« 生ける屍の死 山口雅也 | トップページ | イングランド×イタリア EURO2012 準々決勝 »

2012年6月25日 (月)

スペイン×フランス EURO2012 準々決勝

スペイン 2-0 フランス

【得点】
シャビアロンソ2(19分、90+1分PK)

【メンバー】
スペイン(4-2-3-1):カシージャス(C)、アルベロア、ピケ、セルヒオ・ラモス、ジョルディ・アルバ、ブスケッツ、シャビ・アロンソ、シルバ(65分、ペドロ)、シャビ、イニエスタ(84分、サンティ・カソルラ)、セスク(67分、フェルナンド・トーレス)
SUB:バルデス、レイナ、R.アルビオル、ファンフラン、ハビ・マルティネス、マタ、ヘスース・ナバス、ネグレド、F.ジョレンテ

フランス(4-2-3-1):ロリス(C)、レヴェイェール、ラミ、コシールニー、クリシー、ムヴィラ(79分、ジルー)、マルダ(64分、ナスリ)、ドゥビュシー(64分、メネズ)、カベイェ、リベリ、ベンゼマ
SUB:マンダンダ、カラッソ、エヴラ、マテュイディ、A.ディアッラ、マルタン、ヴァルブエナ、ベンアルファ
出場停止:メクセス

【感想】
もう準々決勝なのよ。
なので、って事も無いけどタイミングが合ったので今大会初の「結果を知らずに観戦」です。
とはいっても生じゃないよ。ディレイだよ。

では、手っ取り早く感想書いていきますか。
全体的な感想としては、「やはりオモシロくない」これに尽きます。
もうやっぱこれなんですよ。
ナショナルチームの試合を敬遠してた理由、ってのがモロに出た試合やったと思います。
特にスペイン代表はね、どうしてもバルサのメンバーが主体(特に攻撃陣)だから、どうしても比べちゃうのよね。
そして当然の事ながら物足りなさを感じて失望してしまう。
もうこのパターンの繰り返しやわな。
デルボスケ爺さんも、なんでか知らんけどゼロトップとか採用してくるし。
もうバルサスタイル踏襲しまくりやん。
元マドリーの人間とは思われへんわ(笑)
もうさ、それならさ、いっその事オールバルサでやったらエエのに、って思う。
中盤はブスケ&チャビ&イニにしてね、トップは両サイドにペドロとテージョ、でゼロトップにセスク。
これで行こや。
(クエンカとビジャとチアゴは怪我だから外しました)
その方が絶対上手くいくで。
まぁ勝てなかった時の批判はハンパないやろうけどなぁ。

それにシャビアロンソもシルバもクラックやからね。
今日はシャビアロンソ良かったなぁー。
2得点っていう結果もそうやけど、長短のパスが実にスムーズに通ってた。
特に前半のパフォーマンスは圧巻やったね。
お得意のロングシュートも狙う余裕あったし。
まぁシャビアロンソが伸び伸び出来てたのも、ブスケが地味な仕事を淡々とこなしてたから、ってのをお忘れなく。

シルバはシティでやってる程の輝きは出せてなかった。
ボールを持った時のワクワク感は流石にあったけど、彼の能力の10%も出せてなかったんじゃなかろうか。
このパフォーマンスなら、もっとサイドアタッカータイプの選手を入れた方がゼロトップ(もといセスクは活きたやろうね)
ペドロとかヘスース・ナバスとかサンティとか。

前半はスペインが圧倒。
フランスは何も出来ず、って感じ。
それなのにハーフタイム全く手を打ってこなかったブラン。
おいおい、マジかよ!?って思いましたよ。
ボルドー時代は良い監督だと思ってましたけど、代表率いたらこんなもんかと。
明らかにね、中盤から前の構成がおかしかったやん。
まずドゥビッシーの位置取りね。
便宜上は4-2-3-1の2列目の右アウトサイド。
しかしながら本職が右SBの彼ですから、当然の事ながら後ろが気になる。
って事で殆どの時間帯5バックみたいになってましたね、フランスは。
ドゥビッシーが下がっちゃって、割食ったレベイエールが中に絞ってCB化するという。
中盤はムヴィラとキャバイエとマルダの3ボランチの様になり、自然と攻撃はリベリとベンゼマのみ。
5-3-1-1が正しい表記かな。

