« ユナイテッド×リバプール 12-13 プレミア 第22節 | トップページ | スパーズ×ユナイテッド 12-13 プレミア 第23節 »

2013年1月16日 (水)

アーセナル×シティ 12-13 プレミア 第22節

アーセナル 0-2 シティ

【得点】
ミルナー(21分)、ジェコ(32分)

【メンバー】
アーセナル(4-2-3-1):シュチェンスニィ、サニャ、コシールニー(10分、退場)、ヴェルマーレン(C)、ギブス、ディアビー(61分、ラムジー)、ウィルシャー、チェンバレン(12分、メルテザッカー)、サンティ・カソルラ、ポドルスキ(57分、ジルー)、ウォルコット
SUB:マンノーネ、アンドレ・サントス、ジェンキンソン、コクラン

マンチェスター・シティ(4-4-2):ハート、サバレタ、コンパニ(C)(75分、退場)、ナスタシッチ、クリシー、ハビ・ガルシア、バリー、ミルナー、シルバ(90+3分、コラロフ)、テベス(77分、レスコット)、ジェコ(88分、バロテッリ)
SUB:パンティリモン、レキク、シンクレア、デニス・スアレス

【コメント】
最早、勝ち続けるしかない2位シティ。
首位ユナイテッドに7ポイントも差をつけられてますからね。
残りは18試合ほどあるので、まだまだっちゃーまだまだですが、もうこれ以上差をつけられる訳にはいかない。

一方のガナは、そんなシティにも11ポイントも差をつけられてますんで優勝なんて夢物語。
CL圏内まで4ポイント差なんで、現実的な目標はここやな。

試合は、いきなりのコシールニーの退場でスタート。
ゴール前でジェコを完全に掴んでたので、レッドカードは当然の判定。
ガナイレブンは不満そうでしたけど、言い逃れのしようが無いでしょ。
非常に不味い対応でしたね、あんな引っ張らんでももっとやりようがあったやろうに。

ここで与えたPKは、シュチェンスニィがジェコのキックを止めて事なきを得たんですけどね。
しかしながら数的不利という状況は、残りの80分間に重くのしかかってきましたよ。
いや、正確にはコンパニが退場するまでの65分間か。
まぁその話は追々。

退場者が出た場合に、「数的不利を感じさせない!」という様な戦いぶりを披露し、逆に勝っちゃうチームってのも結構ありますよね。
残念ながら今日のガナはそうとはなりませんでした。
モロに数的不利を感じさせる戦いぶりで、完全に力負け。
元々11人vs11人でもどうなんかな?っていう状態だったんですから、そりゃ1人減ったら無理やわな。
ロクにチャンスも作れないまま、あれよあれよと2失点。
前半だけで試合を決められた、と言っても言い過ぎじゃなかったよね。
点差こそ2点でしたが、大きな開きがあったと思います。
ガナからは全く可能性を感じませんでしたから。

1トップのウォルコットは脅威を与えられず、ポドルスキも存在感皆無。
ウィルシャーが中盤で悪戦苦闘してましたが、サンティの助けを得ても後一歩。
後一歩なんですけどね、ウィルシャーは。
でもその後一歩がトップレベルでは大きい。

こういう試合ではディアビが2人分、3人分頑張らなアカンねんけど、昔の面影は無かった。
君はもっと出来る子やと思っててんけどねー。
期待に応えられないまま、このままキャリアを終えていくんでしょうか・・・。
シティのマイカ・リチャーズにも同様の想いを抱いてんねんけどね、う~ん・・・。

シティは力でねじ伏せる事に成功しましたね。
ミルナーが元気で、1ゴール1アシストですか。
正確にはアシストじゃないかも知れませんが、彼のクロスからゴールが産まれたのは事実。
ゴールも思い切りの良いゴラッソでしたわ。
テベっちゃんのスルーパスも見事でしたが、PK失敗の悪い流れを振り払う豪快弾でした。
サバレタとの呼吸も良かったね。

シティは普通にやったら、4-0ぐらいで勝てたと思うんですよ。
テベっちゃんがGKと1対1になったやつとか、チャンスは他にもあったし。
ですが、不要なファウルで終盤試合をややこしくしちゃいましたね。
別にそこでやらんでもエエのに、っていう細かなファウルが多かった。
余裕があり過ぎて、面倒臭くなったんかな?
でもね、そういう悪い印象がコンパニの1発レッドに繋がったんじゃないかと思うのです。

あのプレーはね、リプレイで観る限りノーファウルですよ。
イエローにも値しない正当なタックルだったと思います。
それが赤紙ですからね。
前半の帳尻?いやいや、あれは完全にファウルやから。
単なるミスジャッジと、シティの悪印象が原因かな。
あとは(ファウルを受けた)ウィルシャーが長期離脱から帰ってきた選手という「可哀想フィルター」?
うーん、いずれにせよ一番の被害者はコンパニやでな。
コンパニは、この試合でも別にファウル多かったわけじゃないし。

数的同数となってから、多少試合は白熱しましたね。
ガナも少しは攻められるようになったから。
ジルーのドフリーヘッドとか、ウォルコットの決定機(レスコットがゴールライン上クリア)とか。
でも迫力不足は否めず。
ラムジーとか入れてもなー、何の起爆剤にもなりませんもんね。
選手の質でも量でも、ちょっとガナとシティじゃ差があり過ぎる感じ。
これが11ポイント差という現実か。
そして今日で14ポイント差。
エミレーツでこの内容ってのも、当然の差やわな。


         

|

« ユナイテッド×リバプール 12-13 プレミア 第22節 | トップページ | スパーズ×ユナイテッド 12-13 プレミア 第23節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アーセナル×シティ 12-13 プレミア 第22節:

« ユナイテッド×リバプール 12-13 プレミア 第22節 | トップページ | スパーズ×ユナイテッド 12-13 プレミア 第23節 »