« バルサ×マドリー 12-13 Liga 第7節 | トップページ | ラージョ×バルサ 12-13 Liga 第9節 »

2013年3月30日 (土)

デポル×バルサ 12-13 Liga 第8節

デポル 4-5 バルサ

【得点】
D:ピッツィ2(26分PK、47分直接FK)、アレックス.B(37分)、OG=アルバ(79分)
B:アルバ(3分)、テージョ(8分)、メッシ3(18分、43分、77分)

【メンバー】
デポルティボ(4-2-3-1):アランスビア、ラウレ、マルチェナ、ゼ・カストロ、アジョセ、アレックス・ベルガンティニョス、アギラル、ブルーノ・ガマ(62分、ネルソン・オリヴェイラ)、バレロン(C)(61分、カムーニャス)、ピッツィ、リキ(80分、ディオゴ・サロモン)
SUB:ルクス、エバウド、アイタミ、ファン・ドミンゲス

バルセロナ(4-3-3):V・バルデス(C)、モントーヤ、ソング、マスケラーノ(49分、退場)、ジョルディ・アルバ、ブスケッツ、セスク(61分、シャビ)、イニエスタ、メッシ、テージョ(56分、ペドロ)、ビジャ(53分、アドリアーノ)
SUB:ピント、バルトラ、ジョナタン、アレクシス
怪我:アウベス、ピケ、プジョル、アビダル、チアゴ、クエンカ

【感想】
FIFAウィーク明け、そんでもって直後にはCLが控えるという中でのガリシア遠征。
相変わらずタイトなスケジュールですわ。
そんな中でデポルが相手ってのは厳しいよねー。
例えば、「今季からフットボールを見始めました」みたいな人にとっては、デポルなんてセグンダ上がりの単なる1チームにしか過ぎないかもしれません。
下のリーグから上がってきたチームでしょ?楽勝でしょ?みたいなね、そんなイメージかも。
しかしながら私にとってはデポルと言えば「スーペルデポル」であり、リアソールと言えば「難攻不落」と同一語なのです。
彼の地で幾多の名勝負が繰り広げられたわけですから。
バルサは大概デポルとやると、オモシロい試合になりますからね。
昨季までは2部で辛酸を舐めてたとはいえ、ある程度のリスペクトを持って試合に臨まないと痛い目に遭う事でしょう。

という試合前の予想だったんですが、まー期待を裏切ってくれなかった。
素晴らしくオモシロい試合でしたね(笑)
ペップ時代ぐらいからバルサを好きになった人にとっては、こんなグダグダなザルディフェンスなバルサは耐えがたかったかもしれませんが、これが本来のバルサですよww
こういう撃ち合い、取って取られてがバルサなんです。
ペップは隙の無いディフェンスを構築し、まぁあれはあれで悪くなかったんですけど、やっぱこういうバルサも良いよね。

でも前半20分が終わった時点では、こんな終わり方になるなんて想像だにしてなかったよ。
あっさりと3点連取して、もう試合は終わったと思ってましたから。
取り方も完璧、完全に崩してのゴールばかりで、これはもう格の違いがまざまざ過ぎるな、と。
セスクのアシストも完璧(最終的には3アシスト!この日の中盤では一番輝いていたと思う)、アルバの突破も完璧、テージョの切り返しも完璧。
ちょっとデポルは可哀想やな、と。
そんな風に思ってましたよ。

雲行きが怪しくなってきたのは、審判がプレゼントしたPKあたりから。
そもそもファウルか?っていうプレーやったし、ファウルやったとしても完全にエリアの外やん?というプレゼントPK。
状況が状況(ホームチームが3点負けてる)やったから、審判としても甘く取ったんかな、というプレーでした。
普通に競った試合だったら、デポル側のダイブを取る審判もおったと思うよ。

まぁでもこの時点では余裕でしたよ、1点ぐらいくれてやろうという気持ちでしたよ。
ところが、その10分後にCKから2点目が入ると、これはもうリアソールのザワザワが止まらなくなった。
この失点もね、CK与えたプレー自体がお粗末だったし、バルデスのシュート処理も「ミス」と言っても良いものでした。
まぁ集中力という意味では切れてたんでしょうな。
怒られてしかるべきプレーだったし、カピタンがおらんとこんなもんか、という残念な感じもあった。

ただ、いつでも点は取れるよ、とばかりにレオが前半終了間際にゲットゴールし、前半終了時点では2-4というスコア。
大人のチームなら、このスコアを維持しつつ、まったりと後半は進めていった所でしょう。
しかしながらバルサは、そんなチームじゃないのです。
後半開始早々にピッツィにFKを沈められ再び1点差とされてしまうと、その直後にはマスチェラーノが2枚目のイエローを貰い退場に。
後半の殆どの時間を10人で戦うはめになってしまいました。
マスチェラーノの退場に関してはね、これも審判演出と呼べる要素はあった。
たまたま肘が当たってしまっただけで、あれは完全に故意じゃないからね。
あれで黄紙はチョットきつい。
でもマスチェラーノは、無駄なファウルが多いのも、これは私はずーーーーーーと言ってるけど問題やねん。
そもそもの1枚目のイエローが不要やってんから。
3点リードしてる状況で、中盤のエリアでキツく当たりにいって貰ってんけど、あんなファウル要らんかったからね。
ああいうのを無くしていかんとなーー。
繰り返すけど、この苦言はずーーーーーと言うてるよ。
もうリバポ時代から、ずーーーーーと言うてる。
だから多分もう直らんやろうな(苦笑)

