« シティ×QPR 11-12 プレミア 第38節 | トップページ | 重力ピエロ 伊坂幸太郎 »

2012年5月20日 (日)

ベティス×バルサ 11-12 Liga 第38節

ベティス 2-2 バルサ

【得点】
Be:ルベンカストロ2(71分、74分)
Ba:ブスケツ(9分)、ケイタ(90+2分)

【メンバー】
ベティス(4-4-1-1):カスト(C)、チカ(73分、イシドロ)、パウロン、ドラド、ナチョ、ベニャ、カニャス、ジェフェルソン・モンテロ(58分、サンタクルス)、ホナタン・ペレイラ、ポスエロ(65分、ノノ)、ルベン・カストロ
SUB:ファブリ、スーペル、セルヒオ、ホルヘ・モリナ

バルセロナ(4-3-3):V・バルデス、ダニエウ・アウヴェス(53分、退場)、ピケ、マスケラーノ、アドリアーノ、ブスケッツ、シャビ(C)(83分、イニエスタ)、Se・ケイタ、メッシ、ペドロ(77分、テージョ)、アフェライ(58分、モントーヤ)
SUB:オイエル、バルトラ、セスク、クエンカ
怪我:ピント、プジョル、アビダル、フォンタス、ビジャ、アレクシス

【感想】
ペップバルサリーガラストゲーム!!
なのですが、前節のデルビーでお別れ挨拶もしてるし、なんだかオマケみたいな感じですわ。
ベティスも何も懸かってない(降格もヨーロッパも)事もあって、消化試合色が濃い試合でしたね。
だからといって、つまらない試合だった訳じゃないけど、ほとばしる情熱は流石に無かった。

ペップは少しでも情熱をピッチに送り込もうと、元セビージャの3人(ダニ、アドリ、ケイタ)を先発にしたんかな-。
確かに、この3人は燃えてた。
アドリアーノは惜しいミドルシュートあったし、ケイタは言わずもがなのロスタイム弾。
それ以外にもトーキックとかのチャンスもあった。
アウベスは情熱が違う方向にいっちゃった感じもあったけどwww
まぁ2枚のイエローは、どちらも妥当な判断だったと思うので退場は当然かな。
それだけ熱くなってたという事で許しましょう。

ダニが退場した時点では、まだリードしてたバルサ。
でも約40分を10人ではキツイよね。
人数減っても、どっかのチームみたいに守るだけなら問題ないねんけど、ウチの場合はそうじゃないからなぁ。
前半チャンスらしいチャンスすら無かったベティスも、このあたりから元気出てきたし。

なので、必然の逆転劇でしたよ。
連続失点のどちらもディフェンスラインのウラを取られた感じ。
2失点目なんて、CBの2人とSBの2人の呼吸が全く合ってなかった。
教科書に悪い意味で載せたいぐらいの典型的なラインコントロールミス。
2つの失点以外にも結構ウラ取られる場面が頻発してたからね、やられるべくしてやられましたね。

で、こっからですよ。
ペップはテージョとイニを投入し局面を打開しようと試みました。
しかしテージョにはスペースが無く、イニには時間がありませんでした。
頼みのメッシもこの日は少し元気無さげ。
ピチチがほぼ当確だったからかな?
それでもドリブルはキレてたけどね。
ポスト直撃FKとかもあったし。

と、そんな苦しい局面を救ったのがケイタだったんですよ。
ロスタイムも2分を過ぎた所で、モントーヤのビューティフルクロスをドンピシャヘッドで合わせましたよ。
流石ペップが重宝したケイタやで。
孝行息子が最後に恩返しですよ。
モントーヤもデルビーでのパフォーマンスの悪さを払拭するアシスト。
なんだかんだで、最後の試合で負けるのは気分悪いからね。
劇的弾で引き分けられて良かったよ。

先制点のブスケの得点(チャビのCKから直接ヘッドで)といい、ケイタのといい「バルサらしい」ゴールじゃなかったけど、まぁOKです。
これで終わりか-、と思うとなんだか寂しいなぁ。
まぁシーズン総括はコパ終わってからやるか!!

にしても、ビジャレアル降格とか、マラガがCLとか、むむむ!!!

        

|

« シティ×QPR 11-12 プレミア 第38節 | トップページ | 重力ピエロ 伊坂幸太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベティス×バルサ 11-12 Liga 第38節:

« シティ×QPR 11-12 プレミア 第38節 | トップページ | 重力ピエロ 伊坂幸太郎 »