« アーセナル×シティ 12-13 プレミア 第22節 | トップページ | チェルシー×アーセナル 12-13 プレミア 第23節 »

2013年1月22日 (火)

スパーズ×ユナイテッド 12-13 プレミア 第23節

スパーズ 1-1 ユナイテッド

【得点】
T:デンプシー(90+2分)
U:ファンペルシ(25分)

【メンバー】
トッテナム(4-2-3-1):ロリス、ウォーカー、ドーソン(C)、コーカー、ノートン(64分、アス・エコット)、パーカー(80分、ハドルストーン)、デンベレ、A・レノン、デンプシー、ベイル、デフォー
SUB:フリーデル、フェルトンゲン、シグルズソン、リヴァーモア、タウンゼント

マンチェスター・U(4-2-3-1):デ・ヘア、ラファエウ、R・ファーディナンド、ヴィディッチ(C)、エヴラ、P・ジョーンズ、キャリック、ウェルベック、香川真司(62分、ルーニー)、クレヴァリー(74分、L・バレンシア)、ファン・ペルシー
SUB:リンデゴー、スモーリング、アンデルソン、ギグス、チチャリート

【感想】
首位独走中のユナイテッド。
依然2位シティには7ポイント差をつけております。

一方のスパーズは、CL圏内ギリギリの4位。
3ポイント差で、すぐ後ろにエバートンが迫ってきてますので油断は厳禁。
首位相手に一泡吹かせ、CLストレートインの3位以上を狙いたいところ。

大雪が降る中でキックオフです。
ユナイテッドの布陣は、少々興味深かった。
スタメンの11人を聞いた時に思い描いた布陣と、実際が異なったからね。
ロビンとウェルベックの2トップで、その下に香川、んで中盤は3ボランチだと思ってたんですよ。
ところが蓋を開けてみれば、ロビンが1トップで2列目に右からウェルベック、香川、クレバリーが並びました。
んで、PJとキャリックのダブルボランチね。

案の定、このシステムはあんまり機能しませんでしたね。
2列目が持ち味発揮出来てませんでした。
少し流れが良くなったのは、ウェルベックが左に移り、クレバリーが右に入ってから。
ここから少しリズムが良くなり、先制点も産まれた。
クレバリーのピンポイントクロスをロビンが頭で合わせたんですけど、まぁロビンの決定力の高さ!!ですよ。
いやー、相手からしたら堪らんよね。
いとも簡単に決めるもんな。

この日のユナイテッドは個人技主体の攻めでしたね。
残念ながら香川は攻撃の良いリズムを作り出す事は出来ていませんんでした。
ボールロストやファウルも多かったしね。
ファウルに関しては、審判が大目に見てくれたやつも多くて、むしろラッキーでした。
審判によってはPK献上、ってなってたかもしれんからね。

あとやっぱりルーニーとの差は歴然やな。
残り約30分でルーニー出て来ましたが、途端に良い感じになったもんね。
そりゃぁ世界のトッププレーヤーと比べるのは酷やけれども・・・。

スパーズはね、ロステイムに劇的同点ゴールを決めましたが、むしろ勝つ確率の方が高かったと思う。
ユナイテッドそんなに良くなかったからね。
デフォーやデンプシーが途中でしっかりと決めていれば、あんなに終盤バタバタせんでも良かった。
うん。
デヘアを褒めるべきかもしれんけどね。

まぁ相変わらずレノンとベイルの両サイドアタックは迫力十分で非常に楽しかったよ。
後はパーカーとデンベレに限らずセンターハーフがもうチョット存在感を発揮出来ればなー。
モドリッチと比べると、やっぱり全然やもんね。

         

|

« アーセナル×シティ 12-13 プレミア 第22節 | トップページ | チェルシー×アーセナル 12-13 プレミア 第23節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スパーズ×ユナイテッド 12-13 プレミア 第23節:

« アーセナル×シティ 12-13 プレミア 第22節 | トップページ | チェルシー×アーセナル 12-13 プレミア 第23節 »