さて試合のハナシに戻りますか。
リアソールのサポーターは、同点劇を期待したでしょうね。
追い上げムードでおせおせの中、数的有利になったわけですから。
これはもうイケる!!!と。
彼等はここでミランをデポったりとか、マドリーを粉砕したりとか、ユナイテッドを蹴散らしたりとか、そういう場面を幾多も観て来たサポーター達でしょうから。
あの時代の選手は最早バレロンぐらい(今日も元気やったなー!!)ですけど、それでも夢を見る権利はあるのです。

逆にティトは焦った事でしょう。
ただでさえDFラインは怪我人続出なのに、マスチェラーノまでいなくなりましたからね。
とりあえずブスケを最終ラインに下げて急場を凌ぎ、その後はアドリアーノをクラシコに引き続きCBとして投入する対応を施しました。
ここでもバルトラの出番は無し。
アドリアーノのCBはクラシコでの緊急対応のみかと思っててんけど、今回の起用を観る限り継続的にやっていくんかな?
ティトのカンテラーノを見る目は、ある意味ペップよりも厳しそうやな。
フォンタスをマジョルカへ放出し、バルトラには出番を与えず、ジョナタンも超久々のベンチ入り(そしてやっぱり出番は無し)って状態やもんね。
うーん、下のカテゴリーでも指導し、ある意味全てを知ってる選手達だからこそ、余計に不安なんかな。
厳しさが出てまうんかな。
まぁ彼等としては、そんなティトの信頼を勝ち取っていくしかないからね!!

さて、ここからの時間帯は流石にデポルの時間帯でしたね。
前半開始直後に、為す術無くやられてた姿はもうどこにもなくなっていた。
同点に追いつく可能性は十二分にありましたよ。
うん、もうチョット。ホンマにもうチョットやったよね。

ただそのチョットの差がデカいのが、このスポーツのオモシロい所。
少しの幸運でそのチョットの差が埋まったり、はたまた大差になったりしますから。
そして、そのチョットの所を継続して発揮し続けてるのが、我らがレオ・メッシですわ。
試合を終わらせるゴラッソを77分に決めてしまうんですよ、この男は。
ハットトリックとなったチームの5点目は、ホンマに超絶ゴラッソでしたね。
1人でドリブルし、1人で突破し、1人で決めちゃいましたよ。
(ペドロにパスを出すという選択肢はハナから無さそうやったね。
ペドロもそのへんは理解してるのか、DFを釣る役目に徹してた気すらする。
あー、1点目のミドルの時のビジャもそんな感じやったなぁ。
ビジャ完全にフリーやったけど、出すつもりなんか全く無さそうやったもんね)
DFが何人いようとも、もうそんなの関係ねーですわ。
正にアンビリバブルやったで。
開いた口が塞がらんとは、この事。
こんな選手をね、リアルタイムで見続けていられる幸せを改めて実感しましたわ。
化け物やで、化け物。
FKも日々うまなってるしなー。
この日もポスト直撃弾を披露ですよ。
代表でも足下抜くやつ決めてたし、もうイカサマFK(笑)に頼らずとも、普通に決められるわ。


で・す・が、まだまだ終わらないリアソール劇場。
もうね、あんなゴラッソ決まったら完全に終わったと思うじゃないですか、こっちは。
なのにね、なんでその直後にまた1点差になっちゃうの(苦笑)
なんであんな華麗なループシュートを、自分のゴールに向けて放っちゃうのアルバ君はwww
先制点となった、スルーパス受けて完璧なファーストタッチで前に出てGKも冷静に攻略したゴールも美しかった。
でもそれ以上に美しい軌道を描いてたね、このオウンゴールは・・・。

これで「まだイケる」モードになったデポルの攻勢を試合終了まで受け続けたバルサ。
最後はなんとかかんとかの勝利となりましたよ。
何度も余裕の展開にもっていける状況はありましたけどね。
ジョナタンやバルトラをテストし、チャビやペドロはしっかりと休ませてあげられる状況は作れそうでしたけどね。
まぁそんな贅沢は言っちゃダメですわな。
こんな極上のエンターテイメントな試合を見せて貰った後で言ったらダメですわな。

優勝をしっかりと狙うんであれば、こういうグダグダな試合はやっちゃダメなんでしょうけど、個人的には好きです。
個人的には満足度の高い試合となりましたよ。

P.S.
マルチェナについて言及するの忘れてた。
トロい、あまりにもトロい(苦笑)
メッシのスピードに追いつくのはね、俊足が自慢のDFでも中々難しいですよ。
それは理解してます。
でもね、あまりに置いてかれ過ぎやろww
俊敏さが無さ過ぎやで。
若い時からあんなに遅かったっけ??
トシによるものなんか??
うーん、ちょっと劣化が酷かったなぁ。


       


|

« バルサ×マドリー 12-13 Liga 第7節 | トップページ | ラージョ×バルサ 12-13 Liga 第9節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デポル×バルサ 12-13 Liga 第8節:

« バルサ×マドリー 12-13 Liga 第7節 | トップページ | ラージョ×バルサ 12-13 Liga 第9節 »