« バルサ×ヒホン 11-12 Liga 第26節 | トップページ | スパーズ×ユナイテッド 11-12 プレミア 第27節 »

2012年3月 5日 (月)

ローマ×ラツィオ 11-12 セリエA 第26節

ローマ 1-2 ラツィオ

【得点】
R:ボリーニ(16分)
L:エルナネス(10分、PK)、マウリ(62分)

【メンバー】
ローマ(4-3-3):ステーケレンブルフ(7分、退場)、タッデイ、フアン(78分、ボージャン)、エインセ、ホセ・アンヘル、デ・ロッシ、ファビオ・シンプリシオ、ピャニッチ(58分、マルキーニョ)、トッティ(C)、ラメラ(10分、ロボンツ)、ボリーニ

ラツィオ(4-2-3-1):マルケッティ、スカローニ(86分、退場)、ビアーヴァ、アンドレ・ジアス、ガッリード、C・レデスマ、マトゥザレム、A・ゴンサレス、エルナネス(88分、ディアキテ)、マウリ(C)(86分、アルファロ)、クローゼ

【感想】
ローマデルビーです。
両者の勝ち点差は7なので、ローマにとっては絶対に勝たなければいけない試合。
勝てば勝ち点差が4になるだけでなくCL、EL圏内も見えてきますからね。
ま、ELはどうでも良いやろうけど。

そんな訳で、立ち上がりから攻勢を仕掛けたのはローマ。
なかなか良いぞ良いぞ、って雰囲気やったんですが1つのプレーで流れが大きく変わってしまいます。
そうです、ステケレンブルクがクローゼを倒したプレーです。
エルナネスのスルーパスに抜け出しかけたクローゼが、飛び出してきたステケレンブルクと交錯!!って場面。
ジャッジが難しいプレーだったとは思いますが、主審はPK&レッドカードという判断を下しました。
うぅむ・・・。
開始10分たらずでのPK献上&GK退場による数的不利、はローマにとっては痛過ぎる判定。
フィールドプレーヤーが退場するのと違って、GKの場合は選手交代も行わなければいけないからダメージが大きいんですよね。
それにローマ側からの視点じゃなくても、重い判定だったように感じます。
ステケレンブルクのカバーにフアンが入っていたので、例えクローゼがGKをかわせたとしてもフアンのカバーリングにあっていたと思う。
つまり「得点機会の阻止」にあたるプレーではなかったと。
それでなくても最近は「PK献上に加えて退場という処分は重すぎる」みたいな風潮があるわけですからね。

まぁ兎にも角にもラツィオが先制です。
エルナネスは前回のデルビーに引き続きPK成功。
(そういや前回もローマ退場者出しちゃってたなぁ・・・)
不穏な空気に包まれるオリンピコ。
ローマを応援していた私としても嫌な感じになったのですが、ローマはすぐにリアクションを見せてくれました。
セットプレー崩れから、フアンのシュートはバーに嫌われたもののリバウンドをボリーニが頭で詰めて同点です。
この同点後のデロッシの表情が最高やったね。
めちゃくちゃ気持ち入ってたよ。
これぞデルビーって感じやったね。
あまりに感情の爆発が激しかったので、最初デロッシが決めたんかと思ったぐらいですよ。
あ、ちなみにボリーニのヘッドはラツィオDFにクリアされたんですけど、これはゴールラインを割った後での話。
リプレイで見ても全く微妙でも何でもなく、完全に割ってたので「帳尻合わせ」とかそんなんじゃなく正当なゴールでありました。

さて、これで試合は振り出しに。
その後の前半は、一進一退の攻防が続き同点のままハーフタイムへ。
ローマは1人少ないんですから、これは健闘を讃えなければいけないでしょう。

んで、後半。
後半に入ると、流石にローマのペースは落ちてきた。
そりゃぁ都合80分間ぐらい10人で戦わなければいけなかったんですから、厳しいで。
最終的にはラツィオも10人になったけど、それはもう終了間際の話やからね。
(あ、この退場劇も「帳尻合わせ」じゃないよ。また後述しますが)
だから自然とチャンスはラツィオの方が多くなってました。
ここでラツィオが、ちゃんと決めてりゃワンサイドゲームになってたかもしれません。
それぐらいラツィオの詰めは甘かった。
「拙攻」という言葉が、これほどぴったりな事も珍しいで。
ローマが上手く守った、と言うよりはラツィオの攻めが不味いかったよ。
最後のパスがズレたり、シュートのタイミングが遅かったり。
決定機を作り出せる状況で、あさっての方角へパスを出しちゃったりとか。
唯一決まったキャプテン・マウリのボレーが一番難易度高かったと思いますよ。
得てしてそんなもんっちゃぁ、そんなもんやねんけどね。

ローマとしては状況から考えれば引き分けでもOKな感じでしたけど、勝ち越し点を奪われてしまったので2点目を狙いにいかなければいけなくなりました。
なのにピァニッチとフアンが負傷退場してしまうという、ルイスエンリケにとっては踏んだり蹴ったりな展開。
結局エンリケ兄さんは、1つのカードも狙い通りには切れませんでしたね。
ボヤン君は頑張ってスカローニ(懐かしすwww)を退場に追い込んだりもしてたけど、劇的同点ゴールは奪えず終了。
最後の所で数的不利が、やっぱり響いたような展開でしたわ。

あと残念ながら審判が主役なデルビーになっちゃいましたね。
冒頭のPK判定&退場だけでなく、90分間ゲームをコントロール出来てませんでした。
カード乱発し過ぎてたしなぁ。
主審があれだけ感情的になっちゃったら駄目でしょ。
皆が熱くなるデルビーなんですから、主審ぐらいは冷静じゃないとね。


        

|

« バルサ×ヒホン 11-12 Liga 第26節 | トップページ | スパーズ×ユナイテッド 11-12 プレミア 第27節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローマ×ラツィオ 11-12 セリエA 第26節:

« バルサ×ヒホン 11-12 Liga 第26節 | トップページ | スパーズ×ユナイテッド 11-12 プレミア 第27節 »