« オサスナ×バルサ 12-13 Liga 第2節 | トップページ | バルサ×バレンシア 12-13 Liga 第3節 »

2013年3月30日 (土)

マドリー×バルサ 12-13 スーペルコパ 2nd leg

マドリー 2-1 バルサ

【得点】
M:イグアイン(11分)、ロナウド(19分)
B:メッシ(45+0分、直接FK)

【メンバー】
レアル・マドリード(4-2-3-1):カシージャス(C)、アルベロア、ペペ、セルヒオ・ラモス、マルセロ、ケディラ、シャビ・アロンソ、ディ・マリア(78分、カジェホン)、エジル(82分、モドリッチ)、C・ロナウド、イグアイン(81分、ベンゼマ)
SUB:アダン、R.アルビオル、ナチョ、L.ディアラ
出場停止:コエントラン

バルセロナ(4-3-3):V・バルデス、アドリアーノ(27分、退場)、ピケ、マスケラーノ、ジョルディ・アルバ、ブスケッツ(74分、ソング)、シャビ(C)、イニエスタ、メッシ、A・サンチェス(31分、モントーヤ)、ペドロ(81分、テージョ)
SUB:ピント、バルトラ、セスク、ビジャ
怪我:アウベス、プジョル、アビダル、ムニエサ、チアゴ、クエンカ

【感想】
負けた負けたー。
クラシコに負けたー。
2試合合計4-4、アウェイゴール差で敗戦です。
1st legのバルデスのポカがやっぱりココで響いてきたか、まぁしゃーないけど。
今日はバルデス散々止めてたから、もうそこについてはツッコミませんよ。
何本止めた?
イグアインは後4本は決めとかなアカンかったし、ケディラのやつも止めたし。

つまりね、バルサは7-1ぐらいで負けててもおかしくなかったのですよ。
それぐらいに決定機を提供しまくってた。
ロングボールとカウンターに、アッサリとやられまくり。
いかんぜよ、あんなに簡単にやられてたらいかんぜよ。

2失点も、共にロングボール1本で抜け出されたカタチやったからね。
最初はマスチェラーノが、そして2失点目はピケがそれぞれ処理を誤りました。
簡単にやられ過ぎたのは良くないけど、対抗策も出しにくいはなぁ。
ロングボールやカウンターにビビッてライン下げるのも違うし。
バルサはバルサのやり方で、攻撃中心でやるしかないよ。
こういうやられ方したら仕方無い、と思うしかないよ。
改めてプジョルの偉大さを思い知りはしたけどね。

1時間近く10人で戦ったにしては、良く頑張ったとも言えるかな。
(アドリアーノの退場劇、あれはアドリを責めるのは酷。全員が悪いのですよ)
後半ペドロとアルバがカシージャスとの1対1を迎えましたが、あれを決めてたら劇的な展開になってたやろうし。
あぁモントーヤもあったなぁ、ペドロももう1本あったか。
マドリーのハイプレッシャー&人海戦術な守りを崩して、あれだけチャンス作ったんですから、上等でしょう。
パスも思い通りに回せてたしね。

ソングも上々のデビューやったなぁ。
この展開、このクラシコでいきなり使う!?って思ったけど、スムーズに入れてました。
やはり能力は高い。
昨季のガナで見せたパフォーマンスを継続出来れば、かなりの戦力になるとは思ってたけど、ここまですんなり入れるとは思ってなかった。
あんな緊迫した状況で、平然とパス回されへんで普通。
しかも終盤はピケが前線に上がってたから、1人で最終ラインこなしてた時間帯もあったし。
いきなり新入りにバックライン任せるバルサの大胆さですよ(苦笑)
大敗と言ってもよい試合の中で、これは収穫でした。

あとレオのFKが決まったのも収穫。
結構距離もあったので、全く期待してなかってんけどねww
現状のチームはセットプレーでの引き出しが少ないから、ああいうのが決まっていくと今後楽になるわ。

残念ながらシーズン最初のタイトル獲得とはならず。
ですが次ですよ次。
嫌な事は忘れて、次へ次へ!!
シーズン序盤の段階で色々と課題も出て良かった、とプラスに考えるべ。


    

|

« オサスナ×バルサ 12-13 Liga 第2節 | トップページ | バルサ×バレンシア 12-13 Liga 第3節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マドリー×バルサ 12-13 スーペルコパ 2nd leg:

« オサスナ×バルサ 12-13 Liga 第2節 | トップページ | バルサ×バレンシア 12-13 Liga 第3節 »