« ミラン×ユーベ 12-13 セリエA 第14節 | トップページ | ジュビロ×ガンバ 2012 J1 第34節 »

2012年11月28日 (水)

チェルシー×シティ 12-13 プレミア 第13節

チェルシー 0-0 シティ

【メンバー】
チェルシー(4-2-3-1):チェフ(C)、アスピリクエタ、イヴァノヴィッチ、ダヴィジ・ルイス、A・コール、ラミレス、ミケル(79分、オリオル・ロメウ)、マタ、オスカル、アザール(71分、モーゼス)、フェルナンド・トーレス
SUB:ターンブル、P.フェレイラ、G.ケイヒル、バートランド、マリン

マンチェスター・シティ(4-4-2):ハート、サバレタ、コンパニ(C)、ナスタシッチ、コラロフ、バリー、Y・トゥレ、シルバ、ミルナー、ジェコ(69分、テベス)、アグエロ(86分、バロテッリ)
SUB:パンティリモン、マイコン、K.トゥーレ、ナスリ、ハビ・ガルシア

【感想】
非常に、つまらない試合でしたね。
眠たい眠たい試合。
両チーム共に、グダグダ。
これが首位のチームと3位のチームの試合なのか、と疑ってしまうぐらいに。

悪い様に言えば、CLのグループリーグ敗退決定チームと敗退濃厚チームの対戦なんですけどね。
つまりELレベルの試合、だと。
もっと悪く言えば、シティはELにも行けそうにありませんが・・・。

いやー、それにしても酷かった。
チェルシーはね、まだ少しは同情の余地あるかな。
ラファ就任後の初試合ですからね。
ディマッテオが解任されて、まだ数日。
ベニテス色を出す時間もなく、これまで通りのスタイルでやるしかなかったわな。
準備段階で手を加えられる所なんて、殆どなかったでしょう。
試合中も同様で、ロメウ君を出したのが唯一ベニテスっぽかった所。
ディマッテオ政権では全く出番無かったからね、ロメウ君。
でもあんまりスペイン人ばっかり使うと、またリバポ時代みたいに叩かれますよ。
それでなくても既に「RAFA OUT」のプラカードを掲げている観衆が何人かいたぐらいなんですからね。

ってか、ディマッテオあんなに人気あったとは思ってなかった。
試合中ディマッテオコールが起きてたけど、そこまでの名将か!?
ディマッテオを讃える横断幕も数多くあったし。
選手時代からチェルシーに在籍し、昨季CLも獲ったから多少人気はあると思ってたけど、あそこまでとはね。
外野から観れば「モウリーニョスタイルに戻してタイトル獲っただけの引き籠もり監督」やねんけどなー。
チョット言い過ぎたか。
でもスタイル的に全然オモシロくなかったからねー。

あ、試合内容の事を全然書いてないや。
でもそれぐらいに、書く事が無い試合。
語るべき部分が少なすぎる試合。
凡戦に加え、途中から大雨降ってきたでしょ。
観に来た人可哀想やなー、って同情しちゃったぐらいですもん。

攻めてる回数はシティの方が多かったと思います。
チェルシーはカウンターとセットプレーぐらいやったもんね、可能性あったの。
でもシティにしても突き抜けたアタックは出来てませんでしたよ。
相変わらずシルバ頼りだし、2トップをそっくり入れ替えた所で打開策にもなってなかったし。
何回も言ってるけど、シティこそ監督交代すべきやと思うのよね。
現在プレミアで首位のチームだけに代えにくい部分はあると思うけどなー。
でもCLで2年連続GL敗退ですよ。
この事実は見過ごせないし、マンチーニの限界を示してると思うねんけどね。

チェルシーは魅惑の2列目トリオが沈黙してはカタチにならんわな。
アシュリー・コールはディフェンスラインで頑張ってたから、敗戦を免れる助けにはなりましたけどね。

うーん、ダメダメな試合やったな。。。。


       

|

« ミラン×ユーベ 12-13 セリエA 第14節 | トップページ | ジュビロ×ガンバ 2012 J1 第34節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェルシー×シティ 12-13 プレミア 第13節:

« ミラン×ユーベ 12-13 セリエA 第14節 | トップページ | ジュビロ×ガンバ 2012 J1 第34節 »