« アントラーズ×ガンバ J1リーグ 2012 第8節 | トップページ | シティ×ユナイテッド 11-12 プレミア 第36節 »

2012年5月 5日 (土)

ラーヨ×バルサ 11-12 Liga 第36節

ラーヨ 0-7 バルサ

【得点】
メッシ2(16分、90+1分)、OG=ロベルト(26分)、ケイタ(39分)、ペドロ2(47分、87分)、チアゴ(77分)

【メンバー】
ラージョ・バジェカノ(4-4-2):コベーニョ(C)、ロベルト・ガルシア(29分、アイトル・ヌニェス)、アリバス、プリド、ティト、モビージャ(HT、ディアマンカ)、トラスオーラス、ミチュ、ラス・バングーラ、ラウル・タムード、ジエゴ・コスタ(65分、ディエゴ・ベニト)
SUB:ジョエル、ミチェル、デリバシッチ、パチェコ

バルセロナ(4-3-3):ピント、モントーヤ、プジョル(C)、マスケラーノ、アドリアーノ(60分、ダニエウ・アウヴェス)、ブスケッツ(73分、アフェライ)、ティアゴ・アルカンタラ、Se・ケイタ、メッシ、ペドロ、A・サンチェス(80分、テージョ)
SUB:バルデス、バルトラ、セスク、イニエスタ
怪我:ピケ、アビダル、フォンタス、チャビ、ビジャ

【感想】
激動の1週間が終わっての下位チームとの対戦。
本来ならこういうアウェイ戦はポロッと負けたりするもんです。
リーガも失い、チャンピオンズも失った後なら尚更ね。
しかし選手達はリアクションを示さなければならなかった。
何故なら2日前にペップの退任が発表されたからです。
全クレを悲しみに包んだ、あの日。
それが明けての最初の試合で、グダグダな姿を見せるわけにはいきませんから。
そしてその通りのプレーを選手は内容でも結果でも見せてくれた。
ペップ退任会見がクラシコ前だったら?なんて思うのは野暮な事です。
そういうのはペップが一番嫌いな手法でしょうからね。

それにしても取りも取ったり7得点。
ラーヨの現在の状態が、「降格もまぁ大丈夫だろうし、かといって上が望める順位でもない」っていう状態だったのも大差が付いた要因の1つでしょう。
この時期に何も懸かっていない中位チームとやる事ほど楽なもんはないからね。
バルサ戦という事で燃えていたであろうタムードも、今季得点を量産してるミチュも音無し、そして大人しでありました。

元々の実力差もあるし、気迫の面でも上回ってたし、最後まで得点を狙う必要もあったし、となればゴレアーダになるのも必然ですわ。
ラーヨには、このタイミングで当たってしまって残念でしたねと言うしかありません。

一応、得点シーンとか選手個々の動きにも触れておきましょうか。
とにかく全ての選手が良く走れていましたよ。
あの重々しかったクラシコは何なんだ?というぐらい走れていた。
両ラテラル(モントーヤとアドリアーノ)がそんなにフィットしてなかったのに、この点差ですから如何に前線から中盤の選手が頑張ってたのかが分かるというもんです。

アレクシスも良かったし、ペドロも良かった。
彼等エストレーモが両サイドで働けていたから、ラーヨは苦しくなった。

雨もエエ具合に降ってたから、パス交換するのにも最適やったしね。
ピッチはさほど良いとは思わへんかったけど、問題なかったよ。
チャビもイニもセスクもいない中盤でしたけど、凌駕出来ておりました。
チアゴは決定的なパスは出せるしね。
その他での貢献度は低いにしても。
あー、得点もこの日は取りましたね。
ゴール後に余計な事(アウベスと祝福のダンス)してプジョルに怒られてたのがオモロかったよ。
まだまだ若いでwww

まぁパスに関しては、この試合でいえばメッシ。
本来なら2得点の方を讃えるべきかも知れませんが、この日はパスが冴え渡りまくってました。
ペドロに通したのとか、アレクシスの得点(記録上は自殺点か?)の起点になったやつとか。
ケイタへのも絶妙やったな。
先制点でプレゼントパス貰えたから、お返しせなーって思ってたんかねぇ。

その先制点のシーンでは、アレクシスが囲まれながらペドロに出したパスが完璧でした。
あれで決まったね。
やはりアレクシスは得点力もそうやけど、パスもそうやけど、キープ力が良いよね。

ペドロもチェルシー戦で出番無かった鬱憤を晴らす2ゴール。
まだコパファイナルがあるんで、フォームをあげていって欲しいもんです。

調整と言えば、ピントとアフェライやね。
ピントは多分ビルバオ戦はスタメンなんでしょうから、リーガの残り試合でキッチリ上げてきてほしいもんです。
個人的にはカンテラのGKをこういう試合では観たいんですけど、まぁしゃーないか。

アフェライはお久しぶりの登場。
大怪我からの今回が復帰戦となりました。
少し前からドクターは出場OKとは言ってたらしいんですが、ベンチ入りも無かったもんね。
厳しい試合が続いてた事もあったけど。
アフェライにとっては、残り試合は新監督にアピールする場になるでしょう。
この日は中盤でプレーしてましたが、何度も言うけど個人的にはそっちが絶対合ってると思う(エストレーモよりも)。
ペップの指示なんかティトの指示かは分からんけど、今後も今日みたいな感じでやったら良いんじゃないでしょうか。


いやー、それにしてもクラシコが先週の事だったなんて信じられませんわ。
あまりにも遠い昔に感じます。


          

|

« アントラーズ×ガンバ J1リーグ 2012 第8節 | トップページ | シティ×ユナイテッド 11-12 プレミア 第36節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラーヨ×バルサ 11-12 Liga 第36節:

« アントラーズ×ガンバ J1リーグ 2012 第8節 | トップページ | シティ×ユナイテッド 11-12 プレミア 第36節 »