そんなマルダの存在意義も微妙。
中盤のセンター、ダブルボランチの一角の様な使われ方でしたが、それじゃぁマルダの良さは活きませんよね。
彼は起用な選手なんで「こなす」事は出来るんですが、わざわざマルダを使う意図がわからん。
他の本職の選手にやらせたらエエやん。
最初の失点の場面で、シャビアロンソを放置した責任をマルダは批難されてるらしいけど、しゃーないで。
彼のプレースタイルはそんなんじゃないんですから。

これじゃぁリベリー頼りの攻撃になるのも至極当然の話で、スペインとしては守り易い。
リベリーは個人技相変わらず凄かったけど、ベンゼマとの連携はどうか?ってなると全然やったしね。
つまりチームとしての連動性が全く無かった。


こりゃぁスペイン楽勝過ぎるで、って展開。
でも後半はフランスペースの時間が続いたんですよ。
この原因を探ると、もう油断しかないんじゃないかと。
あまりにフランスが余裕過ぎる相手なんで手を抜いちゃったと。
足が止りまくってましたが、これは心の問題なんじゃないかと。
特別フランスが良くなった、って感じは無かったからね。

あ、あとは疲労かな。
やっぱシーズンオフのこの時期はキツイで。
体力的にも精神的にも。
だから代表の試合はおもんないねん!!って感じやねんけどね。
疲れてるし、時期的にも暑いし、相手は弱いし、じゃ走る気力も無くなるわな。

で、そういう時は選手交代に限るねんけど、デルボスケは下手よね。
選手交代下手やわ。
ってか、南アフリカW杯の時も思ったけど、使わん選手はとことん使わんよね。
メンバー選出した意味あんの?
ジョレンテとかネグレドとかマタとか勿体無いで。
ファンフランも使おうや、アルベロア全然ダメダメやってんからさ。
このへんが頑固親父の偏屈な所かねー。
ペドロもようやく使ったしなぁ、今回。

で、ペドロ使って良かったーって思ってくれたら良いねんけど。
PK奪取は見事でしたよ。
それ以外は結構消えてる時間多かったけど、それはもうペドロというかチーム全体の問題やしね。

フランスは、ようやく後半チャンスを作れるようになってきたのに、またもやブランの失策で失速。
こちらも選手交代が下手過ぎるで。
ドゥビュッシー、マルダ、ムヴィラと代える選手は一見正解のように見えるけど、代え方が悪い。
そして何をしたいのかわからない。
例えばキャバイエとナスリのダブルボランチって何?
なんでそれしようと思ったの??
ナスリという超絶クラックを活かす場所はそこじゃないでしょ。
ジルーとメネズの使い方もなー、彼等の良さを全然出せてないよなー。
ってか、層は厚いのよね、層は。
まだベンチにはヴァルビュエナもベンアルファもいるんですよ。
豪華絢爛過ぎる布陣なんですよ。
でもそれを全然活かせてない。
はじめからスペインにビビって守備的布陣で臨んでる時点で、もう勝算は無かったんでしょう。
それでなくても内紛だの何だのフランスはゴタゴタが多いんですから、監督がしっかりしないと。
終盤、負けてるのにフランスの覇気の無さといったら・・・。
これが準決勝を懸けた試合の終盤なのか?といった雰囲気。
GLの消化試合じゃないんですよ。
中途半端にGL勝ち上がるよりも、スッパリと負けた方が今後の為には良かったんかなぁ。
せっかく民放で全国中継してるのに、「こんなレベルなんか??」と思われてしまうで、日本のニワカサッカーファンに。
イニの変態プレーやチャビの超絶スルーパス、アルバの突破力やリベリの個人技、個々では「凄い」と思わせるプレーもあったかもしれんけど、全体的にはなぁ。
こんなんじゃ「今の日本代表なら勝てる」みたいに勘違いする輩が続出やで・・・。


        

|

« 生ける屍の死 山口雅也 | トップページ | イングランド×イタリア EURO2012 準々決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペイン×フランス EURO2012 準々決勝:

« 生ける屍の死 山口雅也 | トップページ | イングランド×イタリア EURO2012 準々決勝 »