« ドルトムント×シャルケ 12-13 ブンデス 第8節 | トップページ | チェルシー×ユナイテッド 12-13 プレミア 第9節 »

2012年11月 1日 (木)

エバートン×リバプール 12-13 プレミア 第9節

エバートン 2-2 リバプール

【得点】
E:オスマン(22分)、ネイスミス(35分)
L:OG=ベインズ(14分)、スアレス(20分)

【メンバー】
エヴァートン(4-4-2):ハワード、コールマン、ジャギエルカ、ディスタン、ベインズ、P・ネヴィル(C)、オスマン、ネイスミス(85分、オビエド)、ミララス(HT、グエイェ)、フェライニ、イェラヴィッチ
SUB:ムハ、ヒバート、ハイティンハ、ヒツルスベルガー、ヴェリオス

リヴァプール(4-3-3):B・ジョーンズ、ウィスダム(70分、ヘンダーソン)、シュクルテル、アッガー、ホセ・エンリケ、アレン、シャヒン(HT、コアテス)、ジェラード(C)、L・スアレス、スソ(HT、シェルヴェイ)、スターリング
SUB:レイナ、キャラガー、アサイディ、ダウニング

【感想】
白熱のマージーサイドダービー。
主役はルイス・スアレスちゃんでありました。
いやー、魅せてくれるねスアレスちゃん。
これぞスター、これぞデランテーロやわ。
ピッチ上で圧倒的な格の違いを見せ続けましたよ。
プレー面でも、それ以外でもねww

最初から最後までスアレスSHOWやったなー。
まずは立て続けの2ゴールがSHOWの幕開けでした。
1点目は記録上はベインズの自殺点になりましたけど、別にスアレスちゃんのゴールでもいいんちゃうの?
まぁ枠にはいってなかったから、ベインズに当たらな入らんかったけどね。
2点目のヘッドは、正真正銘スアレスのゴールで文句無しでした。

で、ゴールパフォですよ。
モイーズ監督の前までワザワザ走っていって、ダイブパフォーマンス。
これには爆笑やったね。
背景としては、モイーズが昨季のロドウェル退場劇を批難した事があったらしい。
スアレスのダイブによって、ありもしないファウルに赤紙が提示されてしまった、と。
で、今年も奴はやるんじゃないか、と。

それに対するゴールパフォーマンスですわな。
皮肉です皮肉。
かつてクリンスマンも同じような事やってた記憶があります。
ダイバー呼ばわりされてたから、あえてそれをゴールパフォーマンスにした、みたいなね。
これの悪化版は言わずもがなのアデバイヨルやけどねww
スアレスちゃんぐらいのは可愛げがあってエエんちゃうんかな。
試合後のモイーズも笑って許してたぐらいやから。

で、まぁこの2点以外も随所にスアレスは輝いてましたね。
レッズの攻撃の中心は間違いなく彼で、若い両翼を引き連れ暴れまくってましたわ。
惜しい場面もあったし、スターリングが決めなアカン場面もあった。
チャンスの数ではレッズが上回ってたから。
そしてそして後半ロスタイムですよね、なんと言っても。
劇的決勝ゴール!!!と思いきやオフサイド・・・。
リプレイで観る限り全く出てなかった。
完全なるオンサイド。
だったんですけど、これも印象かねぇ。
もうスアレスやしオフサイドでエエか、みたいな。
悪い印象かね。
まぁしゃーないわな。
ディスタン踏みつけた時点でレッドカードもあり得たわけやし。


エバートンは2点差追いついたとはいえ、ホームのダービーで勝てなかったのは残念な結果。
相手の中途半端なクリアとか、全くもって寄せ切れてなかったディフェンスとか、レッズの甘さに付け込んだ2得点でした。
振り返ってみるとレッズの守備の弱さが目立ちましたねー。
失点の場面、ホンマに酷かったもんな。
でも後半レッズはその部分修正してきましたね。
すると必然的にエバートンもチャンス作れなくなってしまいました。
ネイスミスとかフェライニとか、動きは良かったと思いますけどね。
負けなかっただけ良しとすべきかな。

        

|

« ドルトムント×シャルケ 12-13 ブンデス 第8節 | トップページ | チェルシー×ユナイテッド 12-13 プレミア 第9節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エバートン×リバプール 12-13 プレミア 第9節:

« ドルトムント×シャルケ 12-13 ブンデス 第8節 | トップページ | チェルシー×ユナイテッド 12-13 プレミア 第9節 »