« バルサ×ラーヨ 12-13 Liga 第28節 | トップページ | バルサ×マジョルカ 12-13 Liga 第30節 »

2013年4月 1日 (月)

セルタ×バルサ 12-13 Liga 第29節

#29
セルタ 2-2 バルサ

【得点】
C:ナチョ・インサ(38分)、オウビーニャ(88分)
B:テージョ(43分)、メッシ(73分)

【メンバー】
セルタ・デ・ビゴ(4-2-3-1):ハビ・バラス、ジョニー、カブラル、デミドフ、ロベルト・ラゴ、オウビーニャ(C)、ナチョ・インサ(80分、マディンダ)、アウグスト・フェルナンデス、プラニッチ(69分、デ・ルーカス)、オレジャナ、朴主永(61分、マリオ・ベルメホ)
SUB:ルベン、ベルビス、ジョナサン・ビリャ、アントニオ・ロドリゲス

バルセロナ(4-3-3):ピント、ダニエウ・アウヴェス、バルトラ、ピケ、モントーヤ、ソング、ティアゴ・アルカンタラ(65分、イニエスタ)、セスク(84分、ブスケッツ)、メッシ(C)、A・サンチェス(69分、ビジャ)、テージョ
SUB:オイエル、アビダル、マスチェラーノ、デウロフェウ
出場停止:バルデス
怪我:プジョル、アルバ、アドリアーノ、チャビ、ペドロ

【感想】
FIFAウィルスと、PSGとのCLに挟まれた1戦。
なので、負けなかっただけ良しとしましょう。
うん、リーガはまだまだ勝ち点差あるしね。
って、こういう余裕がよくないのは分かってるけど、しゃーないやん。

それにしても毎度毎度FIFAはやってくれます。
今回もアルバ、チャビ、ペドロの3選手が負傷を抱えて帰還。
ホンマ、迷惑以外の何者でもないよね。
この影響でアビダルが約1年ぶりにベンチ入りするというビッグニュースが生まれたのですが、それでもFIFAに感謝するわけにはいかない。
アビはアビで自分で頑張って勝ち取った結果やから。

PSG戦を見据えて主力を多少休ませましたが、まぁ例によって試合はバルサペースだったかと。
先制点こそ奪われましたが、全体的には悪くない出来でした。
すぐに取り返したし、逆転出来たしね。
終了間際に追いつかれてしまった、ってのは非常にイメージ悪いけど、これも良い薬だと考えなければいけません。
ハッキリ言って、この日の試合にミラン戦のような情熱は無かった。
その後のラージョ戦と比べても、「覇気」という点で劣っていた。
なので、こういう試合に簡単に勝ててたら、ある意味ダメなんですよ。
もっと真剣にやらんとね。

2得点の立役者は、いずれもテージョ。
一芸に秀でているものの強みというか、確固たる武器がある選手の良さが出ましたね。
ピッチを彷徨い、最後まで存在感がなかったアレクシスとは大違いでした。
「スピード」という武器を存分に使い、1点目は自ら、2点目はメッシへ。
勿論止められてる場面もありましたけど、デランテーロってのは89分間止められても1分で仕事すれば良いですからね。
うん、この試合はテージョがMOMやな。
2点の場面以外にも好機演出は殆どテージョ絡みやったし。

先発のチャンスをモノにしたテージョと違って、バルトラとチアゴはしょっぱい出来でした。
バルトラはなー、やっぱまだまだやな。
朴主永なんぞに競り負けてんじゃねーぞ!!って感じやったから。
1失点目なんて完全に崩されたしね。
まぁ失点に関しては、バルトラだけの責任じゃないけど。

チアゴも中盤でリズムを作る事に失敗。
うーむ・・・。


        

|

« バルサ×ラーヨ 12-13 Liga 第28節 | トップページ | バルサ×マジョルカ 12-13 Liga 第30節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セルタ×バルサ 12-13 Liga 第29節:

« バルサ×ラーヨ 12-13 Liga 第28節 | トップページ | バルサ×マジョルカ 12-13 Liga 第30節 »