« 広島×柏 2013 ゼロックススーパーカップ | トップページ | バルサ×オサスナ 12-13 Liga 第21節 »

2013年4月 1日 (月)

インテル×ユーベ 12-13 セリエA 第30節

インテル 1-2 ユーベ

【得点】
I:パラシオ(54分)
J:クアッリャレッラ(3分)、マトリ(60分)

【メンバー】
インテル(3-4-1-2):ハンダノヴィッチ、ラノッキア(67分、カンビアッソ(90+5分、退場))、サムエル、キヴ、サネッティ(C)、ガルガノ(81分、ロッキ)、コヴァチッチ、A・ペレイラ、アルバレス(HT、グアリン)、パラシオ、カッサーノ
SUB:ベレック、カリーソ、シルベストレ、スケロット、クズマノビッチ、ベナッシ、パーザ、ジョナタン、長友

ユヴェントス(3-3-2-2):ブッフォン(C)、バルツァッリ、ボヌッチ、キエッリーニ、パドイン、ピルロ、アサモアー(64分、ペルーゾ)、ビダル、マルキジオ、クアッリャレッラ(83分、ジョヴィンコ)、マトリ(75分、ポグバ)
SUB:ストラーリ、ルビーニョ、デチェリエ、アネルカ、ジャッケリーニ、リヒトシュタイナー、マローネ

【感想】
イタリアデルビーです。
2位ナポリに9ポイント差をつけて首位を快走するユーベと、CL圏内まで7ポイント差と苦しい状況が続く5位ユーベ。
両者のチーム状態は極端ですが、そこはデルビー。
試合前の状況なんて関係なくなるのがデルビー、と思ってたんですけどアッサリとユーベが先制。
クアッリャレッラに、ドッカーーンと決められてしまいましたよ。
ハハハww

これで目が覚めたインテル、という状況にもならずホームなのに押されまくるインテル。
勝ち点差そのまま、って内容で前半終了。
なんだろね、ユーベに感じられる余裕がインテルには全然無いのよね。
ピルロに、やりたい放題やらせてましたよ。
ピルロは自由自在にゲームメイクしとったもんなー。
誰が潰す役目やったの?ガルガノなの?リッキーなの??
リッキーは終始存在感無しで、前半で交代も納得。

後半が始まり、インテルが同点に追いつき、少しはネラッズーロに流れもいきかけてた。
得点シーンはカッサーノの発想も良かったし、パラシオのファーストタッチも絶妙やったからね。
しかしながら、ユーベに直ぐ様返されてジ・エンド。
このへんが力の差、っていうかね。
ユーベは、取りたくなったら直ぐ取れますよーって感じやったもんな。
マトリ、そしてクアッリャレッラの決定力の高さは段違いやわ。
インテルは4バックに変えて攻勢に出たけど、全く歯が立たなかった。
ロッキは、まるで存在感無し。
ってか、なんでロッキを獲得したのか未だに意味不明。
いるの?ロッキいるの??
相変わらずインテルの補強戦略は意味不明だわ。

終了間際、ホンマのラストプレーでクチュが悪質タックルしちゃう後味の悪さもインテルならでは、か。
こんなんが伝統になってたらアカンねんけどな。
あれは弁解のしようもないやろ、クチュ。

ユーベはスクデットに向けて、また1歩前進。
前回のデルビーの借りも返したしね。


                    

|

« 広島×柏 2013 ゼロックススーパーカップ | トップページ | バルサ×オサスナ 12-13 Liga 第21節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インテル×ユーベ 12-13 セリエA 第30節:

« 広島×柏 2013 ゼロックススーパーカップ | トップページ | バルサ×オサスナ 12-13 Liga 第21節 »