそうやで。
まぁ、もうそれぐらい他に言う事が無かったって事なんやろうけど。

後半はバルサが完全に支配してた、って書いたけどシステム変更が効きましたかね。
アウベスを右エストレーモに上げる3-4-3にシフトチェンジ。
これまで右エストレーモでは真価を殆ど発揮出来てなかったダニやけど、この日は良かった。
傷心のマルセロをガンガン攻略してただけでなく、クロス精度も高かったしね。
3点目のセスクへのクロスなんて完璧すぎるやろ。
他にも良質クロスを連発してましたし。
途中からブスケがCBに常時下がってたので4-3-3に戻ってましたが、それでもダニは前のままでプジョルが右SBに入ってましたからね。
まぁロナウド相手にはプジョルの方が良かったやろうなぁ。
気持ちの強さが地球の裏側にまで伝わってきましたからね。
ああいうディフェンスを出来るのは、やっぱり未だにプジョルだけやで。
クラシコに絶対必要なのは、レオでもチャビでもドンでもなくプジョルで決まりやわ。

3点目を決められてしまい、諦めムードも漂っていたマドリーに対してバルサはボールを回しまくり絶対的優位性を披露。
この時間帯、「完勝」という二文字が頭の中を支配しまくりでしたわ。
完膚無きまでに倒した、と。
ファンタスティックやわ。

マドリーが後半ガス欠になったのは、肉体的な事よりも精神的な事の方が大きいんじゃないでしょうか。
前半トバしまくってたから勿論肉体的に苦しかったのはあるやろうけど、それよりも「またバルサに勝てないのか」っていうメンタル部分がね。
選手の表情見る限り、そんな感じに見えましたわ。
交代策も抜本的に変える事が出来る要素は無かったし。
エジル→カカ、ラス→ケディラはそのままのポジションでの変更だし、プレースタイル的にも何も変化はない。
故に恐くない。
ディマリア→イグアインでマドリーは2トップっぽくなってたけど、難しい対応じゃなかったからね。
全然余裕でしたわ。

最後にセスクを讃えて、この完全なる勝利を締め括りましょうか。
試合を決定づける素晴らしいダイビングヘッドでしたよ。
ああいう飛び出しが出来るのは、ホンマにデカい。
これまでチャビにもドンにも求められてて、実際彼等もそれなりにこなしてはいたけどセスクは決定力が違い過ぎるのよね。
ヘディングも上手いし、50億近い移籍金も今の時点では安かったと言える。
今回のクラシコは、アレクシスとセスクという新加入組が結果を残せたので、チームとしてもまた一段上にいけた感じがします。

うん、朝6時からという過酷なスケジュールやったけど寝ずに観た甲斐があったよ。
一晩中呑んでたから、試合始まった直後ぐらいは眠気のピークやったけど、もう途中から完全にそんなもん飛んだし。
最高の朝や!
最高のSunday Morningや!!
velvet undergroundもビックリやで!!
リーガ2強時代、って言う人が多いですがそれは違うよ、と今回のクラシコは証明しましたよ。
確かにマドリーは強い。
他のリーガのチームっていうか、プレミアやセリエのチームと比べても圧倒的に強い。
現状世界No.2の強さをもったチームであろう事は確実。
そんなチーム相手に、しかも相手のホームでこの結果、この内容ですよ。
リーガ2強時代ではなく、バルサ1強時代ですよ。
傲慢っぽく聞こえるかもしれませんが、そう思われてもかまわない。
これはもう疑いなき事実ですから。
そしてこんな良き時代は長く続かない事は知ってます。
残念ながら。
だから今ぐらいは傲慢かまさしてくれ。
今のバルサは強い!!!
こちらの想像よりも遙かに強かった!!!
ビスカバルサ! ビスカカタルーニャ!! ビスカバルセロニスタ~!!!


   

|

« 臨場 横山秀夫 | トップページ | チェルシー×シティ 11-12 プレミア 第15節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マドリー×バルサ 11-12 Liga 第16節:

« 臨場 横山秀夫 | トップページ | チェルシー×シティ 11-12 プレミア 第15節 »