« Jリーグ TEAM AS ONE×Jリーグ選抜 東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチ | トップページ | エバートン×ユナイテッド 12-13 プレミア 第1節 »

2012年8月22日 (水)

マドリー×バレンシア 12-13 Liga 第1節

マドリー 1-1 バレンシア

【得点】
M:イグアイン(10分)
V:ジョナス(42分)

【メンバー】
マドリー(4-2-3-1):カシージャス(C)、アルベロア、ペペ(HT、ラウール・アルビオル)、セルヒオ・ラモス、ファビオ・コエントロン、L・ディアッラ(61分、ベンゼマ)、シャビ・アロンソ、ディ・マリア(71分、カジェホン)、エジル、C・ロナウド、イグアイン
SUB:アダン、マルセロ、ケディラ、カカ

バレンシア(4-2-3-1):ジエゴ・アウベス、ジョアン・ペレイラ、リカルド・コスタ、ビクトル・ルイス、マチュー、ガゴ、ティノ・コスタ、フェグリ(82分、N・H・バルデス)、ジョナス、グアルダード(66分、ピアッティ)、ソルダード(C)(70分、パレホ)
SUB:フェリペ・ラモス、ラミ、アルベルダ、バラガン

【感想】
いよいよリーガ開幕です。
バルサの試合は、これが終わってからキックオフ。
でもやっぱり先にバルサの試合観るよね。
そしたら雰囲気でマドリーが良くない結果に終わったのは感じた。
だから「多分マドリー勝たれへんかってんやろうなぁ~」という事を察しながら観戦。

でも先制したのはマドリーだったのよね。
ディマリアのループスルーパスにイグアインが反応し、ゲットゴール。
アウベスは2回シュート阻んでんけど、3回目にして決められました。
ってか2回もリバウンドがイグアインの足下に行ったのが不運やわ。
1本のパスで、アルゼンチンコンビで決めたゴール。
今季もマドリーの戦い方は、基本的にはこんな感じなんやろうな。

開始早々のゴールに、こっちとしては意気消沈ですよ。
別にバレンシアの出来も悪くなかったのでね、それまで。
余計にバレンシアとしてもショック大きいかな、と。
バレンシアはズルズルいく時は簡単に大量失点しちゃうからね。

でもペジェグリーノは慌ててなかった。
新任やけど伊達にバレンシアOBじゃないね。
ラファ・ベニテスの下でも結構長くアシスタントコーチやってましたよね?
もう経験充分、って感じの面構えで指揮してましたよ。
元々の顔がダンディズム溢れてる、ってのもあるけどね(笑)
DFやったから、そんなに表情に慌てっぷりを出してもアカンかったやろうし。
マドリーの攻撃をいなしつつ、徐々に自分達にペース引き寄せてましたわ。

まぁマドリーの攻撃は相変わらず単発やしね、要所要所さえ抑えてたらどうにかなるんですよ。
その単発単発のキレ味、個人能力が段違いではあるので、やられだしたらどうしようもないですけどね。

追いついた時間帯も良かったと思います。
もうそろそろ前半が終わろうかという時間やったからね。
ティノコスタは、この試合でも結構良いボールを蹴ってたので予感はありました。
勿論合わせたジョナスも褒めるべきやけど、ティノのキックが良かった。

この場面ね、カシージャスとペペが激突したじゃないですか。
で、両者こっぴどく痛めたらしく、ずーーと倒れてましたよね。
あぁ若干不運な失点やったんかな、と思いましたよ。
イケルとペペの衝突によってジョナスのフリー状態が生まれたのか、と。
ところがVTRで観たら全然違ったね。
ペペがイケルにブツかりにいってるだけで、ジョナスは全然関係ありませんでした。
衝突がなくても普通にジョナスのヘッドは決まってましたよ、というプレー。
だからバレンシアサポは堂々と喜んで良いゴールです。
不運なのはイケルのみ。
後ろからいきなりブツけられた訳ですからね。


そんな感じで前半終了です。
トータルで見れば五分五分な展開やったかな。
追いついた勢いでバレンシアが若干優勢か?
ベルナベウで堂々たる戦いぶりやったしね。
不本意な帰還となったであろうガゴも落ち着いたプレーぶりやったし。
(同期入団のイグアインがマドリーのスタメン飾ってる姿を見るにつけ、心中複雑なもんはあった筈やろうけどね)
ってか、ラスよりはガゴの方が全然良いと思うねんけどなぁ。
勿論プレースタイルは違うけどね。
今季もラスの立ち位置っていうか、扱いがよくわからん。
放出候補ってずーーと言われてるにも関わらず、開幕スタメンですからね。
どうなんですかねー(苦笑)


さて後半。
ペペが代わりましたね。
流石に無理だったか。
カシージャスもフラフラしてましたが、こちらは出場続行。
むしろイケルの方が表情ウツロやったけどなぁ・・・。
大丈夫なんかいな。

後半は終始マドリーペースでしたね。
マドリーの波状攻撃にバレンシアは防戦一方。
たまにカウンターを繰り出すぐらいでね。
まぁその内の1本がホンマはゴールちゃうんか、っていうプレーやったけど。
ソルダードがスルーパスに反応したやつね。
VTR見る限りオンサイドやったなぁ・・・。

マドリーのアタックが不発に終わったのは、アウベスのパラドンもあったから。
結構止めてたよねー。
ええ反応してたわ。
昨シーズン終盤のベルナベウでの戦いでもアウベス狂い咲きでバレンシアは勝ち点1を持って帰ったと記憶してますが、正にそれの再現でした。
マドリディスタからすれば、憎きヂエゴといった所でしょうか。
イグアインのヘッドがバーに嫌われたシーンもあったし、幸運も無かった。
(あ、ソルダードのがオフサイド判定されたのは幸運やったけどねww)

システムの話もちょっとしますか。
ラスに代えてベンゼマを投入しモウはどんなシステムにするんかなーとチョット注目してたんですよ。
で、見た感じ4-1-4-1みたいな感じにしてましたね。
アロンソのワンボランチで、その前にエジルとディマリアが並ぶような。
ディマリアが入ってた右にはイグアインが入っておりました。
んでから、そのディマリアとカジェホンがチェンジ。
カジェホンは右サイドに入ったので、イグアインとベンゼマの2トップみたいになりましたとさ。
カタチ的には最終的な段階のやつの方がエエんかな。
ディマリアはそこそこエエ動きしてたし、良いパスも出してたけどやっぱ中の選手じゃないと思うのよね。
畳みかける時は4-1-3-2でガンガンいった方が良さそう。
この日は功を奏しなかったけどね。

まだ開幕戦やしなぁ。
ロナウドにエンジンかかってきたら展開も変わるやろうし。
なんだかんだで、あいつ頼りやから。

P.S.
バレンシアにアエド・バルデス君がいてビックリしたよ。
いつの間に~、って感じです。
確かブレーメン時代にメスタージャでゴール決めた後、バレンシアサポに喧嘩売ってた記憶があったんですが大丈夫やったんかな。
CLの試合で。
結構昔の話やけど、バレンシアに入団する事は永遠無いって、あの瞬間思ったのでね。
懐かしい話やで(笑)

      
         

|

« Jリーグ TEAM AS ONE×Jリーグ選抜 東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチ | トップページ | エバートン×ユナイテッド 12-13 プレミア 第1節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マドリー×バレンシア 12-13 Liga 第1節:

« Jリーグ TEAM AS ONE×Jリーグ選抜 東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチ | トップページ | エバートン×ユナイテッド 12-13 プレミア 第1節 »